アルバイト辞める時に貰っておくもの・受け取るものまとめ

店員Kです!

どんなバイトでも、必ずいつかは辞める時が来ると
思います!

ですが、何も考えずに辞めてしまうと、後々必要な
書類などが手元に届かず、面倒なことになる可能性もあります。

バイトと言えども、辞める時はしっかりと
貰うべきものは貰っておきましょう!

一度辞めてしまうと、連絡をとったり、受け取ったりするのが
面倒になることも多いですから…!

スポンサーリンク

アルバイトを辞める時

もしもあなたがアルバイトを辞める!となった場合は、
必ず必要なモノは全て受け取り、また、自分がバイト先に
預けているものなどがあれば、全て回収するようにしましょう。
上でも書きましたが、完全に辞めたあとだと、色々と手続きなどが
面倒になる場合がありますので、
そこで働いているうちに、全て済ませておくのが基本です。

貰うモノ・受け取るモノ・回収するもの

それでは順番に書いていきますね。
バイトを辞める前には、退職日までにこれらを確認し、
必要なモノは全て受け取ったり、回収したりしておくように
しましょう。
後から「あ!あれが必要だった!」となると結構面倒くさいですから…

①給料・給料明細

最後の給料はおそらく、あなたの退職後の振込(振込み日の都合で)に
なることが多いと思います。
なので、これは退職前には受け取ることはできませんが、
しっかりとどのような対応になるかは確認しておきましょう。
振込み日が決まっている場合は、退職後、その日に振り込まれたことを
しっかりと確認し、振り込まれていない場合はただちに会社に連絡して下さい。

明細は自宅に届けてもらうよう、お願いしておくと良いですね。

ちなみに手渡しの場合は、手渡しする人(店長など)にしっかりと
どうするか(いつ取りに来ればいいか)などを確認しておきましょう。

お金関係は一番トラブルになりやすいので注意です。

②年金手帳

会社の年金に加入していて、年金手帳を会社に預けている場合は
必ず返却してもらうようにしましょう。
これが無いと、後々の年金関連で面倒なことになります。
何も言わなくても返してもらえるとは思いますが
不安な場合は要確認です。

③雇用保険被保険証

雇用保険に加入していた場合はこれも必ず受け取ってください。
次の職場で雇用保険に加入する際に必要になったり、
あなたが失業保険を受け取りする際に必要になります。

もしも自分が雇用保険に加入しているか分からない!という場合は
バイト先の責任者に聞けば教えてくれるはずです。
「そんなこと聞いて平気かな…」なんて躊躇せず、大事な事なので
分からない場合はちゃんと確認しましょう。

④源泉徴収票

これは必ず貰っておくことをおすすめします。
確定申告関係に必要になります。
万が一、使わなかったとしても、何かあるわけではないですから
必ず会社にお願いして、発行しておいてもらった方が良いです。
上でも書きましたがあとから「やっぱりいるわ!」って言うのは
手続きが面倒な場合も多いので、先に貰っておくことをおすすめします。

⑤健康保険被保険者資格喪失証明書

これは会社の健康保険に加入していた方のみ。
加入していなかった場合は必要ありませんが、
アルバイトさんでも出勤人数が多かったりすれば
会社の健康保険に加入していることは十分にあり得ます。

こちらは国民健康保険への加入時などに利用しますので
必ず貰っておくようにしましょう。

⑥離職票

雇用保険に加入していた方はこちらも貰っておきましょう。
雇用保険加入者が離職したことを証明する証明書類ですね。
退職後に会社から送られてくるケースがほとんどです。
ただ、念のため、あらかじめ会社にどのような方法
(郵送してくれるのか、取りに来いと言われるのか)で
受け取るか、確認しておいた方が良いと思います

⑦私物の回収

お店に仕事上で使う私物などを置いていた場合、
退職日までに全て回収しましょう。
回収を忘れてしまうと、処分されてしまったりする可能性もありますので、
バイト最終日になる前に、必ず回収を終わらせておくをおすすめします。

アルバイト退職時に回収するもの等は、
こんな感じですね。。
その他、もしも自分にとって必要な書類等があるのであれば
必ず確認して、分からなければ会社に確認して
回収、受取するようにしましょう。

退職後だと色々と面倒なので…

⑧返却物も忘れずに…

逆に会社から借りているものがある場合は返却を忘れないようにしましょう。
接客業のバイトの場合、制服などを借りている場合も多いと思いますし、
保険に加入していた場合は、忘れずに健康保険被保険者証も返却しましょう。
あとは、お店のカギなどを預かっている場合もちゃんと返却して下さい。

返却し忘れがあるとトラブルの元になったり、
退職後にバイト先に返しに行く羽目になり、面倒ですから…。

一歩上を行く…? 有給休暇分も貰う

アルバイトさんにも有給休暇が出ます。
一定の時間以上働いていると、法律上、有給を
出さなくてはいけません。

しかし、ほとんどのバイト先ではアルバイトに
有給など出ていないですよね。
私の旧勤務先もそうでした。

ですが、辞める際であれば強気に出て、
有給休暇分を上手く行けば貰うことも可能です。

私の旧勤務先は閉店というカタチで幕を閉じましたが、
その際に、全アルバイトスタッフ分の有給休暇分を
それぞれのバイトスタッフさんが貰っています。

どうせ辞めるのであれば、貰えるモノは貰っておいた方が
良いと個人的には思いますよ。

会社に遠慮する必要はありません。
一定以上働いていたのであれば、
あなたはには有給休暇を受け取る資格があります

有給休暇についてはこちらをご覧ください。
元々有給を出さないような会社から有給分を貰うのは
なかなか難しいですが、貰えればかなり大きい収入にはなりますので、
泣き寝入りしない方が良いですよ!

もしも分からないことがあったら…

退職関係の書類の件で、もしも分からないことがあったら
バイト先にあなたがいるうちに、店長や責任者にしっかりと
確認をとっておくことが大切です。

もしも店長に分からないようであれば、
給料関係を担当している部署に直接問い合わせるのも
良いと思います。

とにかく、分からないままにするのは良くありません。
ネット上で調べても、その会社独自のルールなどがある
可能性もあります。

書類は貰えるのか、そしていつごろ、どのような手段で
貰えるのか、などの大事な部分は必ず確認しておくことを
強く推奨します。

退職後に必要なモノに気づいたら…

一応、書類各種を発行してもらうことは可能です。
そういった書類関係を担当している部署が分かるのであれば
先日、〇〇店を退職した〇〇と申しますが~ みたいな感じで
電話して、書類をお願いしても良いですし、
もしも分からないのであれば、あなたが勤務していたバイト先の
お店の店長や責任者にお願いすれば手配してくれるはずです。

その際に、直接受け取り行くか、それとも
家に直接送ってもらえるのかどうかは
必ず確認しておきましょう。

まとめ

退職時には上で書いたように、必要な書類や、
返すべきものはしっかりと返して
後腐れの無いように終わらせておくことが大切です。

何か不備があれば、あなたがモノを受け取りに行ったり
返却しに行ったりするために、再度アルバイト先を
訪れる羽目になり、面倒でしょうからね…。

また、円満退職じゃない場合以外だと
なかなかやめたバイト先に行くっていうのもイヤだと
思いますから、しっかりと後からアルバイト先に
行かなくても済むように、必要なモノの回収と
返却物の返却はしっかりとやっておきましょう。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする