テスト前だけど全然勉強してないや!の本当の意味とは?

テスト前だけど
全然勉強していない…

そんな会話が学校では
あるのではないでしょうか。

しかし、この言葉には色々な意味があります。

本当に勉強していない人、
実は勉強している人…
実際のところは、様々です。

相手が「勉強していないよ」と言っていても
それを鵜呑みにしてしまわないように
注意しましょう。

実際はどうしているの?

「テスト前なのに全然勉強していないや…」と
言っている人にも色々なパターンが居ます。

とりあえずそう言っておく、ということは
よくあることなので、
そっくりそのまま
「あ~〇〇も勉強してないのか~じゃあ余裕だな」
みたいな考えになってしまわないように
注意することが大切です。

本当に勉強していないのかどうか。
裏側をご紹介していきます

本当に勉強してない

もちろん「勉強してないや」が言葉のままな人も
いるでしょう。
みんながみんな、テスト前に勉強しているわけでは
ありませんからね。

ただ、上でも書いた通り、
本当は勉強している人も
「勉強していないや」と言う言葉を
口にする可能性はあります。

そのため、相手がテスト勉強をしているのか
していないのか、言葉だけで判断することは
とても難しい、ということもまた事実になるのです。

特殊な例として
「勉強しなくてもテストで点を取れる人」もいます。
なので”勉強してないや”と口にしていても
その人にとってはそもそも勉強しなくても
テストで点を取ることができる、ということです。
勉強しないでも、テストでいい点数が取れる人は
本当にいますから、勉強していない=テストの点が悪い
と決めつけてしまうことは、できません。

本当は勉強している

勉強していない、と口にしていても本当は
勉強している可能性もあります。
では、どのような理由で勉強しているのに
勉強していないフリをするのでしょうか。
それには、色々な理由が考えられるのです。

・自慢ととられたくない
「勉強してる」と言うと、自慢しているように
相手に聞こえてしまうのではないか?という考えから
勉強していないことにしておく人もいます。
勉強していない、ということにしておけば
とりあえずは笑い話で済むことが多いですからね

・保険をかけている
「勉強している!」と言ってもしも点数が
低かった場合、なんとなく勉強したのにその点数?と
恥ずかしい気持ちになることもあります
逆に「勉強してない」と言っておけば、点数が
低くても、「勉強してなかったからな~」で済ませられますし、
点数が髙くても「あれ?以外といけた!」で済ませられますから
一種の保険的な意味で「勉強してない」という人もいます

・油断させる
勉強している、と言えば相手も危機感を抱くかもしれません。
そうなれば相手も勉強を頑張る可能性は0ではないでしょう。
中にはライバルを減らしたいと考えている人もいます。
そういった人を油断させるためにも
とりあえず「勉強してないよ~」と言っておく。
という人も存在します。

・自分の中では大した勉強ではない
「勉強した」と堂々と宣言できる
勉強時間…。これは人によって異なります。
例えば、1日30分勉強すれば「勉強したぞ!」と
堂々と言い放てる人もいれば
「30分なんて勉強しているうちに入らない!」と
いう考えの人もいるでしょう。
実際は勉強していても、本にとっては
「勉強しているうちに入らない」認識の場合、
”勉強していない”という発言に繋がる
可能性は十分にあります。

・なんとなく面倒くさい
勉強している、と知られるのが
何となく面倒臭い…
そう感じる人もいます。
そんな人にとって、一番手っ取り早い答えは
「勉強していない」になるでしょう。

こんな感じでしょうか。
「本当は勉強している」けれども
勉強していない、と答える理由はたくさんあります。
周囲がどのように言っていたとしても
本当はどうなのか、ということを
知ることはできません。

週に惑わされないように

大事なことは、周囲に惑わされないようにする、
ということですね。
周囲が勉強していようと、していなかろうと、
自分自身が、テスト勉強しなくちゃな、と
思うのであれば勉強した方が良いでしょう。

逆に、特に必要性を感じないのであれば
無理して勉強する必要もありません。
成績はどうあれ、それが自分の選んだ道ですからね。

ただ、テスト前に勉強している、勉強していないを
周囲から聞いても、それは、
あまり意味のない行為です。
上でも書いた通り、正直に答える人も
いるとは思いますが、いろいろな理由は
「本当は勉強したけど、してないふりをしている」という
人は実際にいます。

相手が本当のことを言っているのか。
それとも嘘を言っているのか。
それを知ることは、本人しか出来ないことです。

そのため、あまり周囲に惑わされるようなことは
避け、勉強するなら勉強する、
勉強しないなら、しない。
と、いうことで良いかと思いますし
最終手的にどうすれば良いのかを決めるのは
自分自身です。

まとめ

学生時代のテスト前の
「勉強していないや…」の言葉には
惑わされないようにしましょう。
相手が本当に勉強していないとは限りません。

上でも書いた色々な理由から、
実際には勉強している!などということも
充分に考えられることです。

また、相手が勉強していようと、
勉強していなかろうと、大事なことは
自分自身がどうするか、ということです。
相手がどうこうではなく、
自分がどうするべきなのかどうか。
そこのところをしっかり考えて
行動していくことが、ベストであると思います。

※学校関連の話題は
学校関連まとめにまとめてありますので、
そちらも参考にしてみてください!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする