バイト募集が出ているのに断られた!その理由と対処法を教えます

店員Kです!

アルバイトに応募するときに、皆様は何を見ますか?
店頭でアルバイト募集中!の貼り紙を見て、
もしくは新聞折り込みチラシなどのバイト募集を見て、
またはネットのアルバイト情報などを見て…
いずれかになるのではないでしょうか。

しかし、募集!と書いてあったはずなのに
いざ連絡してみると
「今は募集していない」と断られたりするケースも
時々あるかと思います…!

今回は、募集しているのに断られた場合の
理由と対処法についてお話していきます。

スポンサーリンク

バイト募集中なのに断られた?

「アルバイト募集中」と書かれているのに
断られた…何だか悲しいですよね。

バイト募集中って書いてあっただろ!と
言いたくなる気持ちjも分からないでもないです。

そうなってしまう背景には色々な理由があります。

”アルバイト募集”と書かれていたのに
断られた。
そんな場合の理由について、語って行きましょう。

広告を見ていた場合は…

新聞折り込みチラシの広告などを見て
バイト募集に応募した場合、応募の時点で
本当に募集が終わっていた可能性もあります。

新聞折り込みチラシの広告の情報は
リアルタイムではありません。
数日、ラグがあります。

広告に記載する際にバイトを募集しよう!と思っていても
実際に募集する前に何らかの事情でバイト募集が中止になったり、
その前に良い人材が来て、募集が終わってしまったりする可能性も
0ではありません。
広告以外、どこでも告知していない、ということはまずありえないので、
そういう可能性は十分にあるのです

剥がし忘れの可能性…

店頭に貼ってあるアルバイト募集中を見て連絡したのに
断られた場合…
店頭に貼ってある「アルバイト募集中」の用紙を剥がし忘れて
いる可能性があります。
もしも、後日そのお店に行ってみて、慌てて剥がしたような痕跡が
あれば、剥がし忘れていたのでしょう。

剥がし忘れということは本来あってはいけないことでは
ありますが、店内のいたるところに何枚も何枚も貼りつけしていれば、
剥がすのを忘れてしまう可能性は十分にあります。

このパターンの場合は、連絡があった直後にお店側も
慌ててバイト募集の用紙を剥がしていると思います。

「剥がし忘れていた方が悪いんだから面接しろよ!」と
言いたくなってしまうかもしれませんが
言っても無駄なので、無駄なことはやめた方が良いです。

ネットの告知の消し忘れ…

当然、ネットの方でも、バイト募集中の告知を消し忘れる
可能性があります。
案外、お店に貼ってある「バイト募集中」を剥がした時点で
安心してしまったりだとか、そういうこともあります(汗)

ネット告知を消し忘れていた場合も、
”バイト募集と出ていたけれど断られた”という事態が
起きてしまいます。

また、ネットの方の告知だと、
バイト募集していた先が原因ではなく、外部サイトによる
バイト募集告知がそのまま残ってしまっていたりだとか、
運営会社による告知が残ってしまっていたりだとか
そういう可能性も考えられますね。

あとはツイッター…。
ツイッターなどのオートツイート機能を使って
「アルバイト募集中です~」などと告知しているところは、
うっかりと告知を消し忘れて…なんて可能性もあります。

そうすると、いつまでも毎日毎日ツイッター上で
バイト告知が垂れ流しになってしまっている可能性も
ありますね
(いつまでここバイト募集してるんだ…感 笑)

募集してない時も貼っている

バイトの募集はしてないけれど、とりあえず常に
バイト募集中と貼ってあるいい加減なお店も
存在します(笑)
私も、以前アルバイトを探しているときに、一度こういうお店に
遭遇しました。

バイトに応募しようとしたら
「ああ、あれいつも貼ってあるから、ごめんね」と
軽い調子で言われました^^

まぎわらしいので剥がしてください!

会社の上層部によるミスや強引な強要

会社の上層部によるミスである可能性もあります。
例えば、バイト募集していたお店の運営会社のサイトに
〇〇店バイト募集中と書かれていたのに、現場では募集していなかった…
この場合は、会社側のミスである可能性が高いです。
会社にも色々ありますが、案外、いい加減なところもあるので、
そういういい加減なところだと、
店舗側でバイト募集が終わっているのにも関わらず、
それをちゃんと修正しない本部なども存在します。

また、グループ全体のバイト募集の告知が店頭などに
貼られている可能性もあります。

このケースの場合は、そのお店に貼ってあっても、
実際に募集しているのは他の店舗のアルバイト!ということに
なります。
大きなグループ店舗だと、こういうことも実際にあります!

私の前の勤務先でも親会社のバイト募集を店頭に
貼らされていたことがありました。(強制)

まぁ、誤解を招くので、私はこっそり剥がしましたけどネ^^

何かが気に入らなくて断られた

電話中に、あなたと話していて、何か気に入らない部分が
たまたまあったので、体よく断った、という可能性もあります。

例えば、電話して、今の立場だとか、年齢、
勤務可能日などの話をした後に
「すみません 今は募集していないんですよ~」と言われた場合は
それは募集していないのではなくて”断られた”ということです。
悲しいですが、そういうこともあるのです…。

電話で「あ、それじゃダメですね」という意味のことを言えば
良いのですが、遠回しな人もこの世にはいるので…。

電話先で断られらた後にも、アルバイト募集を続けている場合は
恐らくは「本当は募集しているけれど、体よく断った」という
可能性が高いと思われます。

また、ちょっとパターンは違いますが
「今、ちょうど人数埋まっちゃってて、
募集再開したら連絡しますので」と言われることもあります
(私は2回言われました)

…が、いずれの場合も「連絡」はありませんでした(笑)

永久に募集を再開していないのか、
体よく断られたのか。

答えは聞かなくても明らかだと思います。

体よく断られたわけです。

「後で連絡します」と言われた場合には大方、
そのバイト先が本当に募集を停止しているにせよ、実は
募集しているにせよ、採用される確率は限りなく低いですから、
さっさと次のバイト募集をしているところを探した方が良いです!

対処法は?

バイト募集が貼られていた、もしくは掲載されていたのに
バイトに応募しようとしたら断られた!という場合の対処法…
これは、諦めるしかありません。
そこで文句を言っても、相手がNoと言っている以上、
その場所に採用される可能性はほぼ0パーセントです。
例え募集が終わったのが本当だとしても、嘘だとしても、です。

なので、そこであーだこーだ言ったりしても、
何の意味もありませんし、逆に無駄に体力と時間を消耗
するだけですから、やめておきましょう。

そのバイト先は「そういうバイト先だったんだ」とあきらめて
自分と縁のないバイト先のことは忘れ、さっさと次のバイト先を
探した方が絶対に良いと思います。

ムキになっているだけ時間の無駄です!

まとめ

アルバイト募集中が貼ってあるのに、掲載されているのに
断られる…
そこまで頻繁にあることではないですが、実際に起こりうることでは
あります。

「書いてあったのに」と少しイラッとする気持ちも
分からないでもないですが、
もしかしたらそのバイト先側のミスでない感冒性もありますし、
もしも何か文句を言ったとしても、結果は何も変わらないので
すっぱりとあきらめることをおすすめします。

ただ、もちろん募集する側もポスターの剥がし忘れがないように
気をつけなくてはいけません!
書いてあったのに断られると、良い気分しないのは確かですからね…


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする