土下座を要求されたら?店員は土下座をする必要があるか?

店員Kです!

お客様からのクレームで、
店員に「土下座しろ!」と要求してくる人もいます。

皆様はどう思いますか?
店員は土下座をする必要がある?
それともする必要が無い?

今回はその答えを書いていきます。

流石に私は土下座を要求されたことはありませんが、
ニュースなどで土下座強要の事件を見かけたことがあるので、
その時に「もし実際にあったらどうすれば良いか」ということで、
店員の土下座についても勉強しておきました(笑)

スポンサーリンク

土下座を要求するクレーマー

お店側の態度が気に入らない、
お店側に過失があった。
そういう場合に、土下座を要求してくるクレーマーも
時々いるようです。
まぁ、もしも店員側に過失があったのであれば、
怒りたくなる気持ちは分らないでもないですが、
土下座の強要をしてしまえば、もはや悪は”クレームをつけてる側”に
なります。

土下座なんて要求してはいけませんし、
そもそも”土下座で誠意”なんて言ってるようじゃ
時代が古すぎです。
いつの時代に生きているのですか?
今は平成ですよ。

土下座要求に従う必要は?

これは全くありません。
寧ろ、土下座を要求されたとしても、
土下座なんかしてはいけません。

相手がただのクレーマーである場合は勿論ですし、
こちらが悪かったとしても、土下座の要求に乗る
必要はありません。

土下座を要求してきた時点で、悪いのはお店側でなく
お客さんの方です。
まともな神経であれば「土下座を要求」などしません。

土下座を要求する人間は、ただのクレーマーです。
それがいかなり事情であっても、です。

土下座を要求されたら?

土下座を要求されても、それにしたがって土下座を
する必要はありません。
と、いうよりも土下座などしてはいけまん。
土下座に関しては、スルーして
ただ、謝り続けていれば良いかと思います。

ちなみに、土下座をすれば丸く収まるのであれば
土下座してしまおう、と考える方も居るかも
しれませんが、これは危険な思想です。

土下座しただけで相手の怒りが収まる保証なんて
どこにもないのです。
さらに要求がエスカレートする可能性も。

また、それを見ていた他のお客さんの中に
変な人が居ると、
「あの店は土下座するから」と
クレーマーに狙われるお店、になってしまう恐れも。
なので、クレーマーから土下座を要求された場合でも
絶対に土下座をしてはいけません。

それが原因で殴られたら…?

土下座の要求を断った場合。
相手がさらにエスカレートをする可能性も否定はできません。
場合によっては殴る、蹴るなどの暴力を始める可能性も
0ではありません。

もしも、クレーマーの方から暴行を少しでもくわえられた
場合は即座に警察を呼んでください。
暴力をふるった時点では相手は犯罪者の仲間入りです。

例え正当なクレームであっても、暴力をふるった時点で
完全にアウト。
普通の人間はクレームをつける際に、人に対して
暴力をふるったりしませんから。。

土下座を要求された場合の対処

では、土下座を要求された場合はどうすれば良いのか。
まずは「ハッキリとお断り」することです

勿論、金銭の要求などにも応じてはいけません。
店側に非がある場合はそれを謝罪し、お詫びの言葉を述べる。
店側がするべきことはそこまでです。

相手が「誠意を見せろ」だのなんだの言ってくる可能性も
ありますが
ただ、頭をさげて謝ることだけ。
お店のするべきことはそれだけです。

それがお店の誠意。

お金を要求したり、土下座を要求したりするのは
おかしな人のする行為です

警察に通報する

しばらく謝ってもわめき散らしていたりしたならば
それはもう、ただの営業妨害ですし、
土下座を要求していたり、金銭を要求しているのであれば
警察を呼んでください。

悪質なクレーマーはお店だけでは対処しきれませんし、
長引けば長引くほど、クレーマーもエスカレートし、
他のお客さんに対して迷惑になっています。

世の中には強要罪、というものがあります。

土下座はこれにあたります。

強要罪には、
人に義務のない事を行わせることを
罰する、と書かれています。

土下座の強要もこれに当たります。

例え、店側が悪い場合であっても
土下座を強要する、というのはまともな
人間のすることではありません。

即座に警察に通報することをおすすめします。

警察を呼ぶ以外に…

警察を呼ぶ以外にも色々と対策はあります。

まず一つが「記録」すること。
例えば監視カメラやボイスレコーダーなどで
今の会話を記録していることをクレーマーに告げます。
すると、クレーマーの態度が軟化する可能性もあります。
クレーマーだって警察の世話にはなりたくないですからね。
警察を呼ばなくて済むのならお店側にとっても楽ですから、
まずはコレを試してみると良いかもしれません。

次に「警察を呼ぶ」と伝えること。
↑の記録でもクレーマーが落ち着かない場合は、
「警察を呼ぶので、警察を交えてお話しましょう」と
お伝えして下さい。
ここで身を引くクレーマーも結構多いです。
ただし、これでも引かない場合は本当に警察を呼ぶ
必要があります。

また、退去させることも重要です。
謝罪して(商品の不備の場合)返金すれば
もうお店側がすることはありません。
しかし、それでも誠意だのなんだの、お店に居座る場合は
「申し訳ありませんが、お話は終わりましたので
お引き取り下さい」とお伝えしましょう。

恐らく、それでは帰らないでしょう。
ですが、それで良いのです。

そのあとに
お帰りになられないのであれば
不退去罪(不法に居座るものを、3年以下の懲役または10万円以下の罰金に処する)
という法律があることをお伝えしましょう。

大抵の人は捨てゼリフを残して帰って行くと思われます。

土下座を強要するのは犯罪

と、いうことで、お店へのクレームで土下座を
強要するのは”やりすぎ”です。

土下座を強要すれば、罪に問われます。
実際に逮捕されている例もあるので、
絶対にお店の店員に土下座を強要してはいけません。

クレームをつける側が正当であっても
行き過ぎたことをすれば、罪に問われるのはつけた側。

相手がよほど失礼だったのかもしれませんが、
怒りをグッと抑えて、淡々と不備を指摘して
返金してもらう。
それが一番良いクレームのつけ方ですね。。

変に感情的になるのはマイナスです。
クレームをつける場合、一番効果的なのは、
(本当に店員側に落ち度がある場合)、
本部に連絡することです。
それが一番店側のスタッフにダメージになりますから、
その場で怒鳴ったりせずに、担当者の名前と店名を
覚えて本部に連絡しましょう
(本部に連絡するぞ!という脅しもダメです)

自己中心的にならない

店舗でクレームをつけて土下座を強要したり、
そうでなくても、怒鳴り散らしたりするのは
”自己中心的な人間”のすることです。

お店はあなただけのモノではありません。
他にも利用している人が居るのです。

クレームつけている人が居ればそれだけ
お店の対応は遅くなります。
他のお客さんはクレームつけている人を見て
思っていますよ

”迷惑なやつだ”と。

なので、店舗でつけるクレームはほどほどにして、
それでも怒りが収まらない場合は本部に
店舗名・担当者名・あったことを伝える。
これがベストなクレームのつけ方です。

怒りに身を任せて怒鳴ったり
土下座を強要する行為は
普通であればしません。

人間には理性がありますから
普通は我慢できるはずです。

ただ、本能のままに怒り狂うのは、
ゴリラのすることです(汗)

まとめ

と、いうことでお店で土下座を強要されても
「してはいけません」

”する必要がない”ではなく、
”してはいけない”

ここをしっかりと覚えておきましょう。

必ずエスカレートしますから
土下座するだけ無駄です。

また、相手の行動は、”犯罪行為”なので
従ってはいけません。

謝って、返金が必要なら返金し、
それでもしつこいようであれば警察を呼びましょう。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする