バイト先の閉店の前触れ・兆行を店長の行動から見破る!

店員Kです!

皆様のバイト先の閉店を突然告げられたら
皆様はどうしますか?

やはり、貴重な収入源が無くなってしまうでしょうし、
いきなり”閉店”を告げられても途方に暮れてしまいますよね。

まぁ、最低でも1か月前には教えてくれると思うのですが
実際にはもっと早く”閉店”の情報を店長が知っていることも多いのです。

アルバイト側としてはなるべく早く知りたいことですよね…。

そこで、今回はバイト先が「閉店」しそうな兆候・前触れについて
書いていきます!

なるべく早めに閉店を見破ることができれば、
あなたも早めに次の手を打つことができますからね…。

スポンサーリンク

バイト先が閉店!

バイト先が閉店…そうなってしまったらアルバイトの皆様はおそらく
閉店と同時に退職、ということになると思います。

私が店長をやっていたお店が閉店した際も、その際に在籍していた
アルバイトスタッフさんは、全員退職になりました。
残念ながらこれが現実です。

ですが、退職になるのであれば早めに知りたいところですよね?
解雇の予告を30日前までにしなければいけないルールがあるので、
最低でも1か月前には教えてもらえると思いますが、
やはり早く知りたい!というのも事実だと思います。

店長は知ってるの?

先に知っている可能性は十分にあります。
私の場合は私が知らされたのも1か月前ギリギリだったので、
そのあとすぐに伝えましたが、私の店舗よりも先に閉店となった
店舗の店長は少し余裕を持って伝えられたため、
モチベーションをさげないため、という理由でしばらく隠していたようです。

確かにモチベーション云々はあるかもしれませんが、
それでも早く教えてほしいですよね。

ちなみに、店長が教えるのを嫌がる理由としては、
・単純に言い出せずに伝えていない
・バイトさんのモチベーションが低下し、仕事への支障を恐れている。
・バイトさんが閉店日前に辞めてしまうことを恐れている。

などなどがあります。

ただ、やはり早く教えてくれ!というのがバイト側の心情でしょう。
私も早く知りたいです!

閉店の兆行…

バイト先の閉店が決定しているのに店長が隠している場合、
必ずどこか、行動に現れます。
もしもそれらを見つけて怪しい!と思ったら店長に直接聞いてみるのも
1つの手段です。

では、店長の行動やお店の様子から閉店の兆行を見破る方法を
書いていきましょう。

これから書くことに当てはまればはまるほど、閉店が決定
している可能性は高くなっていきます。

①店長の元気がない

店長がいつもよりどことなく元気のない雰囲気。
まぁ、もちろんこれは別の理由の可能性も高いですが、
閉店が決まれば店長は突然色々と考えることも増えて
落ち込むと思います。

これから自分はどうなるのか、だとか、新しい店舗は
どんな感じなのか、だとか自分の将来面の不安ですね。

これは店長によっては、かなり分かりやすく表面に出てくると
思います。

ただ、上でも書いた通り、他の理由で元気がない!ってことも
当然考えられますから「元気がない」だけでは閉店確定!とは
なりませんけれど…

②店長の仕事に対する取組み

今まではプラスアルファの仕事をしていた店長が仕事をしなくなった、だとか、
どことなく店長のやる気が無くなっている気がする…などなど。
これは、怪しいです。

”もうこのお店に未来はない”
そう感じるとやはり手も緩まるものです。
どことなくやる気が無くなってしまうのです。

私もそうでしたー。
どんなに頑張ったとしても、もうそのお店が生き残ることは
できないのですから…

そういう思いが仕事に出てくることはあります。

③店長の外出が多くなった

今までに比べて、営業時間中に店長の外出が多くなったり
していませんか?
これは閉店のための業務(銀行の解約や業者とのやり取り)や
本部との相談、そして閉店後の自分のためのあれこれをしている可能性があります。

閉店決定後、私も何かと店の営業中に外出することが多くなったので、
店長の外出がやたらと多くなっている場合は、既に閉店が確定している
可能性もあります。
なんらかの用事が無ければ、普通、外には出ませんからね…!

④先の話をすると有耶無耶にする

閉店が確定している、ということは”先”がもう無いと言う事です。
例えば、数ヵ月後のシフトの話をしたりだとか、
そういう先の話をされても、もうその”先”がありません。

隠そうとしている店長の場合、そのことを伝えることもできませんから
返事がどうしても有耶無耶になりがち。

2ヶ月後とか、3ヵ月後から〇〇で〇曜日に入れなくなります、
みたいな話をした際に返事がいまいちはっきりしなかったり、
ごまかすようなそぶりを見せる場合は、怪しいところです

⑤店の動向など…

店で突然、商品の安売りを始めたり
(閉店前には在庫削減のため、セールをする場合が多いです)
また、店で今まで必ずといっていいほど入荷していたような商品を
突然入荷しなくなったり…
そういう傾向が現れ始めたら、これも危険信号です。

特に、商品が品切れたのに入荷しなくなったり
〇〇セール(閉店セールじゃなくても別の適当な名前で)と、
いつも以上に凄い金額の値引きを始めたりした場合は
閉店の可能性が高いです。

⑥やたらと本部社員が来る

お店にやたらと本部の社員がやってくるようになった場合、
もしくは本部社員からやたらと電話がかかってくるようになった場合。
これに関してもなんらかの重要な話を「本部」と「店長」の間で
している、ということになります。

私の場合も閉店確定後には本部社員がよく来てましたし、
私の前の代の店長の異動確定前後も、やはり本部社員が来ていました。

お店に何かが起きる前には、必ず本部社員の影あり!(笑)

と、覚えておきましょう。

⑦店長が優しくなった

心なしか、不自然に今までよりも店長が優しくなった場合…。
それは、気のせいではないかもしれません。
例えば、今までアルバイトさんに厳しくあたっていた店長も、
”閉店”が確定すれば、
もうそのアルバイトさんたちとはお別れになるわけですから、
厳しく指導する必要もなくなるわけです。

閉店が決まると、なんとなく、今までお世話になりました、的な気分になるので、
店長として、接し方が少し優しくなる、ということは、
私はあると思います。

特に、厳しかった店長が急に優しくなった!という場合は不気味です。
最後ぐらい優しくしよう、、、そんなことかもしれませんから…。

⑧長期保証など…

お店でお客様向けの長期保証サービスなどがある場合、、
これは分りやすいです。
お店の閉店が決まった場合、バイトさんに隠したとしても、
流石にこういうのを獲得してしまうわけにはいきませんから、
何だかんだ理由をつけて、獲得しないように言ってくるはずです。

また、新商品の予約などに関しても予約停止をするように指示が
あった場合、閉店が確定している可能性は否めません。
私の店舗でも、閉店確定直後に新作の予約は停止しましたし、
閉店が確定している以上、閉店日以降の新作の予約を
とることはお店としてできません。

なので、これらの兆候が現れた場合、閉店確定の可能性は
”かなり”高いです。

まとめ

お店の閉店。1ヶ月前までには伝えてもらえるはずですが
それより前に伝えるかどうかは、各バイト先の店長、
そして会社の方針によります。
できるだけ早く知りたいところだとは思いますが、
ギリギリまで隠すお店もあるでしょう。

ですが、必ず上のような兆候が現れてくるはずです。
どんなに隠そうとしても、全てを隠し切ることは無理です。

「怪しいな」と感じたら店長が答えてくれるかは
分かりませんがそれとなく遠まわしに聞いてみるのは
良いかもしれません^^


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする