怒られ続けているバイトスタッフは壊れる!迎える結末!

上司から叱られ続けると
アルバイトスタッフはどうなってしまうのでしょうか。

当然、指導のために、ある程度怒ったりだとか
そういったことをする必要はあります。

ただし、”やりすぎ”は
アルバイトスタッフさんの心を壊してしまい
最終的に、職場の重要な戦力ダウンを
招く結果になってしまいます。

バイトスタッフの上に立つ人間は、
そのあたりのことをしっかりと意識しておかなくてはいけません。

もちろん、本当に怒るべき場面は怒ることも
必要になりますが、
怒りつづけていれば、最終的には、
アルバイトさんが壊れてしまうことになるのです。

”叱られ続けた”バイトがどうなってしまうのかを
解説していきます。

バランスが大事

アルバイトスタッフは「叱られ続ける」ことで
壊れてしまいます。
これは、バイトに限った話ではなく
社員でも、プライベートでも、
人から叱られ続けると、人間という生き物は
どこかでバランスを崩し、壊れて行くものです。
ストレスには非常に弱い生き物ですからね。

ですから、
バイトさんを叱ることも必要ですが
それだけでは最終的には
望まない方向に進むことになります。

時には褒めたり、
仮に褒める部分が全く無いような相手で
あっても、上手くバランスを取りつつ
接していく、ということが
大事になってくるわけですね。

叱りつづけることで、
将来立派な戦力になってくれるはずだった
人材をダメにしてしまうこともありますから
その点は注意です。
アルバイトスタッフはストレス発散台でもなければ
サンドバッグでもないのです。
そのことは、ちゃんと覚えておきましょう。

では、叱られ続けたバイトが
どうなってしまうことが考えられるのか、
それを見て行きましょう。
いずれも、良い結果になるものはありません。

恐怖を抱くようになる

叱られ続けることで、その上司に対して
「恐怖」を抱くようになる人もいます。
一度恐怖を抱いてしまえば、人間はそう簡単に
そのイメージを払しょくすることが
できなくなってしまいます。

常にどこかでビクビクした状態で
働き続けることになってしまうと、
作業効率に影響も出ますし、
当然、モチベーションも上がらなくなります。

恐怖から、仮に上司が間違っていても
何の意見もしなくなってしまいますし、
とにかく恐怖から逃れようと、
仕事のミスなども隠すようになる可能性があります。

”恐怖心”を抱いてしまったアルバイトさんは、
恐怖から逃れるためだけに行動するようになってしまい、
結果的に仕事上にもマイナスになるのです

退職やバックレを招く

「怖い人」のもとでなど、誰も働きたくありません。
少し考えれば分かるはずです。

そのため、怒られ続けていれば、
退職やバックレの引き金に
なることもあるでしょう。

バイト先なんて、正直いくらでもあります。
怒りつづけるだけの上司のもとで
そのまま働きたいと考えるアルバイトは少ないでしょう。

そのため、怒りつづけていれば、
そのバイトが退職する可能性はとても高くなります。

いえ、退職ならまだいいほうでしょう。
「バックレ」して、突然姿を消す可能性も
非常に高いです。

実際に、私はアルバイト時代、すぐにバイトに
八つ当たりして怒ってばかりいる店長のもとで
働いていたことがありますが、
ばっくれするバイトはとても多かったです。

”怒ってばかり”な状態は
間違えなく、バイトを定着から遠ざけて
ばっくれなどが多発する原因になります。

精神的に壊れる

怒られ続けることで「精神的に壊れてしまう」可能性も
充分に考えられます。
精神的に壊れてしまうと、
当然のことながら、アルバイトの仕事も
どんどん難しくなっていき、最終的には
そのアルバイトスタッフさんは退職することに
なってしまうでしょう。

そして、精神的にアルバイトスタッフが
やられてしまった場合、
これは、上司のパワハラとして大きな問題に
なってしまう可能性も非常に高いです。

もしもそうなってしまった時に
言い訳をしても、もう遅いです。
他の記事でも書いていることですが、
パワハラは自分がどう感じているか、ではなく
「相手がどう感じているか」が重要になります。

つまり、あなたがパワハラじゃないと思っていても
相手がそう思ったらそれはもうパワハラである、
ということです。
そのことを忘れないようにする必要があります

不満を抱く

怒られてばかりのバイトスタッフさんの中には
「不満」を抱く人もいるでしょう。
それは当たり前のことです。
理不尽に怒られ続けていたら、当然
腹も立つでしょう。

バイト先に不満を抱いたアルバイトスタッフさんは
「危険」な存在となります。
そして、その危険な存在を作り出してしまったのは
そのアルバイトさんにきつく当たってしまった
上司自身です。

不満を抱いていると、当然のことながら
バイト先から何かを頼まれても「ふざけるな!」という
気持ちになると思いますし、
”バイト先のために何かをしてあげよう”という気持ちは
間違っても、出てくることはないでしょう。

また、バイト先への不満はときに「暴走」という
かたちで現れてしまう可能性も十分にあります。
”暴走”とは、バイト先で変な写真を撮ってSNSに載せて
炎上させたりだとかそういった行為ですね。

バイト先に不満が無ければ、
本当に先のことを考えられない人を除けば
本来、そういうことはしないはずなのです。

しかし、バイト先に不満を抱いていることで
そういうことをしてしまう可能性が
高まる、ということです。

”この野郎!”とバイト先に対して感情を抱いた
アルバイトスタッフさんは何をしでかすか分かりません。
そして、そういった状況を招いたのは
怒ってばかりで、アルバイトスタッフさんを
ぞんざいに扱ってきたバイト先自身になります。
そのようなことになってしまわないためにも
日頃からしっかりとした対応を心がける、ということは
非常に大切なポイントになるのです。

最悪の結末も想定する

最悪の事態…というのも
想定しておかなければいけません。

バイトスタッフに対して怒ってばかりいると
バイトスタッフは当然追いつめられていきます。
上でも書いたように精神的に追い詰められて
壊れてしまうような人もいるでしょう。
そして、本当に最悪のケースを考えるのであれば
それを苦にして自ら命を絶ってしまうような人が
出てくる可能性も0ではありません。

そのようなことが起きてしまったら
どうなるか、ということは安易に想像が
つくかと思います。
バイト先も、上司もただでは済まないでしょう。
直接的にではないにせよ、
人一人の命を失っているわけですからね…。

また、バイト先への復讐というカタチで
事件沙汰の行動を起こす可能性も0ではありません。
バイトさんに対して怒りつづける、ということは
”そういった最悪の事態”を引き起こすリスクも
高まる、ということは頭に入れておかなくてはいけません。

もちろん、叱ってはいけない、ということでは
ありません。時には叱ることも大切でしょう。

ですが、”加減”というものが大切なのです。
何も考えずにただ怒るだけなら誰にでもできますし、
それが最悪の結果をもたらす可能性もある、
ということです。

まとめ

アルバイトスタッフを叱ることは
場合によっては必要なことです。
しかしながら、何も考えずにただ叱りつづけるようなことは
絶対にしてはいけません。

上で書いたような事態を引き起こす可能性がありますし、
”最悪の事態”に発展してしまう可能性も
充分に考えられます。

そのようなことになってしまわないためにも
”程よいバランス”を自分で上手く作り上げていく、
ということがとても大切なことになってくるのです。

くれぐれも、むやみに叱りつけたりしないようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする