パクツイとは何か?安易な気持ちでやってはならないこと!

店員Kです!

ツイッターを利用している皆様は
「パクツイ」という言葉をご存知でしょうか?

これは”パクリツイート”のことで、
つまり、人のツイートをそっくりそのままコピーしたり、
一部だけを改変してツイートする行為のことです。

これが何故いけないのか、
どのようにすれば防げるのか、
もしもパクツイを見かけた場合は
どうすれば良いのか、
それらをご紹介していきます。

ポイントを理解する!

まず、基本のお話からになりますが、
”パクツイ”という行為は、基本的に
絶対にやってはいけない行為です。

ツイートされている内容をコピーして自分のアカウントで
ツイートするだけでパクツイはできてしまいますから、
ついつい軽い気持ちでパクツイしてしまう人もいるかと思いますが、
それはトラブルの元になりますし、やってはならないことです。

では、パクツイが何故いけないのか、
そしてどのように対処すれば良いのか。
それぞれ見ていきましょう!

なぜいけないのか?

これは、コンテンツ盗用にあたります。
少し改変したり、そのままだったり、人によって色々ですが
どちらにしても、相手の文章を盗んだことになり、
それをさも自分が書いたように見せかける、ということは
してはならないことです。

“引用”という言葉もありますが
引用の場合、どこから引用したのかを示さなくてはなりません。
コピーして貼り付けただけでは引用とはみなされませんので、
注意して下さい。
引用したい場合は、引用元を明記し「ここからここまでが引用ですよ」
ということを示さなくてはいけません。

また、このツイートに感動した!だとか、
ツイートされている写真や動画、作品に感動した!などの理由で
「もっと他の人に見てもらいたい!」と思うこともあるかと思いますが
その場合は「リツイート」という機能がありますから
それを利用するようにしてください。
リツイートであれば、元々、誰のツイートなのか、
ということが分かるようになっていますから、
リツイートを使うようにして下さい。

とにかく、”コピー”をしてはいけないのです。
どうしてもリツイートや引用以外でツイートを
そのままコピーしたいのであれば、相手から確認を取り、
許可をとってからにするようにしてください。

パクツイは問題になることも…

パクツイを続けていると問題になることもあります。
ツイートに対して批判の言葉が溢れかえる可能性もありますし、
元々のツイートをした本人もイヤな気持ちになります。

また、コンテンツの盗用になってしまいますから、
最悪の場合相手から訴えられたりする可能性も0ではありませんし、
ゴタゴタが続けば、さらに大きな問題になる可能性も
0ではないのです。

また、パクツイを続けていれば、アカウントが違反報告
されるなどして、凍結される可能性もあります。

安易な気持ちでパクツイをして、トラブルを
起こしたりしないようにしましょう。

対策はあるの?

自分のツイートをパクツイから守るための方法は
基本的にはありません。
ツイッター上に何かをツイートする以上、
それをパクられてしまう可能性は常にある、
ということは覚えておきましょう。

100パーセントパクツイされたくない!という場合は
ツイッター自体を使用しないこと、
これが最善の方法になります。
また、鍵をかけて、信頼した相手にしかツイートを
表示しないようにすることもできますが、
あなたのツイッターを見れる人間の中にも
ツイートをパクツイする人がいるかもしれません。

そのため、ツイッターをやっている以上、
パクツイされることを防ぐための手段はザンネンながらありません。
誰にでも、そのリスクはあるということは覚えておきましょう。

見つけたらどうすればいいの?

もしも自分のツイートのパクツイを見つけた場合や
他の人のパクツイを見つけた場合はどうすればいいか。
基本的には自分で行動するしかありません。

ツイッターのほうのガイドラインでは
個人間の私的な口論を仲裁しない、と書かれています。
つまりは当事者同士で解決しなさい、という意味になります。

対処方法としては、まずは相手に直接リプや@ツイートなどで
連絡をとって、話し合いをするようにしましょう。
相手が謝るか、開き直るかは分かりませんが、
中には逆切れするようなどうしようもないのもいます。
相手の対応が酷ければ、ツイートを報告(違反報告)する機能が
ありますからそれをしておくとともに、自分のアカウントの方でも
無断転載されたことなどをしっかりと伝えておくことが
大切になるかと思います。

また、あなたからして不快であれば
そのアカウントは”ブロック”してしまいましょう。

対応できることとすれば、そこまでですね。
後は、相手のアカウントが凍結されるか、もしくは
相手が反省するなどして転載をやめるか、
その2つに1つになるかと思います。

まとめ

パクツイはツイッターをやっていると、よく見かけるもののひとつで
あるかと思います。
自分自身のツイートも、誰にでも転載されてしまう
可能性があるものです。

流石にフォロワー数がわずかなアカウントだとか
あまり見ている人が少ないアカウントであれば
そのリスクも減りますが、ツイッターアカウントが
知れ渡れば知れ渡るほど、見る人も多くなりますから、
パクツイされる可能性も高くなってしまいます。

上のような対処法が現時点では限界ですが、
対処できる場合は対処しておくようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする