郵便局の法人向け集荷廃止!集荷の現実と勘違いに注意!

ニュース

店員Kです!

郵便局による、法人向けの集荷サービスを6月末をめどに
廃止する、というニュースが流れています。

私も、店舗時代にネット販売の商品を送る際など、
集荷を利用していました。

今回は、その経験を元に集荷の現実の一部と、
今回の報道は誤解を招きやすい書き方が一部されているので
その注意を書いていきたいと思います

法人向け集荷サービス廃止

郵便局による、法人向けの集荷サービスが廃止されることが
発表されました。
6月末をめどに廃止となるようですが
郵便局によって、その対応は異なり、それよりも早く廃止されるケースなども
あるようです。

理由としては人員不足と多忙が理由になるみたいですね。
この件について、注意点と、集荷をお願いしていた立場の実体験を
紹介していきます。

誤解を招く報道?

「郵便局、法人向けの集荷を廃止」などという見出しが
一部で出ていますが、これは誤解を招きかねない見出しです。
廃止されるのは”はがきや封書などの郵便物”であり、
ゆうパックなど、小包の集荷は継続されるとのことです。
郵便局によって対応は異なるかもしれませんが、
全体的な方針として
”全ての集荷”を廃止するというわけではありません。

このあたり、非常に誤解を招きやすい見出しだけが踊っているので
注意した方が良いです。
上の見出しだと、全ての集荷が廃止されるように捉える人も出てくるでしょう。

実際には…

私も、店舗でオークションなどのネット販売物を発送していましたが、
定形外郵便などのみの集荷は、私の地域では、既に昨年末ごろに廃止
されていました。
郵便局側から、電話で直接言われており、
ゆうパックがある場合は、集荷可能なものの、
ゆうパックが無く、手紙、封書、などの小さい郵便物だけの場合は
既に去年の時点から集荷を断られていました。

法人として、集荷をお願いしていた方は、すでに同様に対応
されていたところも多いのではないでしょうか。
何も、今に始まったことではありません。

割に合わない集荷

私も、店舗で集荷をお願いしている際に、
毎日のように1、2個だったりだとか、多くても10個程度だとか
そういう集荷するのに割に合わない量の郵便物を発送していたことも
多くありました。

グループ系列の他の店舗も似たような数だったので、
確かに集荷する側に立って考えてみれば割に合わないでしょう。
集荷をお願いしている法人・お店の多くが数点、数十点程度の発送で
1日に100だとか、そのぐらい送っていた法人は少ないのでは
ないかと思います。

集荷締切時間が徐々に早まっていた

私の地域では、郵便局側からのお願いで、集荷は希望する日だけ
電話で連絡する形式になっていました。

しかしながら、徐々に集荷締切時間が早まって来ていて、
郵便局側が忙しすぎて対応しきれないのが、こちらにも
伝わってきました。

最初は18時でした。
が、そのあと17時までになり、またその1年後ぐらいには
15時までに電話して欲しいとお願いされ、
最後にはお昼頃までに連絡してほしい、と、どんどん早まって
いたものです。
それだけ、郵便局側が忙しく、対応できなかった、ということの
現れだったのだと思います。

文句は言うべきではない

集荷を利用していた立場からすると、困ってしまう気持ちも分かります。
発送する荷物がゆうパックばかりとは限りませんからね。
ですが、無料のサービスに対して文句を言うのは、
図々しいです。
集荷が有料サービスだったのであれば、変更などに対して
異を唱えるのもありでしょう。

ですが、集荷サービスは無料だったのですから
廃止に対して怒りをぶつけたり、文句を言ったりするのは、
利用者側の驕りでしょう。
私は利用者側の人間ですが、文句を言おうとは思いません。

無料のサービスに対し、感謝の気持ちを忘れている人が多い気がします。
無料サービスなんて本来やらなくても良いのですし、
郵便局だって慈善事業じゃないのですから
向こうが廃止と言っているのであればそれを受け入れるしかありません。

無料なのですからやってくれてるだけありがたいと思うべきでは
ないでしょうか。
少なくとも私はそう思います。

どうしても困るのであれば、文句を言うのではなく、
穏便に相談するようにしましょう。
少なくとも、怒ったり、そういうことをする人は
”お客様”になっており、マナーが良いとは言えません。

対応は郵便局による

集荷の終了時期や、今後の対応などは
各郵便局によって異なるようです。
全体で6月末と言っていても、もっと早い可能性もありますし、
もしかしたら特別に、という可能性も無くはないです。

自分がお世話になっている郵便局の担当者の方と
ちゃんと相談して今後の対応を決めていきましょう。

間違っても、文句は言わないようにしてください。
集荷は”サービス”なのですから、
無料サービスに多くを求めるのは図々しいと言うモノです。

まとめ

窓口の混雑だとか、色々な課題もあるかとは思いますが、
法人向け集荷(はがきや封書など)の廃止は仕方のないことでしょう。
郵便局からすればわりに合わないでしょうし、
慈善事業ではない以上、仕方のないことです。

終了してから混乱したのでは遅いですから、廃止される前に
(場所によってはもう廃止されてますが)
郵便局と相談したり、別の対応を考えたり、
しっかりと今後の対応を考えておくようにしましょう。