ワールドカップの決勝進出について個人的な意見…!

店員Kです!

ワールドカップのグループの試合が終わりましたね。
日本はフェアプレイポイントと呼ばれるポイントの差で
決勝トーナメントに進出が決まりました。

しかしながら、最終試合において
”時間稼ぎ”を目的とした行動が見られたため
賛否両論になっています。

今回は、この事について、冷静に考えて
個人的な考えを書いていきます!

あくまでも個人的な考えなので、
その点はご了承ください!

スポンサーリンク

最終試合の出来事

最終戦において、同時刻に行われていた試合の状況から、
そのままこれ以上失点せず、別試合の試合経過にも
変化が無ければ、
もしもそのまま試合に負けても、フェアプレイポイントと呼ばれる
ポイントの差で日本が決勝トーナメント進出することが
決定していました。

そのため、試合の終盤には、その状態を維持するために
チーム同士でパスを繰り返し、時間稼ぎを行い、
結果的に試合はそのまま終了、負けにはなりましたが
決勝トーナメントへの進出が決定しました。

…と、この辺りのいきさつはニュースサイトや
ニュースを見た方が早いかと思うので簡単に済ませます。

それではこの件に関して個人的な感想などを書いていきたいと
思います

賛否両論あるのは仕方がない

終盤の勝負を捨てて、時間稼ぎをした点について、
賛否両論になっています。
試合中にはブーイングもあったようですね。

これは、仕方のないことだと思います。
勝負の世界ですから、戦術的に決勝トーナメントに
進める判断をした、というのは分かりますし、
どこかで「野球の敬遠みたいなもの」と書かれていましたが
確かにそう言われてみると納得もできるような気がします。

そして、見苦しいだとか、戦ってほしかった、だとか
そういう否定的な意見の方も気持ちは分かります。
確かにその試合だけ見ると、見苦しく見えるでしょうし、
現地に”その試合”を楽しみに見に行った人からすれば、
不満を感じるのも確かでしょう。

人によって考えはそれぞれですし、賛否両論巻き起こるのは
仕方のないことだと思います。

ルール上は問題なし

ただし、ルール上は問題ない、ということは理解
しておかなければならないと思います。
ルールの範囲内なら、何をやっても良いのか!と思う気持ちも
分かりますが、ルールがそうである以上、
仕方のないことかもしれませんし、
不満を抱くのであればルールそのものに不満を
抱く必要があるのだと思います。

誹謗中傷は度を超えている…?

不満を抱く気持ちは自由だと思います。
不満を呟くのも。
ですが、中には誹謗中傷していたり、汚い言葉で
罵ったりしている人も見かけます。

これは、さすがにやりすぎだと思います。
ルールは守っていたわけですし、
誹謗中傷のような言葉を投げかけたり、
激しく批判するのは、度を超した攻撃であると
私は思います。

最近は、ネットで匿名の発言がしやすい環境ですから、
ニュースサイトのコメント欄などでも、
激しい暴言や誹謗中傷などを見かけました。
確かに不満を抱く気持ちも分かりますが
いきなりその物言いはどうか?と思ってしまいます。

過激な発言は、冷静になった方が良いかと思います

結局結果次第?

人とは、そういう生き物だと思います。
結局は結果次第。
日本代表が、このあと仮に優勝すれば、恐らく
この試合は英断として讃えられるでしょうし、
逆に1回戦で負ければ恥を晒した!だとかそういうことを
言う人も居るでしょう。

結局は結果次第なのだと思います。
ある選手へのバッシングのような風潮も、活躍した途端に
手のひら返しが起こりましたし、
人とはそういう生き物なのだと思います。結局は、結果次第で
世の中の声は変わってしまうのです。

どちらにせよ…

攻めて買っていた場合は別ですが、
今回は、勝つのをあきらめて時間を稼ぎ、結果的に
決勝トーナメントに進出しました。
で、賛否両論となり、批判の声も上がっています。

が、もしも攻めていて負けていたら・・・。
恐らくは攻めたこと批判する人が出てくるのでしょう。
監督失格!みたいな人も居るハズです。

全然立場は違いますが、私は接客業をやっていました。
今の時代って本当に些細なことでクレームがつく時代で、
びっくりするほどです。

私個人としては、どのような采配をしても
何らかの批判にさらされる監督という立場は
辛いものだな・・・と思います。

他の国から…

他の参加国から批判されたりしているのは
仕方のないことだと思います。
日本国内では賛成的な意見も多いですが、
それは自国だからだと思いますし、
逆にこれで決勝トーナメント進出を逃す側の立場だったら
やはり何か言いたくなる気持ちは分かります。
やっぱり、悔しい気持ちはあると思いますからね。

国ごとによって反応が違ったりするのは
仕方のないことだと思います。

まとめ

色々と賛否両論ありますが、
ルールに則っている以上は、激しい誹謗中傷をしたりするのは
間違えなのではないかな、と思います。
ただ、不満を抱く人がいるのは理解できます。

”個の試合”としては、悲しい結末だと思いますし、
真剣勝負が見たかった、という人も居るかと思いますから…。

とは言え、現時点のチームの状態では、
昨日の結果が限界だったということでしょうし、
采配としては一つの選択肢だったのだと思います。
綺麗…ではありませんが、それもルールですからね…
バッシングも仕方ありませんが、それも1つの勝負なのだと思います。

私としては否定も肯定もしませんが、
荒い口調でのバッシングや、誹謗中傷、
そういう行動は違うのではないかな、と思います。
そういう気持ちも分かりますが、冷静になりしょう!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Cassiopeia より:

    ずいぶん前、高校野球でも敬遠をしまくったことでその作戦をやった高校が「高校野球らしくない」と大バッシング喰らったのと構図が似ている気がします。
    ルールとして認められたことをやっているにもかかわらず、それは~だからダメ!というわけわからん熱血ルールを出してくるってのはどうなんでしょうね。勝つためにルールを逸脱するというのはだめですが、ルールの中でやりくりしながらやって勝つというのも勝つためには必要なことだと思いますがね。

    • 店員K より:

      コメントありがとうございます!
      私も、批判するのはどうなのか、と思います。
      文中にも書いたことになってしまいますが、
      どう感じるのも自由ですが、やたらときつい言葉で選手や監督を
      バッシングするのは、間違えなのではないかな、と個人的には思っています。

      今回の場合、攻めに行って負けたら負けたで批判されそうですし、
      監督や選手の皆様も辛い立場だと思います。