店長生命のおわり!店長で居られなくなる行為や出来事とは?

店長

店員Kです!

店長にとって
「おわり」になってしまう出来事。

これは、いくつか存在します。

自営業の場合は別ですが
雇われ店長の場合、店長の立場というものは
決して会社内部では高いものではなく、
場合によってはいとも簡単に降格されてしまったり
異動になってしまったりします。

では、どんな出来事が「店長のおわり」を招いてしまうのか。

実際の店長経験を元に、まとめていきたいと思います。

店長のおわりを招く行為

店長のおわりを招いてしまう行為や出来事は
色々と存在します。
これから、具体的に書いていきますので
現役店長の皆様はそうならないように注意して下さい!
店長としての自分のおわりが近づいてしまいます。

逆に、店長がどうしようもない店長で不満を
抱いている社員さんやアルバイトさんにとっても
参考になるかもしれません。
これから紹介していくことが積み重なれば
店長としての立場を失う可能性はどんどん上がって行きますから…。

まぁ、用途は人それぞれなので、それは
置いておいて
”店長として終わってしまう”出来事などをご紹介していきます。

①売上の低下

雇われ店長にとって、求められる結果は「売上」そして、
その先にある「利益」です。
そのため、売上が下がり、利益も下がれば、
店長としての存在価値は無くなります。

実際に、私も雇われ店長をやっていましたが、
成績の悪い店舗の店長は、本社の専務から
「お前の存在価値はない」とまで言われていたり
「お前、やる気あるのか?いや、ないだろ」だとか
高圧的な暴言を次々と受けていました。

もちろん、売上だけではダメです。
売上だけあっても利益が無くては、
会社から、売り方に問題がある、工夫が足りないとして
叱責されることになります。

そして、売上不振などが続けば、最終的には
「店長の異動(交代)」や「店舗の閉店」となります。
会社側も慈善事業じゃありませんから、いつまでも
売れない店舗を野放しにしておくことは少ないです。

実際に異動になったうえで副店長に降格になった
店長も知っていますし、
売上不振で閉店となり、別部署に飛ばされた店長も
知っています。

このように、結果を出せないと、
店長としては”おわり”を迎えることになるのです。

②違反行為

何らかの違反行為をすれば、
店長としての自分、つまり”店長生命”を失うことになります。
違反と言っても、いくつかあって、
法律的に問題のある行為「違法行為」もそうですし、
会社の規則を破るなどの「就業違反」もそうですし、
労働基準法などの違反もそうです。

労働基準法に関しては、小規模な違反をしているところは
たくさんありますし、店長の力でどうこうできることじゃ
ない場合もあります。
会社の方針で有給休暇が形式上だけのもので取得できないように
なっていたりすることもありますからね…。

しかしながら、それも明るみに出れば店長としては
当然、おしまいです。違反は違反であり、
会社主導であったとしても、会社は店長の独断として
店長を切り捨てるでしょう。
(違反を隠すのは、そもそもNGです)

最初に書いた犯罪行為であればほぼ確実にクビ(懲戒解雇など)に
なると思いますし、
会社の規約違反に関しても、やはりペナルティになるでしょう。

私が実際に見た例としては、
お店のお金を着服していた店長が居たのですが、
当然のことながら、解雇となりました
(私は別店舗の人間だったので、この店長が逮捕されたかなど、
細かい部分までは知りませんが、とにかく解雇されています)

③クレーム

クレームの一つや二つで店長がクビになったり、異動に
なったりすることはありませんが、
クレームが積み重なったり、
重大なクレームが入ったりすれば、当然のことながら、
本社としても対処することになります。

クレームだらけの店長をそのままお店の店長に
しておくことは、やはりリスクがありますし、
店長の異動などを会社として行う可能性があります。

また、基本的にクレーム1個でどうこうということは
まずありませんが、大きなクレームを引き起こしてしまった場合は
1発アウトで責任を取ることになる場合もあります。

とにかく、クレームも積み重なれば
店長としての”おわり”を招きよせる要素なのは間違いありません

④スタッフさんに関すること

アルバイトスタッフさんがらみで、
店長生命を絶たれる可能性もあります。
1つは、店長が常日頃から横暴な態度をとっている場合。
例えば仮に、アルバイトスタッフさん全員が、店長への不満を抱き、
一斉に退職してしまったのだとしたら…?
もちろん、急なばっくれになるわけですから、一応の問題は
あるのですが、ばっくれたアルバイトスタッフを会社側が
訴えることはまずありません。
デメリットの方が多いからです。

しかしながら、アルバイトスタッフを雇っている規模の
お店の店長であれば、一人でお店を回す、ということは
非常に困難なのも、また事実です。
そのため、もしもアルバイトスタッフさんが一斉に退職して
しまった場合、店長は会社を頼ることになると思いますが、
アルバイトスタッフさんが一斉退職すれば、
ほぼ間違えなくその原因は店長にあると判断されます。
店長の評価は大幅に下がるでしょうし、
場合によっては異動・降格処分も十分にあり得る話です。

⑤病気など

病気などで、長期出勤できなくなってしまった場合に
関しては、店長という役職ではいられなくなる
可能性もあります。
私の勤務していたブラック企業では、過労で倒れてしまった店長
(これは病気ではありませんが)は、
因果関係は不明ですが、そのあとに、店長ではなく一社員として
別の店舗に異動になっています。

少なくとも、病気などで出勤が出来ない!となれば
それが長期である場合、別の店長をそのお店に
着任させる必要が出てくることもあります。
場合によっては病気が治った際には、店長としての
ポジションが無くなっている、なんてことも実際に
ありますし、何らかの原因による長期の離脱は、
店長自身の健康面などにも考慮するという理由で
店長から外される可能性は充分にあります。

ただ、過労などで倒れた場合、あまり無理するのも
良くないですから、不当な扱いでなければ
店長から外れるのは、やむを得ないかとは思います
命あってこそ、ですからね…。

⑥出世して…

店長が、本社などに実績を認められるなどして、
さらに出世すれば、店長としては”おわり”です。
基本的に店長より上の役職になった場合、
もう店長ではありませんしお店に居ることも少なくなります。
私の働いていた企業でも、店長から上のランクに上がり、
お店の仕事からは離れた人がたくさんいます。

そのため、もしもずっと店長で居たいと願うのであれば
出世することはできない、ということです。
お店に関わることができたとしても、複数のお店を
回ったりだとか、店長とはかけ離れた仕事になりますから、
店長が出世する=店長生命のおわり、
ということは覚えておかなくてはいけません。

まぁ、だからと言って手を抜いて、ずっと店長で居よう、とか
そういうことは、問題だと思いますけどね…。

まとめ

店長生命の終わり…
それは、色々なことが原因で訪れます。
店長を実際にやってみて思うことは
”一生店長で居ることは難しい”ということですね。

店長には満足な休日が与えられない場合もありますし、
売上不振になれば、店長としては居られなくなる可能性もありますし
逆に出世すれば、店長としていられなくなる可能性もあります。
色々な可能性で、店長としての人生は終わりを迎えることになるのです。

あくまでも一時的なポジションで、
ずっと店長で居る!というのは難しいように、私は思いますね。