謝罪して発言を撤回?一度発言した事実を消すことはできない。

店員Kです!

よく使われる言葉「謝罪して撤回します」だとか
「発言を撤回します」だとか…
聞いたことはありませんか?

軽々しくこの言葉を使っている人も
お偉いさんなどでは多く見かけますが、
これは本気で謝罪する気のない、人を小馬鹿にした
対応だと私は思います。

そもそも一度発言した事実は
消すことはできません。
無かったことにはできないのです。

今回はこの言葉の意味の無さについて語ります。

謝罪は出来ても発言の消すことは出来ない

一度「発言したこと」は事実として永久に残ります。
発言したことを”撤回”しても、取り消すことは出来ないのです。
出来るのは”謝罪”と”釈明”それだけです。
無かったことにすることはできませんし、
取り消すこともできないのです。

意図はどうあれ、一度は発言したことなのですから。

それを軽々しく「発言を撤回する」を繰り返している人は
どうかしてしまっているのではないかと不安になります。
一度発した言葉には責任を持つべきです。

謝罪はできても、本当の意味での撤回は出来ないのです。

発言は残りつづける…

こういうセリフをよく見かけるのは記者会見などでしょうか。
「先日の発言は不適切だった。謝罪して撤回したい」みたいな
話ですね。

ですが、取り消しはできません。
人間心理から言えば、最初に言った言葉がその人の本心です。
例え、表現が悪かったとしても、外部から何か言われる前に
言った言葉こそが、その人の本心であるのは事実でしょう。

もちろん、周囲から「あの発言は」と言われて、それに関して
反省して、考えを変える、というのは良い事だと思います。
人間、謝ることは大事なことですからね…。

しかしながら”撤回”は違うと思います。
意図はどうあれ、一度発言したわけですからね。
現実世界は”リセット”などできないのです。

”あの時はこう思っていたけれど、
今は考えを変えた”というのならばまだ分かります。
その上で発言を訂正したい、と。

心を入れ替えたにせよ、本当は反省しているにせよ
最初に発言した事実は消せませんし、消えません。
このことはしっかりと覚えておくべきでしょう。

撤回すれば良いと思っている人

特に、お偉いさんは繰り返しこの言葉を使う人も多いですよね。
「撤回してお詫びする」。

何回撤回しているのだか。
軽々しくこの撤回、という言葉を使う人は、
自分の行動に責任を持てない人です。
つまり社会的にも個人的にも信用できない人、
ということですね。

何度も何度も繰り返し撤回する人は、
プライベートでも、公人でも信用しない方が良いでしょう。
所詮、その程度の人だと言うことですからね。

あまり軽々しく発言撤回を繰り返している人は
一度、自分の言動についてしっかりと見直すことをおすすめします。
何度も何度も撤回を繰り返していれば
人として、信用されなくなりますから。

言葉には責任を持って

人間、誤解を招くことも多いですから、意図が違う風に
伝わってしまう場合もあるでしょう。
それは生きていれば誰でも経験することです。

ですが、自分の発する言葉には責任を持つべきです。
特に、テレビなどに出たりする人はなおさら。
もちろん、個人個人の人間もそうですが、公に向けて言葉を
発する人は特に注意しなくてはいけません。

”自分の言葉に責任を持つ”
これが出来ていれば
軽々しく撤回などという醜態にはつながらないのではないでしょうか。

もしも自分の発言が問題になってしまった場合でも、
真摯にそれに向き合い、しっかりと謝るべきです。
撤回ではなく、謝罪。
そこが大事なポイントであり、もしも間違って伝わったのであれば
自分本来の意図をちゃんと自分の言葉で説明しましょう。

撤回するなら最初から言うな

自分の発した言葉を撤回するのであれば
最初から言わないことです。
世の中には外に向かって言っていいことと、悪い事があります。
そのため、多くの人は発言に慎重になっています。
軽々しく撤回を繰り返す人にはこの”慎重さ”が明らかに足りません。

撤回したところで、1度発言した言葉は
場合によっては人を傷つけるのです。
世間的に、影響力が強ければ強い人であるほど、
自分の発言には気を付けるべきです。

撤回することになるような言葉は初めから言うな。
この一言に尽きます。

簡単にリセットできると思っている?

例えば、自分の発した言葉が誰かを傷つけたり、
嫌な思いをさせた場合、それを本当の意味で消すことは
もうできません。
傷ついた人は、傷ついたままです。

よく、若者はゲーム感覚、みたいなことを言う人も居ますが
発言を簡単に撤回する、方たちこそ、ゲーム感覚であると思います。
リセットボタンを押せば発言は消えると思っている。

そうじゃありません。

若者よりもよっぽど、簡単に発言を撤回する人たちの方が
よっぽど恐ろしいと思います。
極端な話、何か問題を起こしても撤回できると思ってるかも
しれませんからね…。

まとめ

発言を撤回…
軽々しく使う言葉ではありません。

よく、ニュースなどでも見かける言葉ですが
この言葉を聞くたびに失笑状態です。

顔によく出ている人が多いですよね。
”本当は自分は悪いと思っていない”
”撤回と言って、早くこの問題を終わらせたい”
こういう人は、いつまでも撤回人生のままでしょう。

公人であるならば、特に自分の発言には責任を持つべきです。
簡単に言葉は撤回して良いものではありませんし
撤回すれば解決だと思っている人は、かなり問題アリでしょう。

撤回などという言葉は、使わなくても済むように
日頃の行動に注意するべきです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする