信用できるアマゾンレビューと信用できないレビューの見分け方

今や多くの方が利用している
「Amazon」。

そんなアマゾンさんには、
それぞれの商品にレビューのページがあり、
購入者や利用者の感想が書かれています。

こういったレビューを参考にして
購入の判断をする人もいるでしょう。

ですが、このレビューは、誰でも気軽に書くことが
できるものになっているので、
誹謗中傷のための書き込みや、
実際には利用したことがないのに
レビューをしているような人がいるのも事実です。

そんなレビューに騙されためには
どうすれば良いのか。
信頼できるレビューと信頼できないレビューは
どのようにして見分けたら良いのか。

その点についてのお話をしていきます。

信頼できるレビューを見分けるために…

アマゾンレビューには有益な情報もあれば、
嘘のレビューも存在しています。
どんなに綺麗事を言っても、
これが事実です。

では、信頼できるレビューを見分けるためには
どうすれば良いのでしょうか。

そのためには
”信頼できないレビュー”がどのようなものかを知り、
それを見ない・気にしないようにしていくことです。
私は仕事柄、アマゾンのレビューを
かなり見ていますが、
(以前、中古買取販売店の店長をしていたため、
買取相場の判断をするために、商品の評判を
早い段階で知る必要がありました)
冷静に見ていれば、「偽物」のレビューは
見分けがつくのです。

「怪しいもの」は参考にしないようにすると
残るレビューはかなり限られては来るのですが、
そのぐらい、しっかりと判断することが
アマゾンに限らず、ネット上のレビューを
参考にする上で大事なことになって来るのです。

では、”信用できないレビュー”、
”信用するに値しないレビュー”とは
どのようなものなのか、
それを見て行きましょう。

極端に短い内容

これは、全く参考になりません
「面白かった」「つまらなかった」に等しいレベルの
短文のレビューは、購入マークがついていたとしても、
参考にするに値しないレビューです。

本当に「面白い」と感じって「面白かった」と
書いている人のレビューであったとしても
具体的な内容が何も書かれていない場合、
自分が買うか、買わないかの参考に
するのは難しいでしょう。

極端に短い内容のレビューに関しては
あぁ、個人の感想だな、ぐらいに考えて
スルーしてしまうのが良いでしょう。

購入マークのついていないレビュー

アマゾンの場合、
アマゾンで購入した人がレビューを書くと
「Amazonで購入」というマークが
レビューのところにつきます。

レビューの内容が信用できるかどうかは別としても、
そのマークを商品を購入せずにつけることはできない
はずですから、
マークがついている、ということは
少なくとも、その人はレビューをしているその商品を
購入して、お金を払っている、ということになります。
本当のことを書くか、嘘を書くかどうかは
別としても、”買っている”ということは
間違いないわけです。

逆に、購入マークのないレビューが
全てうそを書いているのか?と言われればそうではありませんが
(アマゾン以外のお店で購入した人がレビューを書くことも
当然、できますからね)
レビューが多く入っている場合、わざわざ
購入マークのついていないレビュワーのレビューを
読む必要はないかと思います。

レビューを読む際には、
”疑わしきは無視する”ということが大事になります。
購入マークがついていないレビューしか
ないのであれば仕方がないですが
レビューがたくさん入っている場合に関しては
購入マーク付きのレビューを優先して
参考にするようにすると良いかと思います。

言葉遣いやマナーに問題があるレビュー

暴言を吐いていたり、
言葉遣いが最低だったり、
こんなもの良いはずがないと決めつけるような
態度だったり
”攻撃的”な内容が含まれているレビューに
関して言えばたとえその人が実際に
その商品を利用していたり、食べていたりしたとしても
あまり参考になるものではありません。

感情的になっているレビューは、
大げさに書いたり、事実とは異なる内容が
含まれたりしているものです。

そのため、あまり参考材料にはならないでしょうし、
攻撃的な文章は見ていても
不快になるかと思います。

ですので、言葉遣いに問題があったり
攻撃的なレビューに関しても”無視”で
良いのではないかと思います。

そもそもレビューを勘違いしているもの

これは、見ればすぐに参考にならないレビューだと
分かるかと思いますが、
そもそもレビューというものを勘違いしているもの。
これらについては全く参考になりませんから
参考にするレビューから除外して下さい。

・お礼
「ちゃんと届きました、ありがとうございます」みたいのを
レビューに投稿している人。
オークション気分なのかもしれませんが、これは
完全に勘違いであり、書く場所を間違っていますからスルーしましょう。

・商品を間違えている
あからさまにレビューする商品を間違えているようなレビューも
時々あります。これも無視しましょう。

・自分が悪い
「〇〇だと思って購入したのに違った、☆1つ」みたいな
レビューは何の参考にもなりません。
そもそも間違える自分が悪いので
自分自身のことを棚にあげており、まるで意味がありません。

発売日前、発売直後のレビュー

まず、発売日前に書かれたレビューに
関しては、何も意味がありません。
発売日前、ということはその人もその商品を
持っていないわけですから
遊んだ、使った、食べた感想では
ないわけです。
そのため、これらのレビューに関しても
参考になりませんから、無視をするようにしましょう。

また、発売日直後のレビューも
気を付けて参考にするようにして下さい。
例えば食べ物であれば発売日にすぐその味を知って
感想を書くことも可能でしょう。
ただし、ゲームだとかそういったものの場合は、
買ってすぐにレビューをすれば
「少し触っただけの偏った情報」になることは
間違いありません。
発売直後のレビューには、より不正確な情報が
混じりやすい、ということは意識しておきましょう。

ネタで書かれているもの

アマゾンレビューの中には”ネタ目的”で
書かれているようなレビューも多く存在します。

そういったレビューに惑わされないようにしましょう。
文章を読んでいれば分かるとは思いますが
明らかにふざけたレビューを書いている人も多いです。
読みものとして読むのであれば良いとは思いますが
商品購入の際にの参考にはなりませんから、
その点は注意するべきです。

特に、宝石系だとか何百万円もするような
商品のレビューは、ほとんどがお笑い系の
レビューになっていますから
読み物として楽しむ分には構いませんが
もしも本当に高額商品を購入する場合は
参考になるレビューはほとんどないと思いますから
その点には注意するようにして下さい。

真に受ける人はいないと思いますが
念の為…。

ただ、高額商品のレビューは、
話は少しそれてしまいますが
変なお笑い番組を見るより
笑えるようなものもあるので、
「本当に商品を購入した上でのレビューではない」と
いうことを理解した上で楽しむ分には
自由であると思います。

まとめ

アマゾンレビューには「参考になるレビュー」と
正直「まったく参考にならないレビュー」が混じっています。
購入の際の参考にできる機長なレビューですが
間違ったレビューや、実際にはその商品を買っていないのにレビュー
している人もいる、ということはしっかりと理解して
おいた方が良いかとは思います。

無駄な情報に惑わされて、
変なものを買ってしまったり、
逆に良い商品を逃してしまったら
勿体無いですからね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする