バイトを酷使する会社や上司は一度、バイトの立場を経験するべき。

アルバイト

店員Kです!

会社や、上司にあたる人物の中には、
アルバイトスタッフさんを人とも思わず、
酷使するような人たちが居ます。

実際に、アルバイトスタッフさんを使い捨てのような
発言をしたり、アルバイトスタッフさんに対して横暴な態度を
とってきた会社上層部の人間や、店長などを目の当たりに
してきました。

こういう人たちは、どうしてもこのような態度・行動を
とってしまうのでしょうか。
アルバイトスタッフさんを人ではなく、機械とでも思ってしまっているの
ではないでしょうか。

今回はこういう人たちに対して、思うところを書いていきたいと思います。

バイトは機械ではない!

まず、アルバイトスタッフは機械ではなく人間。
このことをしっかりと理解する必要があります。
店長も、上司にあたる店長以外の人間も、
会社の上層部だとか、取締役の人間も、
会社のトップの人間も、です。

アルバイトは機械などではなく、人間なのです。
時には上の想い通りにならないこともあるでしょう。
ですが、相手が人間である以上、
例え社長であっても、アルバイトスタッフさんに対して
最低限の礼儀を持つべきであると思いますし、
それが出来ない、ということは考え物であると、私は思います。

バイトに酷い仕打ちをするものたち…!

会社にはこういう人たちが実際に居ます。
心無い言葉を吐きかけたり、まるでゴミのように
アルバイトスタッフを扱ったり…。
信じられない、という人も居るかもしれませんが
私はそういう場を目の当たりにしてきました。

「バイトなんていくらでも使い捨てにできる」
そういう発言を実際に聞いたこともありますし、
「お前が社員だったらクビだ」と本人に対して
言ったり(冗談のつもりだったかもしれませんが、アウトな発言です)
バイトに対して横暴な態度をしていたり…
それはもう、酷い現場では本当に酷いのです。

こういう人たちは一体何を考えているのか。

バイトの立場を知らない?

こういう人たちの中には”アルバイトの立場を知らない”人も多いです。
アルバイトとしての辛さを知らないからこそ、
アルバイトスタッフをぞんざいに扱うことができる、
そういうことですね。

私の経験上から言うと、
かつてはアルバイトだった店長や上層部の人間の方が
まだ、アルバイトのことを分かっていますし、
アルバイトを人間として見ている人の割合が多いように感じます。

それはやはり”自分自身がアルバイト”として働いた経験が
あるからなのでしょう。

しかし、アルバイトの経験が無い人はどうでしょう。
最初からエリートコースだったり、
苦労もせずに上層部に上がった人だったり、
苦労はしているけど、アルバイトはしたことが無い人だったり…。
こういう経験の無い人は
”アルバイトの人の心を思いやることが出来ない”

そういう人も実際に多いです。
知らないわけですから、そうなってしまっても無理は
ないのかもしれません。

私は店長経験者ですが、店長になる前に、
アルバイトとして、酷い気分屋の店長のもとで数年間
働いていたので、反面教師として学ぶものがたくさんありました。
なので、店長になった後でも、言うべきことやまとめるべきところは
まとめましたが、
アルバイトスタッフさんのことを人間として見る大切さは
雇われ店長退任のときまで、しっかりと忘れることなく、
過ごせたと思っています。

やはり、経験が無いと、
”そっち側”の気持ちが分からないと
アルバイトスタッフに対しても、ぞんざいな扱いをしてしまう、
という一面はあるのかもしれません。

経験アリの人でも初心を忘れる人も居る

しかしながら、ザンネンなことに、自分もアルバイトから
のし上がって行った人間なのに、
初心を忘れてしまって、アルバイトスタッフを酷使する人も
居るのが事実です。

私のアルバイト時代の店長の一人も、アルバイト出身
だったのにも関わらず、
八つ当たりや、好き嫌いで態度を変えたり、
それが原因でばっくれが続出したりと、
本当にアルバイト側の立場を理解しているの?と思うような
行動が目立つ人物でした。

また、別店舗で、アルバイトから店長に出世して、
”自分が偉い”と勘違いしてしまったのか、横暴な態度が
目立つようになり、結局、失脚のような感じになってしまった人も居ました。

アルバイト時代の自分の経験を忘れずに…どころか、
上に上がることができたことで、有頂天になってしまって…
ということでしょうか。

もちろん、アルバイト時代と、店長(もしくは上層部)時代で
全く同じ心持で居ろ、というわけではありません。
上にあがったら、上にあがったで、別の苦労も出てきますし、
全くアルバイト時代と同じ、というわけにはいきませんし、
むしろ変わる部分もたくさん出てきます。

ですが、それでも、アルバイト時代の気持ちも
忘れてはいけません。
自分だって、上から何か嫌な事を言われた経験や、
どうしてこんな態度をとるのか?と思った経験はあるはずです。

その時の気持ちを忘れてはなりません。
上に立つものとしての、仕事はきっちりとしなければいけませんし、
叱るべきところ、まとめるべきところに関してはしっかりと
やっていかなくてはなりません。
それは当然ですが、それでも、自分がアルバイトを経験しているからこそ
分かるものというのは絶対にあるかと思います。

それを忘れて、アルバイトを人とも思わぬような使い方をするのは
良くない行為であると、私は思いますし、
アルバイト時代、何を学んできたの?と、そう思ってしまいます。

バイトに酷い仕打ちをしたり、きつい要求をする人は…

会社の上層部には、バイトに酷い仕打ちをしたり、
きつい要求をするような人が、存在するのは事実です。
上層部の人間は、アルバイトの気持ちに立って、物事を考えることが
できないのかもしれません。

勿論、言うべきことは言わなくてはなりませんし、
多少の冷たい思考が必要だということも分かります。

ですが、明らかに度を超している人が多いのも事実。

そういう人は、
一度、人の立場に立って物事を考えてみるべきです。

1日だけでもアルバイトとして働いてみたり、
そういう風に自分で実体験する。
そうすることで、見えてくるものもあると思いますし、
自分がいかに、アルバイトを適当に扱っているか、
学ぶことができると思います。

バイトを酷使したり、必要以上の責任を負わせたり、
そんざいに扱ったり。
そういう人には、まず、自分がアルバイトとして働いてみろと、
そう言いたいものです。

私の雇われ店長時代に、アルバイトをやたらと見縊るような
発言をする社員が居ました。
アルバイトの経験は無かったようです。
現場を見にくることもせず、ただ一方的にアルバイトを蔑み、
まるで何も仕事をしていないかのように言い放つ。

現場も知らず、バイトの立場も知らず。
正直それでは説得力が全くありません。

上に立つものとして言うべきことをしっかり言うのと、
パワハラという名の圧力は、全くの別物です。

バイトの気持ちを理解できない上層部の人間は、
一度バイトの気持ちを知るべき。
つまり、現場でアルバイトをするべきだと、そう思うのです。

まとめ

指示するべきところは指示する必要もありますし、
指摘するべきところ、心を鬼にするべきところ、
そういうものが上の立場にはある、というのは当然なのですが、
それを超えてしまって、単なるバイトイジメになってしまっている
上層部の人間も本当にいるのです。

そういう人間は知るべきです。
自分がどれだけ酷いことをしているか、
自分がされる側の立場になって。

そういうことをする人は”知る”ことをしなければ
改善されることもないでしょうから…。

コメント

  1. Cassiopeia より:

    うちのバイト先でもひどい扱いが横行してました。人が足りないという部分はまだわかるにしても、来ない人を無理くりでも来させるために、体当たりという名のパワハラ or 脅迫(本人たち曰く口説いているとのこと…汗)や、みんなが休むために働けば休める人が出てくると言い、バイトに警備にならないかという声かけをさせたりしていますが、効果についてはお察しください状態が続いています。短時間でも時間を見つけて来たにもかかわらず、はっきり言って心証悪いんだとか言い放った人もいましたし。
    就活が始まり遠くからずっと見ていますが、就活終わったとしてもこの職場に戻りたいとは思いませんね。面倒でも次のバイト先を探したほうが絶対にましかなと思っています。

    という考えになるというのを、果たして気付いているんですかね。人が足りないからこそ、協力してもらわないといけないのに、協力者に鞭打ってどうするんですかね。今働いている人たちもどう思っているんだか心配です。

    • 店員K より:

      自分がそうされたらどう思うのかを
      考えられない人も多いですよね…

      良いバイト先も本当にあるのですが、
      実際に入ってみるまで分からないので、
      難しいところです・・・!
      (良さそうに見えても実際はそうじゃなかった!
       なんてところもありますし…)

      • Cassiopeia より:

        かつて社員から言われた中で、一番衝撃だったセンテンスが「俺は20連勤したんだよ。周りだってもっと働いているんだ。お前も会社のことを優先してスケジュールを組め!」ですね。自由シフト制のバイトで外部にもそうやって謳っているにも関わらず、この社員はそれを見たことないのかなって思いました。それよりも何の自慢だか全然わかりませんでした(汗
        休む≒遊んでいると勘違いしている社員には何を話しても無駄だし、ここまで毒されていると退職したあとに、とんでもない害悪な老人になってないといいなと思うしかないですね。

        就活でも和気あいあい、アットホームなど聞こえのいい言葉はかなり聞こえてきますが、あくまで総じてと考えています。個別の職場環境なんか分かりやしませんし、ましてこんな場で「うちの職場は毎日誰かがぶちギレて、全然休めないポンコツ職場ですw」なんて言わないですからね。(言ってたらある意味脱帽ものですが…)

        • 店員K より:

          採用前にマイナスなことを言う職場なんて
          ほとんどありませんからね…

          私は店長時代に本部社員から
          「12月と1月に休みを入れるなんてありえない。 
           俺のときは2ヶ月働いた」なんて言われました(笑)

          そういうのって、自慢することじゃなくて、
          “自分はスケジュール管理できていなかった”って
          恥をさらしていることだと思うのですが、
          そういう風に言う方にとっては、違うのでしょうね…。

          • Cassiopeia より:

            他にも深夜勤務を無理やり頼むときにも、「俺は3時に寝て6時に起きるってのを35にもなってやっているんだからな」と言われました。
            無理をしてでも長時間や深夜労働=会社に貢献している=美徳の等式がおそらく成り立っていると思うので、バイト=短時間でかつ自分の都合しか考えない=自分勝手の極みになっているはずです。考えていることも違い、かつ自分が正しいと思っている以上、分かち合うのは無理でしょうね。
            こういうことをしているからか、人手不足は一向に解消される見込みがありません。会社も人を集めようと必死こいているみたいですが、その前にこの人たちの態度を根本から改めない限り、入ってきたとしても定着しないでしょう。新しい人もそうだけど、今いる人を…って思っています。

          • 店員K より:

            確かに、そういう考えの人とわかり合うことは出来ません…。
            私も、そういう人とよく話をしたものですが、
            最後まで考えが変わることはありませんでした。

            人手不足は…現場のトップや、中心となっている人の
            考えが悪いと本当に解消されません。
            私もバイト時代の最初の店長のときは、ばっくれが多発してしまって、
            店長の考えもとんでもない考えだったので、常に人員不足でした。

            その後、店長が変わってからぱったりとばっくれが出なくなったので
            「店長一人でこんなに変わるのか…」と驚いたものです(汗)