ランドセルの選び方と注意点!親の見栄に付き合わせないで!

店員Kです!

小学校入学時には、お子様がいるご家庭は
ランドセルを用意すると思います。

中には、ランドセルを楽しみにしている子なども
居るのではないでしょうか。

しかし、このランドセル、購入時に、色々な
トラブルになったり、見栄を張ったりして
失敗したり、損をしたりしてしまうこともあるのです。

今回は、ランドセルの選び方と注意点について
まとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

ランドセルを選ぶ際の注意点!

ランドセル…。
簡単に選ぶことができるのであればそれはそれで良いのです。
ですが、必要以上に悩んでしまったり
”気にする必要のない部分”を気にして、結果的に
意味のない出費を重ねたり、子供に嫌な思いをさせてしまったり…
そんな可能性もあるのです。

ランドセルを選ぶ際の注意点を一つ一つ見ていきましょう。

あまり目立つ色は止めた方がいい

ランドセルの色…これは”普通”が一番です。
変に特殊な色のランドセルを買えば、子供が浮いてしまいます。
親の勝手な判断で、通常色でないランドセルを購入するのは
絶対にやめておきましょう。

今は子供も喜んでいたとしても、そのまま高学年に
進むにつれて「やっぱり普通の色にすればよかった」という
考えに変わってくるかもしれません。

いずれにせよ、無難な色は「黒」か「赤」です。
子供が男女どちらかにあわせて、適切な色を選ぶようにしましょう。

「安いランドセル」だといじめの原因になるのでは、と
気にする人は、まずこっちを気にするべきです。
ランドセルの値段なんて子供は気付かない場合も多いですが
色には流石に気付きます。

子ども自身が特殊な色を希望していたとしても、
それは今だけです。
後々のために、ランドセルの色は普通の色にしておいたほうが
良いかと思いますよ!
それが一番確実な方法です!

色を逆にしたりしない

一度だけ、男子生徒で赤いランドセルを持っている人が
居ました。
別に、自由なのは良いのですが、
それでからかわれており、とても可愛そうでした。

本人がどんなに、自分の性別とは反対の色の
ランドセルを欲しいと言っても、
お子様本人のために、それは辞めておいたほうが
良いかと思います。

本人の意思がどうであれ、子供たちはほぼ確実に
ランドセルの色の違いを”ネタ”にしてきます。
場合によっては、ランドセルの色そのものがいじめの
対象に繋がってしまう恐れまでありますから、
余計な不安要素は最初から取り除いておくに限ります。

私は別にどちらでも良いとは思いますし、
世の中にそういう人も多いとは思いますが、
子供たちはそうではありません。
男子が赤いランドセルだったり、
女子が黒いランドセルだった場合は、
からかわれてしまう可能性はあります。

ランドセルの色”なんかで”学校生活、嫌な思いをするなんて
本当に無駄ですから、注意しましょう!

お古はできれば避けてあげる!

上に兄や姉などが居る場合で、その後は既に中学校
(ある程度年齢が離れている必要がありますね)の場合、
上の子が使っていたランドセルが残っている場合も
あるかもしれません。

ですが、いきなりお古を使っている子は
ほとんど見たことがありませんし、
よほど家庭の事情から、ランドセルを購入できないぐらいに
苦しい場合は仕方がありませんが、
そうでない場合は、ランドセルぐらいは新しいものを
用意してあげましょう。

やっぱり使い古しのものであれば、
人が見ればすぐに分かります。
学校の他の子供たちは小学1年生ぐらいの子なら、
よほど汚くなってなければ、気付かないかもしれませんが、
本人は気付くでしょうから…。

ランドセルの相場は?

ランドセルの金額の相場は平均で3~4万円程度と
言われています。
ですが、探せば1万~2万円のランドセルもあります。
ネットなどではもっと安いものもあるみたいですね。

逆に、高額なものに目を向けると、5万円以上の
ランドセルなんかもあったりします。

で、このランドセル、果たしてどれを選べばいいのかと
言うと…
これは、各ご家庭と、ご本人の好みによって選べば
良いと思います。
安いものだからすぐに壊れる!とは限りませんし
高いものだと長持ちする!とも限りません。

素材などは確かに違いますが、
「お前のランドセル安いな~」なんてこと、
本人たちに言わなければ子供には分かりませんから…。

大事なのは本人の扱い方ですから、あまり金額と強度は
気にしなくても良いと思いますよ。
1~2万円のものでも、6年持つときは、持ちます。
あくまで本人の扱い次第です。

高いものを買う必要はない!

よく「子供のために高いランドセルを」なんて言っている人を
見かけます。
ですが、子供はランドセルがいくら、なんて気にしませんよ?

ここのところ、勘違いしている親が多いです。
子供は自分の気に入ったランドセルであれば、何でもいいですし、
親やおじいちゃんおばあちゃんに買ってもらったランドセルで
あればいくらのものでも喜びます。たとえ、数千円であったとしても、です。

「子供のために高いランドセルを」なんて言っている親は、
子供に理由付けしているだけです。
本当は自分の、周囲の親に対する見栄のためではないですか?
つまらないプライドを優先していませんか?

今一度、ランドセルは誰のためのものであるか、
考えてみるべきです。
親のくだらない見栄など、ランドセルには必要ありません。

平均は3~4万程度。別に2万前後のでも構いません
5万以上のものを無理して買う必要などないのです。

ランドセルの値段が~ ブランドが~なんて話してるときの
子供の顔を見てみると良いです。
きっと、つまらなそうな顔をしてますから。

周囲に合わせる必要はない!

周囲が高いランドセルを買っているからって
それにあわせる必要はありません。
ランドセルを合わせて何になるのですか?

他人は他人。自分たちは自分たち。
それで良いのです。

人の家庭のランドセルに口出しするような親は
毒親です。
人の家庭になんて「普通は」口出ししませんからね。

ランドセルを合わせないことで縁が切れる親なんて
縁を切ってしまって良いのです。

口では何を言おうが、親が介入して学校内でいじめを
発生させることなんて、難しいですから。
もし何かあれば先生に相談すれば良いですし、
原因となる親が分かっていれば対処もできると思います。

まとめ

ランドセルは値段やブランドに囚われず
好きなものを購入すれば良いと思います。

周囲の親との兼ね合いだとか、そんなつまらないことも
気にする必要ありません。

ランドセルは子供のためのものです。
そして子供は、ブランドや金額なんか望んじゃいません。

人のランドセルに口を出す、他の親が居るのだとしたら
そんなものは突っぱねてしまえば良い。
相手にする必要など無いのです。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする