要注意!モンスターペアレントと化しかけている危険信号6つ!

店員Kです!

モンスターペアレント…嫌な存在ですね。
教育の現場や、お店などをかき乱す
大変迷惑な存在。

「よくそんなので、子育てができますね」と
言いたくなってしまいたいぐらいの
醜悪な存在。

それが、今、学校やお店を困らせています。

接客業をやっていただけでも、
モンスターペアレントには本当にうんざりしたものです。
とにかく、常識が無い。
あのような親に育てられれば、育つ子供も
失礼ですが、底が知れているでしょう。

今回は、こんな行動・考えは
モンスターペアレントへの第一歩、という危険な行為を
ご紹介していきます。

スポンサーリンク

モンスターペアレントに繋がる危険な考え!

モンスターペアレントになる第一歩は、
周りが見えなくなることです。
恐らく、モンスターペアレント本人たちには、
自分が怪物になってしまったという自覚はないのでしょう。
自覚ないまま、周囲に迷惑をかけている、
本当にどうしようもない存在だと思います。

そして、モンスターペアレントたちは
指摘されても逆切れ。
自分が怪物と化していることに気づくことすらできていない
悲しい人たちです。

ですが、気づくことができたのならば、
救いようがないモンスターペアレントになる前に引き返す
ことができたのならば…、
周囲の見る目もまた、変わって来るでしょう。

”要注意な行動や思考”をまとめていきます

①自分の子供の言うことを鵜呑みにする

自分の子供の言うことを全て信じてはいませんか?
子供は、親に対してであっても、平気でうそをつきます。
子供の言うこと全てを信じているのであれば、
それはきっと騙されている部分もあるのでしょう。

そして、子供の言うこと=正しいと
思い込んでいる人は
モンスターペアレントになりがちです。

実際に子供の嘘に振り回されて、
クレームをつけに来た未熟な親も居ました。

子供が可愛いのは分かります。
ですが、時には可愛いからこそ、疑わなくては
いけないこともあるのです。

子供の言う言葉を全て鵜呑みにしているのであれば、
その考えは捨てた方が良いと思います。

これを見て
「うちの子は嘘なんかつかない!」と思った方は
もう手遅れかもしれません…。

②子供が一番だと思っている

自分の子供が、一番だと思っている人も危険です。
冷たいことを言えば、その子は一番ではありません。
色々な部分で、人より劣っているところもあれば、
優れているところもあるでしょう。
ですが、一番ではない。

確かに、親にとって、子供は大切な存在です。
自分にとって「一番」の存在であることは、
何も間違ってはいません。

けれど、それを人に押し付けはじめたら、もう終わりです。
自分に子供が居るように、相手にも子供が居る場合、
相手にとっては、その子供が一番なのです。

自分で自分の子供を一番だと思うことは良いでしょう。
ですが、それを人に押し付けるようなことがあっては
いけません。
親として、空っぽになってしまってはいけません。

我が子の可愛さに取りつかれているようでは、
まだまだ親として未熟な証拠です。

③学校やお店に不満を抱く

子供に何か不都合な点があると、すぐに学校やお店に対して
不満を抱いて、すぐに文句を言いに行こうとする親。
これは典型的なモンスターペアレントですね。

何でもかんでも文句を言うことで解決しようとしている。

学校に対してでも、お店に対してでも、
子供に対する扱いに、すぐに不満を感じて、
すぐに怒り出す人はモンスターペアレントです。

例え、学校側に落ち度があっても、
子供の親ということは”大人”なのですから、
その自覚を持って、しっかりとした対応を心がけることです。

ゴリラじゃないんですから、
ちゃんと理知的に話し合うべきですよ。
(…ゴリラに対して失礼ですね 失礼しました)

学校の対応に不満があっても、
先にも書いた通り、子供が嘘をついている可能性もありますし、
子供の話なんて「あいまいなもの」ですから、
部分部分が違って親に伝わる可能性も十分にあります。

それなのに、子供の話を鵜呑みにしたりして、
クレームをつけるのは、典型的な怪物です。

④子供の罪を認められない

モンスターペアレントは自分の子供が何か悪い事を
してもそれを「受け入れることができません」。
自分のことは棚に上げて、必要以上に相手を攻撃する。
それもまた、モンスターペアレントの特徴の1つと
言えますね。

自分の子供は絶対に悪い事をしない、なんて思いこんで
いませんか?
例えば、学校で子供がいじめの加害者側になっていると
聞いたとき、最初に「うちの子がそんなことするはずがない」と
思ったとしたらそれは危険信号です。

「相手に何か悪い所があったんじゃないか」と思う人は
もう怪物になりかけています。

相手に対して頭を下げることすらできない親は、
かなり進んでいます。

自分の子供が悪い事をしない?
そんなことはあり得ないのです。

それは親の中で勝手に作り上げた
子供のイメージ像です。
イメージにだけ支配されるなんて、とても愚かなことです。

子供だって人間です。
特に、小さい頃には、悪い事をしてしまうこと
だってあるでしょう。
そんな、子供の罪を受け入れることもできないのであれば、
子供の将来も心配ですし、良い事はありません。

⑤すぐに逆切れする

子供にとって少しでも不利な話をされたり、
少しでも悪い話をされると、すぐに逆切れする親。
これはもう、立派なモンスターです。

上でも書いた通り、子供が可愛いというのは分かります。
ですが、子供は、万能ではありません。
当然、良い所もあれば、悪い所もあるでしょう。

ですが、それは当たり前のことです。
もしも、人から自分の子供に対する苦言を言われたとしても、
それは受け入れなくてはなりません。

親は、どうしても子供のことを客観的に見ることはできないものです。
どうしても、贔屓が入ってしまう。

けれど、それではいけないのです。
他の人が子供に対する苦言を伝えてくれる、というのは
ある意味では喜ぶべきことなのです。
自分では客観的に見ることのできない我が子を、客観的に見た
意見を述べてくれているわけですから。

それに対して、逆切れしているようでは、お話になりません。

⑥特別扱いを要求する!

自分の子供だけを特別扱いしろ!と不当に要求する親も居ます。
学校側はこれをされるととても困ってしまいます。
強気に出ればすぐに「教育委員会」ですからね。
おかしな世の中です。

自分の子供だけを特別扱いしてもらうように学校に要求
するなんて、狂っています。学校は何百人もの子供を
預かる場所です。

本来、そこに贔屓があってはなりません。

それなのに、学校に対して、自分の子供だけ特別に〇〇、
みたいな要求をするのは、もはや狂ってるとしか
言いようがありません。

自分が学校に何かを要求しよう、と思ったら
まずは冷静に考えてみて下さい。
学校側の立場に立ってみて。
他の子供や親の立場に立ってみて。

自分の言おうとしていることが
他の人の立場になって考えてみて「おかしい」とは
思わないかどうか。

もしも、少しでもおかしいこと言おうとしているな…と
思うのであれば、それはおかしいのです。
一度、何事も冷静になって考えてみることをおすすめします。

まとめ

厳しいようですが、モンスターペアレントは
学校や店に迷惑をかける、害獣です。
実際にモンスターペアレントを見てみれば分かります。
本当に恐ろしいものです。
自分の子供しか見えていない。

自覚ないまま、モンスターペアレントになりかけては
居ませんか?
上にかいたような行動や思考が「当たり前」だと思いはじめて
いるのであれば、要注意です。
一度、モンスターになってしまったら、そう簡単に戻ることは
できません。

どうか、モンスターになってしまう前に、引き返してください。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする