パスワードの安全な管理方法は?パスワードの管理に注意!

ネット

店員Kです!

皆様は色々なものに設定したパスワードをどのように
覚えていますか?

本当は自分で全てのパスワードを覚えることが出来たほうが
良いことは間違えないのですが、なかなかそれは難しい!
という人も多いでしょう。

じゃあ同じパスワードにすればいいんじゃ?
という人も居ると思いますが
パスワードの使い回しは非常に危険なのです。

では、どうすれば良いのか。
今回はパスワード保存において、安全な方法と
よくある方法をご紹介していきます!

パスワードを控えておく…

パスワードを自分で暗記しておけるのが一番ですが、
流石に使い回しをしている場合を除いて、それは難しいと思いますし、
全部のパスワードを仮に覚えられたとしても、
なんらかの拍子に忘れてしまったりだとか、そういうこともあるでしょう。

万が一、何も控えていなかった場合、
パスワードを忘れてしまった場合は大変な
ことになります。

なので、パスワードは控えておくことになると思います。
人間の記憶力って曖昧なものですし、
パスワードが増えれば増えるほど、パスワードを覚えるのが大変に
なってしまいます。

ですが、控えると言っても、どこに控えれば良いのか、
なかなか難しいところだと思います。
どこに控えれば、良いか、そして控えてはいけないポイントを
ご紹介していきます。

パソコンやスマホへの記録はNG

パソコンやスマートフォンへ直接記録しておく…
確かに、忘れてしまった場合、すぐに確認しやすいと
思いますが、これはあまりやってはいけないことです。

パソコンやスマートフォンのデータは流出する
可能性があります。
もしも誰かに覗かれてしまった場合、
パソコンやスマートフォン内にデータを記録していた場合、
すべてのパスワードが流出してしまうことになってしまうのです。

それは避けなくてはなりません。

ウイルス対策ソフトなどを入れた場合でも100パーセント
安心はできません。
もしかするといつの間にかデータを盗み出されていた、なんて
可能性もあります。
他人が、あなたのパソコンやスマートフォンを直接
覗く可能性もありますし、何らかの方法で外部から覗かれる
可能性などなど、パソコンやスマートフォンには多くの危険性が
あるのです。

パスワード管理ソフトは使わない

世の中には便利なパスワード管理ソフトも存在します。
有料のものもあれば、無料のものもあり、その種類は
多岐にわたります。

が、パスワード管理ソフトというものには
危険も潜んでいます。
どんな危険か?

まず、ネット上を介して保存する管理ソフトは、
いつ流出してもおかしくないですし、運営が抜き出している
可能性も0とはいえません。

また、ネットに接続していないタイプのパスワード管理
ソフトだったとしても、
そのソフト内に悪質なプログラムが含まれている可能性が
全く無いとは言えないのです。

つまりは、”100パーセント安全”な
パスワード管理ソフトなんてないのです。
顧客の情報管理という名目で、パスワードを抜き出すプログラムが
あるかもしれませんし、
パスワードを削除して、完全に削除されているかどうかも、
確認することはできません。

パスワード管理ソフトやサービスの内部までの全ての構造を
把握することは、第3者からではできません。

便利ではありますが、
パスワードは100パーセント、自らの手で管理するほうが
安全だと思いますよ!

すぐ分かる場所には置かない

パスワードをパソコンの真横に貼り付けしておいたりだとか
そういうことはやめましょう。
何故なら、例えばパソコンのモニターの真横に
パスワードが書かれたメモ用紙があれば
「あ、このパソコンで使うパスワードなんだな」というのが
分かってしまいます。

自分にとっても分かりやすいですが、他人から見ても
分かりやすいのです。なので、注意しましょう。

安全なパスワード管理方法は?

やはり、パスワード管理で一番安全なのは
メモ用紙やノート、手帳などに記録しておくことでしょう。

そして、その控えた用紙は”誰にも分からない見えにくい場所”に
隠しておくようにしましょう。

無くしてしまったりだとか、メモを隠している場所を
忘れてしまったりだとか、そういったことがあると
本末転倒ですから、それだけは気をつけるようにしてください。

アナログでのメモ。
これなら直接そのメモを手に取られない限り、
覗かれることはありません。
パスワード管理ソフトや、パソコンやスマホなどとは違い、
遠隔で覗かれる心配も絶対にないのです。

それでも心配であれば、
素直にパスワードを書かず、自分なりの
暗号化(逆さに書くだとか、最初に何かを付け足すだとか)
をしておくようにしましょう。
自分がその法則を忘れてしまったら話になりませんが、
覚えておけば、もしも万が一、誰かにメモを直接
見られるようなことがあっても、
そのままではパスワードを悪用されることはありません。

記録を行う場合は、これが一番安全な方法ではないかと思います。

まとめ

パスワードの管理…
色々と難しいところですよね。
どこかにメモをする以上、危険性を限りなく0にすることはできても、
完全な0にすることは出来ません。

一番、安全なのは、メモをせず、頭の中に刻んでおくことですが、
最初にも書いたとおり、流石にそれは難しいと思いますから、
自分なりの方法で、パスワードをできるだけ安全な方法で
管理するようにしましょう!