バイト先の愚痴を言ってはいけない相手と場所7つをご紹介!

店員Kです!

アルバイトをしていれば、必ず一つや二つは
不満もたまっていくものですよね。

そんな不満をため込んでいれば、疲れてしまうと思います。

私も、アルバイト時代、色々と不満はありました。
愚痴の一つや、二つもつきたくなる気持ちも分かります。

ですが、この愚痴。
言う場所と言う相手には注意しなくてはなりません。

どういうことかというと、
愚痴を言う相手を間違えてしまうと、
自分の立場を悪くしてしまう可能性があるのです。

今回はバイト先の愚痴について書いていきます。

スポンサーリンク

愚痴を言ってはいけない相手と場所

もちろん、アルバイト先の愚痴を言うことは
悪い事ではありません。
人間、誰でも、ストレスは貯まるものですし、
影で愚痴を言う分には全然良いでしょう。

ですが、それがバイト先の店長や責任者の耳に
入ってしまえば、面倒なことになってしまいます。

愚痴を言うこと自体は悪くはないのですが、
直接”愚痴を言われている”とバイト先が知ったら、
態度を変えたりする可能性もありますから
そのあたりも注意しなくてはいけません。

愚痴を言ってはいけない相手と場所を
それぞれ書いていきます。

①バイト仲間

例えば、店長や上司の愚痴だったり、
バイトリーダークラスの人に対する愚痴だったり。
色々と言いたいことはあるでしょう。

ですが、バイト仲間にそれを愚痴のは危険もあります。

勿論、心から信頼できるバイト仲間であれば良いですが、
そうでない場合。
あまり親しくないバイト仲間だったり、
誰にでも良い顔をしているバイト仲間だったり。
そういう人に対して、他の人が関わることを愚痴るのは
非常に危険です。

それは何故かと言うと、
愚痴を言っていることが、話した相手の口から
広がることがあるからですね。

面白半分で広めたり、八方美人だったり
原因は色々です。

ですが「自分が愚痴られてた」と上司や
バイトリーダークラスの人が知れば
面白くはないでしょう。

ですので、バイト仲間にはあまり、店長や責任者の愚痴だとか
そういうものはあまり口にしないことをおすすめします。
逆に居にくくなってしまうかもしれませんから…。

②共通の知り合い

友人に話すのであれば問題ないだろう、と
思う人も居るかもしれません。
ですが、もしもその友人がバイト先のうちの一人と知り合いだった場合、
間接的にその話が伝わる可能性があります。

なので、もしもバイト先の特定の人物と
共通の知り合いな友人が居る場合、その友人には
バイト先の愚痴を話さないほうが良いです。
どんどん伝わっていき、最終的には、バイト先の人に
伝わる可能性もあるのです。

③出入りしている業者に言わない

バイト先に出入りしている業者にバイトの愚痴を
言わないようにしましょう。
例え、自分と業者の人、1対1になっていたとしても、です。

業者の人って、営業をしている人ですから
当然のことながら、とても愛想の良い人も多いのです。
フレンドリーな人も多い。
ですが、それはあくまでも表面上です。
実際のところ、どう思っているかなんて分かりません。

うっかりと、仲良くなったつもりでバイト先の愚痴を
言ってしまうと、それがバイト先の社員などに
伝わったりする可能性もあります。

営業マンと仲良くなった!という気がしても、
それは表面上の姿につられているだけですから、
絶対に騙されないようにしてください!

気を許して、ペラペラとバイト先の愚痴を話せば
その営業の人からの印象も悪くなるかもしれませんし、
当然、その話がバイト先の別の人に伝われば
面倒なことになるかもしれません

④他店舗や部署の人にも言わない

バイト先の他の店舗や部署の人にも言わないようにしましょう。
他の店舗に親しい人がいる、というケースはあまり無いとは思いますが
もしもあったとしても、絶対に「うちの店長はさ~」だとか、
そういう愚痴を言わないようにしてください。

例えばあなたが別店舗のバイト「A」に自分の店舗の店長の
愚痴を言ったとしましょう。
で、「A」はAの店舗の店長「B」に、あなたが愚痴ってたことを
冗談交じりに言ったとします。

そして店長「B」が、あなたのお店の店長に「そっちの店の〇〇が
愚痴言ってたらしい」と伝えてしまえば、1周回って自分のバイト先の
責任者に愚痴が伝わってしまう可能性もあるのです。
そのため、安易に、別店舗とはいえ、愚痴を言うのは危険なことなのです。

⑤お客さんに愚痴らない

店の場合、お客さんに自分のバイト先の愚痴を言うのはやめましょう。
後日、お客さんから本人に伝わってしまう可能性も当然ありますし、
そうでなかったとしても、お客さんは本来、店員の愚痴なんて
聞きたくないでしょう。

店の利用目的は、当然、あなたに会いに来ているわけじゃないはずです。
あくまでも用があるのはお店の方でしょう。
なので、聞いても居ない愚痴を聞かされれば、当然
「面倒くさい!」となってしまうこともあるのです。

場合によってはクレーム事案に発展する可能性もありますから
お客さんに内輪ネタを愚痴るのはやめておいたほうが良いです。

⑥ネット上に愚痴らない

ネット上にバイト先の愚痴を書くのは…
↑に比べれば安全かもしれませんが、書く場所と内容に
よっては危険ですから注意しましょう!

もしも愚痴を言うなら、
絶対にバイト先の名前などを出さないようにすること、
そしてツイッターやフェイスブックなど、あなたを知る人が見れば
「あ、これ、あの人じゃん!」って思えてしまうようなところには
愚痴を書かないようにしましょう。

実際に私の店長時代に、アルバイトスタッフさんの一人が
他のアルバイトスタッフの愚痴をツイッターに書きまくっていたのが
発覚しています。

問題になってしまうと余計に面倒くさいことになりますから、
安易に愚痴は書かないことをおすすめします。

⑦メールやLINEでの愚痴も致命的

バイトと少しでも関係がある人に対して、
メールやLINEでの愚痴のやり取りは危険です。
メールやLINEは相手の方に「文章」として記録が残りますから
もしもそれをバイト先に見せられでもしたら
”愚痴”を言っていることが明るみに出てしまい、
言い訳もできなくなってしまいます。
文章として記録に残ってるわけですからね…。

誰に愚痴を言えばいいの?

愚痴を言ってはいけない相手を色々と並べてきましたが、
やはり愚痴の一つや二つ言わないとやってられないよ!と
いう人も居るかと思います。

再三書いている通り、愚痴自体は別に悪いものでは
無いのです。
愚痴を言うことでストレス発散ができれば、
それはそれで全然かまわないと思います。

ですが、愚痴が伝わってしまえば”面倒ごと”が起こります。
これだけは避けたいですよね

なので、愚痴を言う相手は
家族や”バイト先とは一切繋がりがない友人・知り合い”あたりに
とどめておくのが一番ベストなのではないかと思います。
愚痴を言いたくなる気持ちは分かりますし、
愚痴は悪い事ではないのですが、あなたが愚痴を言っている相手
にそれが直接伝わるとやりにくくなりますから…。

まとめ

どんなアルバイトでも、必ず何らかのストレスはたまると思います。
それは仕方のないことです。
愚痴を言うのも悪い事ではありません。

ですが、愚痴を言っていることを知られれば、やはり
相手も態度を変えてくる可能性がありますし、
余計にバイト先に居難くなってしまうことも考えられます。

流石に「愚痴を言っていたから解雇」ってことは無いと思いますが
相手によっては面倒なことに発展する可能性もありますから、
可能であればバイト先と全く関わりのない人間への愚痴までで
我慢しておくのが、一番安全ではあると思います。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする