バイト面接の長所と短所はどうすれば?気をつけるべき点!

アルバイト

店員Kです!

バイト面接の細かいポイントについてお話していこうと思います!
もちろん、店長によって考え方は違いますが、
私も元店長だったので、何回も面接をしました。

その際の知識も元に皆様のバイト面接に
役立てれば、と思います。

なお、バイト面接全体については
こちらの記事にまとめてあります。

今回は、バイト面接でも聞かれることが比較的多いであろう質問、
「あなたの長所と短所を教えてください」について
書いていきます!

長所と短所を聞かれたら…?

バイト面接において、トップ10に入るぐらい、よく聞かれる内容が
この「長所」と「短所」です。
面接をしていて、聞くことに困ってしまったりしても、
とりあえず長所と短所を聞いておいたり…(汗)

まぁ…余談は置いておいて、
この長所と短所、
無難な受け答えが出来ているのであれば、そこまで神経質にならなくても
大丈夫な質問ではあります。

ただ、もちろん、意味もなく質問するわけではないですから、
受け答えの方法によっては、
マイナスポイントにされてしまう可能性も十分にあるわけです。

そのため、下記のようなポイントには注意するようにしましょう!

ただ、ポイントさえ押さえてしまえば、
そこまで難しい質問ではありませんから、
ポイントだけ覚えておくようにしてください!

長所の答え方

長所は、そのバイト面接先に合うような内容の場合プラスになります。
例えば、接客業の場合は「人と話すことが好き」だとか、
洋服関係の場合は「ファッションに興味があり、センスがある」だとか、
本屋の場合は「本が好きでよく読んでいるので、知識量は~」
だとかそんな感じですね。
王道ではありますが、これで良いのです。

もちろん、明らかに嘘だとばれてしまうような言い方はまずいですが
ある程度の知識があるのであれば例え好きでなくても、
好きって言ってしまっても大丈夫です。

ただし、何らかの質問が返ってくる可能性はありますから、
その点は想定して答える必要はあります。

気を付けたいのは、バイト面接先と全く関係の無い、
プライベート的な事を長所にあげたり、
印象の悪い長所を言ったり
(人を騙すのが上手です、とか)するのだけはやめておきましょう!

短所の答え方

短所は、ただマイナスになって終わってしまうような答え方は
控えた方が良いです。
例えば「よく遅刻して、約束を守りません」だとか
「飽きっぽくて、やる気がありません」だとか、そういう
マイナスにしかならないようなことを言うのはやめましょう。

「〇〇なのですが、バイトを通じて〇〇していきたいと思います」
だとか、短所を言ったあとに、
でも〇〇で改善していくことを目指します!みたいな感じの、
短所を打ち消すような言い方をするのが良いと思います。

「何でも自分で抱え込んでしまう性格ですが、
バイト先では協調性が大事だと思いますので、
一人で抱え込まずに先輩方と協力して~」

みたいな感じでしょうか。

マイナスな一面(短所)を答えた後に
ですが、その面を〇〇(未来への展望)を答えることが重要です。

履歴書と一致させる

履歴書にも長所や短所を書くスペースがある場合もあります。
ここに書いた内容と面接中に答えた内容が全く違うと、
面接している相手も「あれ?履歴書と書いてあることと違うぞ?」と
疑問を抱くかもしれません。

そのため、履歴書に長所と短所を記入する欄があった場合、
そこに記入した内容は覚えておき、
全く同じ文章で答える必要はありませんが、
同じ意味になるように答えるようにしましょう。

くれぐれも、履歴書に書いてある長所と短所、
内容が違わないようにすること、万が一違ってしまっても
最低限「矛盾」は無い様にして下さい。

例えば、履歴書には「集中力が無い」と短所で書いたのに
面接中は、長所で「集中力があります!」なんて言ったら
失笑されてしまいます…!

挙動不審な答え方はNG

挙動不審な答え…これは逆にマイナスになります。
答えの内容がたとえ、どんなに立派だったとしても、
答えるときに、言葉に詰まっていたり、「あの…」みたいな
ハキハキしない印象を与えてしまうとこれも逆にマイナスです。

長所、短所を尋ねる際には、長所、短所の内容だけではなく、
面接相手の仕草や話し方なども見ている場合が多いです。
むしろ、目的の半分はそちらと言っても良いでしょう。

そのため、ここでハキハキした答え方が出来なかったり
挙動不審な感じでの受け答えをしていると、逆に悪印象を与えてしまう
ことがあるのです。気をつけましょう。

嘘はやめた方が良い

どんなに自分を良く見せたいからと言って、
長所、短所で嘘をつくのはやめましょう。

「嘘」と言っても、ある程度の嘘は良いです。
「答えられない嘘」はやめましょう、ということです。

例えば、短所を改善していくつもりが無くても
「今後、改善していきます」みたいな嘘をつくのは良いです。

ですが、全く興味が無いのに「本をよく読むので、文章を~」みたいな
ことはやめておきましょう、ということです。

長所や短所の回答に「突っ込み」の質問をしてくる
面接相手もいますから、油断してはいけません。
もしも突っ込まれても答えられる範囲での「嘘」なら
問題ありませんが、そうでない「嘘」は危険だということです。

まとめ

長所と短所、そこまで重要な位置付けの質問ではありませんが、
つまらないところでマイナスになってしまわないようには
注意しましょう!

無難な答えと、ちゃんとした受け答え、
履歴書との矛盾が無い様にさえ気をつければ難しい部分では
ありませんし、そこまで重要視される部分ではありませんので、
注意点にだけ気をつけてサクサクッと乗り越えましょう^^