スマートフォンが手放せない!スマホへの依存を断ち切る方法9つ!

店員Kです!

今や多くの人が持っているであろうスマートフォン。
ガラケーの人も居るとは思いますが
最近はスマホの人が非常に多いですよね。

中にはスマートフォンが手放せなくなってしまって
スマホ依存してしまっている人も居るぐらいです。

まぁ、日常生活に支障が出ていないのであれば
スマホを常に触っていても構わないとは思いますが
日常生活に支障が出てしまっていたり、本人が
「やめたい」と思っている場合は、
スマートフォンから離れる努力をしなくてはなりません。

今回はスマートフォンへの依存から解放(?)
されるための方法を書いていきます!

スポンサーリンク

スマホ依存対策!

スマートフォンに依存してしまうと、本当に毎日、常に
スマートフォンをいじっているようになってしまいます。
仕事中もスマホを見てしまったり、
トイレやお風呂にまでスマホを持って行ったり、
スマホと一心同体になってしまっているかのような
人までいます。

実際に私の知り合いにも、入浴中にスマホを…
なんて人も居ました。

では、スマホへの依存を断ち切るための方法を
紹介していきます!

①スマホ以外の楽しみを見つける

スマホをいじる時間が多くなってしまう理由…
それが「スマホが一番の楽しみ」になっているからです。
スマートフォンを仕事上の理由でいじっていることも
あるかとは思いますが、多くの場合はプライベート上の
理由だと思います。

そこで、スマートフォンを触ること以上に楽しい趣味を
見つけてしまえば、スマホをいじる時間も必然的に
減るでしょう。

私の場合、他の趣味があって、そちらに時間を使っているので
スマホだとか携帯をいじる時間はかなり少ないです。
本当に連絡が来た時ぐらい。

なので、他にスマホよりも楽しい趣味を見つけることができれば
スマホを操作する時間を大幅に減らすことに成功するはずです

②連絡相手を絞る

スマホの操作時間が長いことの原因の一つに、
人とのやり取りが多いことが挙げられると思います。
LINEやメールなど、
何かメッセージが来るたびにスマホを開いてやり取りしてしまう。

その気持ちは分かります。

ですが、連絡のやり取りをしている相手の中には
正直に言ってしまえば
”たいして連絡のする必要のない人”も混じっていると思います。

冷たいようですが、そういった相手との連絡を絶ち切って
しまうことで、スマホの操作時間を減らすことができるはずです。

断ち切る、と言っても、ブロックするとかではなくて
必要以上にこちらからメッセージを送ったりしないようにする、と
いうことです。

そうするとそのまま自然消滅する人も出てくるでしょう。
結果的に連絡頻度を減らすことができると思います。

「そんなこと…」と思うかもしれませんが
本気でスマホ依存から抜け出したいのであれば必要な対応です。

③スマホ依存対策アプリの利用

今では、色々なスマホ依存対策アプリが
出回っています。
無料のものもあれば、中には有料のものも。

そういったものを利用してみるのも一つの手段ですね。
結構な種類があるので、色々と自分で探して
無料のものであれば試してみると良いと思います。

ただ、そう言ったアプリが効果が出るかどうかは人それぞれ
ですから、不明ですし、
逆にアプリ探しに盛り上がってしまって、
スマホをいじる時間が増えてしまう可能性も否定はできません。

④不要なアプリの削除

不要なアプリは消してしまいましょう。
特にお気に入りなアプリでもなく、必要性のあるものじゃないけれど
何となくダラダラと遊んでしまう…
みたいなアプリは全て消してしまうことをおすすめします。

”スマホをいじる理由”を一つ一つつぶしていくことで
スマホの操作時間を減らすことが可能になります。

アプリの削除もそうです。
遊べる、使えるアプリが多ければ多いほど
スマホをいじる理由が増えていくわけですから、
その点は注意しなくてはなりません。

本当に必要なアプリと、自分が楽しみたいもの以外は
消してしまうことをおすすめします。

⑤スマホでのゲームをやめる

スマホの操作時間が長くなる要因の一つが
スマホゲームですね。
ゲーム系のアプリを入れれば入れるほどスマホを
いじる時間は長くなるはずです。
課金系のアプリにはまりでもしたらもう大変です。
お金も消費しますし、スマホの操作時間は長くなりますし、
スマホ依存に悩む方にとっては、大変大きな要素になります。

ゲームをスマホではしない。

そうすることによってスマホを触る時間を減らすことも
出来るはずです。
家庭用ゲーム機を代わりに楽しむのも良いかもしれませんね。

⑥代用できるものは他で代用する

何でもかんでもスマートフォンを使う癖がついていると
スマホ依存の度合いも上がると思います。
スマホ依存から抜け出すためには理由の一つ一つを
潰していく、と先ほど書きました。

なので、まず、パソコンでも出来るような作業は
スマホではなくパソコンを使うだとか、
目覚まし時計変わりに使っているのであれば、
スマホの使用はやめて目覚まし時計を使うだとか、
不便なこともあるかもしれませんが、なるべくスマホから
離れられるように心がけていきましょう。

⑦通信量に制限をつける

ネット接続が出来るからこそ、ネットを眺める時間が増えて
結果的にスマートフォンを使う時間も長くなる…
そういう傾向もあると思います。
でしたら、そのネットの方にも制限をかけることをおすすめします。

格安スマホの安いプランだとか、
プランによっては制限がかなりキツメのものもありますが
そういったものをかけることで、ネットをダラダラと見つめる
ことも無くなり、結果的にスマホの操作時間を減らすことが
できるようになるかと思います。

⑧スマホと一緒に移動しない

なぜスマホをいじってしまうのか。
それはスマホが近くにあるからです。
スマホと一緒に行動しているからです。

では、どうすれば良いのか。
スマホから離れれば良いのです。

例えばお手洗いや浴室に持って行っている人は、
まずはそれをやめましょう。
本来、持っていく必要なんてありません。

また、就寝時もベットの横にスマホを置くのは
やめた方が良いかもしれません。
何かにつけてスマホが気になってしまって、睡眠時間を
削るようなこともあるかもしれませんから、
寝るときはスマホから離れることをおすすめします。

⑨通知機能のオフ

通知機能があると、メッセージなどが届くたびにそれを
知らせてくれます。
便利な機能ではありますが、通知されると
やっぱりスマートフォンを見に行ってしまいますよね。

スマホの依存を断ち切るためにはそれは良くありません。
通知をオフにして、1時間に1回程度の確認でも十分だと思います。
仕事上のやり取りをしている場合などは別かもしれませんが、
そうでない場合に関しては、1時間に1回の確認でも
全然問題はないかと思います。

それでも十分やり取りすることは可能だと思いますし、
即座に応答する必要もありません。
人とスマホは一体化しているわけではないのですから、
返事が数時間後でもなんら問題はないでしょう。

まとめ

上記はあくまでもスマホに依存してしまって、
そこから抜け出したいと考える人のことです!

一般的な頻度の使い方であれば問題はないと思いますし、
別に遊んでようが通知がついていようが、
良いかと思います。

ただし、依存症状態になってしまって、
そこから抜け出したい!と考えるのであれば
早めに対策する必要がありますし、
上記のようなことをして、多少不便であっても
それを継続することです。

少しずつ”スマホを使う理由”を潰していくことが
スマホ依存解消への第1歩です!

まぁ、一番の依存解消法はガラケーに変えるか
そもそも持たないことなのですけどね。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする