夫婦が離婚する原因は?離婚の理由として多いもの10パターン!

店員Kです!

世の中には離婚をする夫婦も多数います。
結婚する時には「離婚するかもしれないなぁ」なんて思いながら
結婚する人は少数だと思います。

誰もが、最初はある程度前向きな気持ちで
結婚する場合がほとんどでしょう。

ですが、実際に結婚してみると待っていたのは
理想とは違う現実。

そして最終的には離婚に至ってしまう…
なかなか結婚生活というのも難しいものです。

今回は離婚の原因について語っていきます。

スポンサーリンク

離婚の原因は?

夫婦が離婚してしまう原因…。
これには色々とあります。
100の夫婦が居れば、100通りの答えがあると思います。

ですが、分類すれば、ある程度の理由に
絞ることはできると思います。
大抵の場合はこれから書いていくような事柄が原因で
夫婦の離婚に至っている場合がほとんどだと思います。

それでは、離婚の原因として多いものを
順番に見ていきましょう!

①相手の本当の姿が見えてきた…

結婚する前…
つまり付き合っている時って、案外、知っているようで
相手のことを知らないものです。

共同生活をし始めることによって、
初めて見えてくる相手の”嫌な一面”というのは必ずあると思います。

完璧な人間など、この世には存在しませんから
仕方のないことです。

ですが、人によってはその差が激しい人も居ます。
結婚して、同居するようになってから突然豹変するような人も。

”こんなはずではなかった”と
早い段階で離婚に至ってしまうケースもあるようです。

また、性格の不一致や、
相手のおかしな点などに嫌気がさすパターンもあるようですね。

②相手の暴力

まぁ、これは論外ですね。
例え、暴力されている側に何か問題があったとしても、
暴力を振るえばその時点で100パーセント振るっている側に問題があります。

暴力の存在する夫婦は長続きしないでしょう。
むしろ、必ず破綻すると思います。

そのまま無理して関係を続けていれば、いつか事件に
発展してしまう恐れもありますし、
そんな状態で子供が生まれてしまっては、もしくは子供が既にいる場合
子供への影響も計り知れません。

小さい頃から親の怒号を聞いて育った子供がどうなるか。
…きっと、どこかに心の傷を負った人間になってしまうと思います。

離婚原因として暴力が挙げられるのは、当然ですよね。
私も、片方が暴力を振るう人間なのであれば即刻別れるべきだと思います。
自分のためにも、相手のためにも。

③仕事ばかりで家族を見ない

これも離婚原因になってしまいがちなパターンですね。
現代のサラリーマンは忙しいです。
それはたしかです。
サービス残業のようなものも横行していますし、
嫌でも安月給の人も多いですから、残業をせざるを得ない!
とそういう人も多いわけです。

ですが、仕事人間になってしまっては家庭環境の方には
ヒビが入るのは当然ですよね。
居ても、居なくても~みたいなことになってしまうかもしれませんし、
子供がいる場合、子供と満足にコミニュケーションも取れないまま、
子供の悩みへの相談などにも乗れないまま、
子供が成長していく可能性もあります。

どんなに仕事が忙しくても、少しは家族と向き合う。

結婚した以上、それも責務の一つなのかもしれません。
それが出来ないのであれば最初から結婚という道は
選ばない方が良いでしょうね…。

④浮気などによる離婚

浮気…これは結婚生活を終わらせる大きな原因ですね。
浮気された側は当然、疑心暗鬼になりますし、
浮気している側も、既に相手から心が離れている、ということになります。
結婚相手と、強い信頼で結ばれていればそのような行為には
走らないでしょう。
浮気してしまう、ということは、
自分では否定しても少なからず”相手への気持ち”が薄れている証拠です。
そうでなければ浮気などしないでしょう。

浮気したあとに、謝ってそのまま続く家庭もあります。
ですが、一度でも浮気をするような人は「浮気属性」であることは確か。
そのため、離婚の道を選ぶ夫婦も少なくありません。

私ももし浮気されれば即座に相手から身を引くでしょうね。
一度する人は、何度でも繰り返す。私はそう思います
(繰り返さない人はたまたま運が良いだけ)

⑤相手家族との不仲

義理の家族との不仲が原因となり、離婚に至ってしまう
可能性もあります。
義理の親から常に何か言われ続ければ、嫌になるのも当然ですよね…。

防ぐためには、双方で話し合って、絶縁も視野に入れるしか
ないと思いますが、ないかなか難しいと思います。
いつの時代にも毒親みたいのもいますから、
なかなか難しいところですよね。

⑥飲みすぎによる離婚

飲みすぎ…酔って性格が豹変する…
けれども飲むのは止められない。
これ、離婚の原因ですよね。

飲むのと、相手、どっちが大事なのか。という話になります。

悪酔いする人は基本的に、それを治すことはできません。
どんなに注意したって、酔ったときは、そうなってしまうのです。

ですから結婚相手に、嫌だと言われた場合、
自分で飲むのを自制するしかないのですが、
これもなかなか難しい人が多いようです。
残念ながらこれが理由で離婚に至った知り合いも実際に居ます。

⑦言葉の暴力

暴力は振るわないまでも嫌味ばっかり言ったり
ネチネチネチネチ小言を言ったり。
そんな相手といつまでも一緒に居たくない!と考えるのは
当然だと思います。

暴力も酷いものですが、言葉の暴力も時として
暴力以上に酷いものに早変わりすることもあります。
この点もしっかりと気を付けましょう

⑧金銭的な問題

金銭的な問題が離婚に繋がる可能性もあります。
例えば隠していた借金があったりだとか、お金を浪費してしまう癖が
あったり、または収入を全て自由にコントロールしてしまって、
相手の事を何も考えられない人だったり…

そういった金銭関係の問題点や不満点が離婚に
繋がってしまうこともあります。

なるべくクリーンな金銭状態を心がけたいものです。

⑨健康的な問題

病気などから止むを得ず離婚したり、することもあるようです。
精神的な病気などでも、離婚の可能性はありますね。
病気は仕方がないじゃないか!と思う方も居ると思います。
病気はたしかに仕方がないです。
ですが、それと婚姻生活においては話は別です。

無情なようではありますが、病気が離婚の原因に
なってしまうケースも実際にあります。

⑩仕事上の問題

リストラされたりだとか、突然自営業を始めたいといいだしたりだとか、
仕事上の変化が原因となるケースもあります。
収入面に不満を持つ人も少なくはないと思いますし、
会社の異動辞令などにより夫婦関係が終わったり、
単身赴任のうちに冷めてしまったりだとか、色々あるようです。

また、仕事をしたいのに、専業主婦(夫)でいろ、みたいな
意見の擦れ違いが始まってしまったり…。

仕事に関係する部分も、案外離婚に繋がってしまうことは
あるみたいですから、要注意です。

大切なのはやはり、きれいごとみたいな言葉ですが、
お互いに相手のことを思いやる心でしょうか。

それが、なかなか難しいのですけどね…。

まとめ

世の中には離婚している夫婦も大勢います。
それだけ気軽に離婚できるようになった…
ということですね。

子供がいる場合は、子供のことまで考えてしっかりと
判断しなくてはいけませんが、
子供がいない場合はその限りではありません。

辛いのであれば、無理してそのような環境に身を
置く必要はありません。
相手と話し合ってみても、相手が応じない場合は
もう無理でしょう。

悲しい事ですが、無理だと思ったらズルズル長引かせずに
離婚した方が良い場合もあります。
ただ、繰り返しになりますが、子供がいる場合は
子供のことも考えてあげてください!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする