人類滅亡の原因を予想してみる…。人類が助かる道は…?

店員Kです!

人類滅亡…
穏やかじゃないお話ですよね…。

しかし、笑っている場合じゃありません。

「そんなことないだろう」と思うかも知れませんが、
ふとした拍子に人類が滅亡してしまうことだって
あるかもしれません。。。

大昔に反映した恐竜だって滅んだのですから、
人類が滅亡する可能性だって0ではないのです。

今回の記事では、人類が滅亡してしまいそうな原因と
その対策を考えていきましょう。。

スポンサーリンク

人類は…

人類は地球上では栄えていますが、宇宙から見れば、
恐らく何の関係もない「塵」みたいな存在だと思います。
人類が滅亡したところで、恐らく地球は困らないでしょうし、
宇宙も困らないでしょう…
残念ながらそれが真実です。

私が自営業に失敗して廃業しても誰も困らないのと
同じことですね!(笑)

ですが、人間は数も相当増えましたし、
そう簡単に滅びる事はないでしょう…。

が、それも”絶対”ではないのです。

考えうる原因を見ていきましょう…

人類が滅ぶとしたら…

人類が滅ぶとしたら…
考えられる原因はいくつかあります。

まぁ、私はその手の話のプロ(?)ではなく、
ただの宇宙関係(?)とかの話が好きなだけなので
あくまで素人の意見としてご覧ください!

人類が滅んでしまう。
物騒な話ですが、下記のようなことが起きれば
ありえない話ではありません

①人為的な滅亡

今のところ、ザンネンながら一番可能性が高いのが、
この①の人為的な滅亡。

つまり、どういう意味かというと、
それは…国と国の争いによる滅亡ですね…

人間同士の争いがきっかけとなり、
地球が生物の住めない環境になってしまう可能性は十分にあります。

一番危険なのがやはり、核でしょうね。

どこかの国がこれを使い始めてしまって、
それに応戦し、取り返しのつかない状況になってしまう、、
ということは十分に考えられます。

今のところは抑止力として保有している国がある、
というだけではありますが、
いつの日か、歯止めが利かなくなり、結果的に大幅に地球の
環境を変えてしまう可能性は0ではありません。

流石に人類全滅、とまではいかないかもしれませんが、
地球の環境が激変すれば、人類がそれに適応できずに
全滅してしまう可能性も否定はできません。

②温暖化などによる環境変化で滅亡

地球の温暖化などにより、地球の環境に変化が生じる場合。

人類が適応できないレベルに変化してしまった場合、
人間は簡単に全滅してしまうと思います。

今のところ、人類は「地球」でしか生活できません。
しかし、その地球に何かがあれば、人類は逃げ場も
ありませんから、それでおしまいです…。

地球は大切にしなくてはいけませんね。

遠い未来、地球から出て、他の惑星に移住することが
できるようになるかもしれませんが、
まだまだ早くても数百年以上はかかるかもしれませんし、
もしかしたら永遠に移住なんてできないかもしれません。

地球の環境が変化しただけで、人間は簡単に全滅してしまう。。
残念ですが、それが現実です。
逃げ場なんて宇宙のどこにもないのですから…。

③宇宙的な要因による滅亡

これもあり得ない話ではないです。
しかも、ある日突然起きる可能性も。

大きな隕石が地球に衝突したら…
それだけでオシマイです。

そして、大きな隕石が地球に飛来してきている場合でも、
現在の技術ではそれを破壊することができない可能性が高く、
隕石が地球に衝突しないことを祈ることしかできません。

また、隕石だけでなく、
宇宙は謎だらけです。
人類に分かっていない要素の方が多いでしょう。

変な話、突然宇宙が収縮されて消えてしまったって不思議じゃありませんし、
そういう宇宙的な要素が原因となって、人類が一瞬にして消滅
してしまう可能性もありますね…。
恐ろしいことです…。

宇宙が収縮を初めたりでもしたら、
もう何にもできないですからね…。。。
(科学的にはあり得ないことのようですが、
 宇宙は何が起きるか分かりません)

④数十億年後に滅亡(時間切れ)

太陽系は、太陽がその寿命を終えて、膨張した太陽に飲み込まれて、
数十億年後には消滅してしまいます。

つまり、その時に地球も消滅してしまう運命にあります。

その時まで人類が生き残っている可能性はザンネンながら
私は少ないと思うのですが、
もしも生き残っていた場合、地球から、いえ、太陽系から
脱出しない限り、人類は滅亡してしまうでしょう。

いかに地球内で逃げようとも、
膨張してきた太陽によって地球の環境は激減しますし、
もしも巨大な施設を作ってその中に環境を維持できるような
システムを作ったとしても、
太陽に飲み込まれてしまえばお話になりません。

なので、この時点までに、人類が地球以外の惑星へと
移住できていなかった場合、滅亡は避けられないでしょうね…

人類が生き残るには?

人類が生き残る方法は…、1つです
「太陽系の外に人類が住むことのできる惑星を見つける」

なんか、、、急にスケールの大きなお話になりましたが、
太陽系が滅亡してしまう以上、
それまでに外の惑星に逃げ道を見つけない限り、
人類は滅んでしまいます。

もちろん、それよりも前に国家同士の争いが原因になったり、
そういう理由で滅んでしまう可能性も十分にあります。

まぁ、いずれに理由にせよ、
地球の外に脱出することこそが、人類が生き延びる道ですね。

色々な惑星に移住することが出来れば
変な話「惑星1つがダメになっても」人類が全滅することは
ありません。

ただ、太陽系の外に出て、
住む惑星を見つける…というのは相当に難しい話です。

まず、今の時点で人類は太陽系の外にすら出たことはありませんし、
人間が到着したのも月だけです。

まだまだお話になりません

宇宙が生き延びる鍵…

ともかく、生き残るには宇宙が鍵ですね…
人間が宇宙を移動する手段を得ない限り、生き残ることはできません。

将来的に太陽系の外に
”地球と同じような環境”の惑星を発見して、
そこに移住しない限り、長い目で見れば、
人類は滅んでしまいます。

ですが、前に別の宇宙の記事でも書きましたが
これむ難しいですよね・・・。

まぁ、地球と似たような環境の星は、これだけ広い宇宙なのですから
どこかにはあると思います。

しかしながら、仮に発見できたとして
①どうやってそこまで移動するのか
②その惑星に既に存在する(かもしれない)原住生物とのやりとり
③誰が移住するか、その際に揉めないか
③移住したとして健康被害は大丈夫なのか

などなど、問題が山積しています。

①は太陽系の外に出るとなれば本当にSF映画のような
ワープが必要になるでしょうし、

②も、かなりの問題です。人間が住めるような惑星であれば
既に別の生き物がいると考えるのが普通です。

そして③もかなりの問題。
誰が移動するかで国家間の争いがおきかねません。

④も問題ですよね…。
地球と似たような環境、というだけで地球と全く同じ星は
ないでしょうから、何か起きる可能性も0ではりません。

と、考えるとやっぱり人間は地球から出ることができず、
地球と運命を共にするように、
なっているのかな…
などと難しいことを考えてしまいます。。

まとめ

人類の滅亡・・・
これを回避するのはかなり難しそうです。
太陽系から脱出する方法を見つけない限り、
数十億年で人類は終わってしまいますからね…

まぁ、太陽を延命するようなとんでもない技術が
できれば地球から出る必要もないかもしれませんが・・・。

・・・と言っても、地球が滅んでしまうときには
人類が既に居ないような気がするのは私だけでしょうか。

店員Kは人類がどうなっていくか知ることはできませんが、
まぁ…できるだけ長く生き残って欲しいところではあります^^


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする