バイト先店長の暴言に悩む皆様へ!元店長の店員Kが語る対処方法!

店員Kです!

知り合いにも何人か居たのですが、
アルバイト先の店長に暴言を吐かれて嫌な思いをしたり、
精神的に参ってしまったり…

結構、バイト先の店長の「暴言」に苦しんでいる方も
多いですよね。

そこで、今回は元雇われ店長の店員Kが
”暴言店長”の特徴・対処法・叩き潰し方。
全てを伝授致します。

ちなみに、私はアルバイトスタッフさんに対して暴言を吐いたことは
ありませんし、理由はどうあれ、暴言を吐くような店長は、
管理職不適合。即刻、消えるべきだと思っています。

では、暴言店長の対策を見ていきましょう!

スポンサーリンク

バイト先で暴言を言われた…

アルバイト先で暴言を言われた…。
もしくは言われ続けている…
そんな方も多いかと思います。

暴言を言われて、あなたが一度「怖い」と感じてしまったら
もう二度と修復不可能です。
あなたはそのバイトに居る限りずっと店長に「怯えながら」
働いていくことになってしまうのです。

そんな状況 イヤですよね?

暴言を吐く店長というのはもともとの性格です。

私も店長を経験したから分かるのですが、
基本的に店長になってしまうと、店長にブレーキをかける人間が
居なくなってしまいます。

せいぜい、時々本社の人間が視察しに来るぐらい。

つまり、やろうと思えば、なんでもできてしまう。
店長の独裁状態なのです。

私のように、ちゃんと(?)上手くやる店長も居れば、
暴言を言いたい放題吐きまくる店長も居るわけです。
立場的に一番上なのが店長であり、上司も、同じポジションの
人間も居ないわけですから、一度”暴走”してしまった店長の
性格を直すことはできません。

なので、排除するか、逃げるか、耐えるか。
その3つしか道はありません。

なぜ店長は暴言を吐くのか?

擁護はしませんが、店長というのはなかなかストレスが貯まる立場です。
なので、立場的に弱いアルバイトさんに八つ当たり(?)をし、
暴言を吐いている、という店長も多いです。

または、単に「店長」という立場に立って、自分は偉い、と勘違い
してしまった勘違い野郎か…。

そのどちらかである場合がほとんどかと思います。

まぁ、いずれにせよ、店長として不適合なのは間違えないことです。

暴言の受け止め方

暴言をイチイチ真に受けていたら、心が持ちません。
なので、話半分に聞くのが一番です。
勿論、ミスで怒られている場合、そのミスに対しては次回以降
気を付けた方が良いですが、その他の暴言については軽く受け流してください。

「そんなんじゃ、社会ではやっていけない」だの、
「お前、人として最低だな」だの、
「お前はおかしい」だの、
そんな言葉を真に受ける必要は一切ありません。

よく、真剣に
「自分はおかしいのか…」などと悩んでいる人を見かけますが、
オカシイのは店長の方なのでご安心下さい。

また、社会ではやっていけない などと言われるパターンも多いようですが、
暴言を吐くような店長のいる店は”社会”などではなく”無法地帯”です。

なので、気にしなくて大丈夫です。
社会では十分やっていけます。

見極め方

自分にも悪いところがあるのではないか…?
嫌われているのは自分だけなのではないか…?

そんな風に悩んでいる方も時々見かけます。

これは、周囲の他のバイトスタッフさんを見てれば分かります。

例えば、やたらと辞めていく人やバックレするスタッフさんが
多い店舗は誰が悪いか原因は明らかですよね。

そのお店の”店長”が毒なのです。

前の記事で書きましたが、私がバイト時代、とある店長の代だけ
バックレや退職者がかなり増加していました。

こういう場合は”店長”が悪いのです。
貴方に悪いところは一切ないと言っても間違えではありません。

逆に周囲が誰も辞めず、周りに相談してみても、誰も何とも
思っていない場合は、
貴方が何か嫌われるようなことや重大なミスをやらかしてしまったか、
店長に個人的に嫌われてしまっているか、の可能性も…。

まぁ、いずれにせよ暴言は許されないことなので、
貴方だけが悪いわけでは無く、一番悪いのは店長です。

言われた時の対応

言われている時は悔しくて、腹立たしいと思いますが
とりあえず謝っておいてください。
例え正論でも、反論すると、そういう相手には言葉が通じません。
余計に逆上します。

人に暴言を吐くような人間はまともな人間ではありません。
なので、あなたが正論で反論しても、余計に怒らせるだけです。
その場は耐えて、早く店長の怒りを鎮めましょう。

対策については下で書きます。

暴言実例

私が遭遇した暴言の実例を見ていきましょう。

・「アイツ使えねーな!」と大声で言う
・「お前のやり方が気にいらねぇ」
・「お前、ころすぞ」

など、、とんでも無いお言葉が多いです。
勿論、もっと酷いことを言われている人もいるでしょう。

暴言店長への対策

では、ここからは暴言店長への対策。
暴言を吐く店長は、基本的に直接「やめてほしい」と言っても、
聞いてもらえない場合がほとんどでしょう。

では、どうするか。。
耐える方法もありますが、バイトでそこまで苦しむ必要は
ありません。

ベストは逃げること!

まず、逃げる場合。
「逃げる」と書くと、嫌な感じですから「戦略的撤退」としても良いですね。

バイトなんて腐るほど世の中にはあります。
わざわざ暴言を吐いてくる店長の元で働く必要なんかありません。

「社会ってこんなものなのかな…」と
初めてのバイトだと思ってしまうかもしれませんが、違います。

普通はそんな暴言なんか吐かれません。
あなたは「たまたま」ハズレを引いてしまったのです。

私も色々な店長を見てきましたが
半々ぐらいですね。
良い店長と悪い店長…。

なので、「これは無理だ!」と思ったら退職しましょう。

2週間前に伝えれば法律上は問題ありません。

退職の意思を伝えて、何か文句を言われるかも知れませんが、
そのまま辞めてしまえばOKです。

しつこく電話をかけてきたり、家に押しかけてきたら、
訴えるなり、会社にクレームを入れるなりすればOKです。

「辞めるな働けや」
みたいなことを言われても気にせず、辞めれば良いのです
↑ここで「辞めさせてくれない」と、そのままずるずる働き続ける人が居ますが、
それはダメです。
「お伝えはしましたので、○○日で辞めさせていただきます」
これでオッケーなのです。

また、友達などに相談すると、
「すぐに辞めるクセがつくよ」などと言われることも多いようですが
それはその友達が「暴言店長の辛さ」を知らないからです。

辞めクセなんてそう簡単についたりはしません。
安心して辞めて大丈夫ですよ。

また次のバイトで頑張れば良いのですから。

護身用…

店長の暴言が酷い場合は、少しお金がかかってしまいますが、
護身用にボイスレコーダーを購入することをおすすめします

おすすめはやはりコレですかね。

場合によっては、あえてボイスレコーダーを店長にちらつかせるのも良いです。

”録音されてるかもしれない”
そう思わせることで暴言が落ち着く可能性も。

基本的に店長は”自分の立場を失う事を恐れています”

なので、自分の暴言が録音される危険を察知すれば
途端に態度を変える可能性は高いのです!

店長に一矢報いたい!

ただ辞める…というのも悔しいですよね。
貴方は暴言で苦しんだのですから。。

どこのバイト先でも、個人店などでなければ、
本社があるはずです。
コンプライアンス相談~みたいな窓口があればそこでも良いですし、
なければお店の上司や本部社員にメールか電話で、
「店長から暴言を言われている」と伝えましょう。

勿論、そのままもみ消される可能性も高いですが、
会社によっては対処してくれる可能性もあります。

私はとあるバイト先で本社に連絡し、その結果、
降格になった方も知っています。
なので、可能性は0ではありません。。

勿論口頭で伝えても良いのですが、
上でも書いたように、
ボイスレコーダーやスマホアプリなどで暴言を
”録音”しておけば、
店長に大打撃を与えることができます。

降格等にならなかったとしても、
本部社員の記憶の中には残りますし、
その店長自身も気まずい思いをするでしょうから。。

辞める前に、どうしても悔しくて自分の気持ちの整理がつかない!
という場合は、試してみると良いですよ。

まとめ

店長からの暴言。
これは”問題行為”です。

パワハラとかに当たるものです。

例えあなたがミスをしたのだとしても、
「殴るぞ」だの「辞めろ!」だの暴言を店長が吐いているのであれば
店長が悪いです。

店長はスタッフさんのミスを受け止め、指導するのが仕事です。
暴言は指導ではなく、ただの言葉の暴力です。

なので、暴言を吐かれている皆様、
「自分が悪いのかな…」と悩まないでください!

悪いのは店長です。

だから自身を持って行動して下さい!
苦しい環境で働く必要はありません!
悪質店長のもとから、一刻も早く離れましょう!

暴言を吐く店長は治りません。
一種の病気なのですから。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする