背中の手が届かない場所が痒い場合の対処法7つをご紹介!

日常生活

店員Kです!

背中の手が届かない部分がかゆい…
そんな経験はありませんか?

私は結構、昔から皮膚が弱いので、
背中に湿疹ができることもありました。

日に当たるとかぶれる体質なのですが、
それとは関係なく、背中も時々…。
やはり、私自身の皮膚が日差しもそうですし、
色々と弱いのでしょうね…

なので、背中の手の届かない場所をかくために
(本当はかいちゃいけないのですが笑)
色々な手段を使ったものです。

今回は背中の手が届かない部分をかくための
方法をご紹介していきます。

手の届かない場所のかゆみ

手の届かない場所のかゆみ…辛いですよね。
かきたくてもかけない。頭がおかしくなりそうなぐらい
苦しいときもあると思います。

そんな時にどうすれば良いのか。

もちろん、そのまま我慢できるのであればそれが
一番良いのは確かです。
湿疹は、今まで何度も経験があるので言いますが
かいて治ることは絶対にありません。
かけばかくほどひどくなります。

ただし…我慢できないレベルのかゆみの場合は
少しぐらいかいてしまっても仕方がない…
そうとも思います。

かゆいときって本当に他のことができないぐらいに
「かゆいー!」ってことも結構ありますからね…。

「かいちゃダメだ!」と言われても、
本当にかゆいものはかゆいのです…

①孫の手を使う

世の中には孫の手と言う、手の届かない場所をかいたり
するための夢のような道具があります。
これがあれば、背中の手の届かない場所でもかくことができます。
もちろん、かきすぎてしまうのはいけないことですが、
ある程度であれば仕方がないかと思います。

ずっとかゆみに耐えながら普通通りの生活を送る!っていうのも
なかなか無理な話ですし、
孫の手をひとつは用意しておければ、良いかもしれません!

ちなみに孫の手は数百円で手に入るものもあれば
数千円で手に入るものもあります。
個人的には、かく時ぐらいしか使う道は無いと思いますから
それほど高いものを選ぶ必要はないかと思います。

②誰かにかいてもらう

近くに人がいるのであれば
背中をかいてもらうのも一つの方法です。
もちろん、その人が「かいちゃダメだ!」って言うタイプの人だと
かいてもらえないかもしれませんが、その場合は
全力でお願い(?)しましょう^^

痒い場所を伝えるのはなかなか大変かもしれませんが、
適当に掻いてもらえれば、そのうちピンポイントに
ヒットすると思います。

③壁や柱を使う

周囲に人がいる時は、あまりやらない方が良いと思いますが
(おかしな人に見られる 笑)
周囲で誰もあなたのことを見ていない場合は、背中を壁につけて
こするのも一つの方法です。
壁や柱が背中を掻いてくれることでしょう。

ただ、注意したいのは、汚い壁を使ったりだとか
木の柱(トゲがささる)は避けるようにして、
安全な場所(?)で背中を掻くようにしましょう。

あと、大丈夫だと思いますがペンキ塗りたて!みたいなところで
背中を掻いたりだけはしないように注意してください!

背中がペイントされてしまいます!!

④シャワーを浴びる

自宅ならいっそのこと、シャワーを浴びて、お風呂に入ってしまうと
いうのも一つの手段です^^
シャワーに入ると、背中の痒い部分も一緒にお湯で流せてしまいますから、
かゆみも止まるかもしれません。

個人的感想ですが、少なくとも私の場合は、かゆみが止まりましたね…

湯船につかるのも、場合によっては良いかもしれませんが、
熱くすると逆にかゆくなる!という人も居ますから
このあたりは個人差があります。
自分で試してみて、もしも「合わない!」と思うのであれば
やめることをおすすめします!
感じ方は人それぞれですから…。

⑤かゆみ止めを飲む

もしもアレルギー薬だとか、皮膚科などからもらった
かゆみ止めの薬があれば、それを飲むのも一つの手段です。
すぐに効果を発揮してくれるものは少ないですが、
ある程度の時間耐えていれば、効果が出てくることもあります。

ただ、かゆみ止めは飲んでも、
経験談として、かゆみが止まらなかったことも
何度もあるので「今痒いんだよ!」と言う場合は
どうにもならないかもしれません。

⑥冷やす

保冷剤を冷凍庫か何かに用意しておき、
痒くなったらそれを床において、その上に寝転ぶ。
これはそこそこ効果がありましたよ!

ただ、服の上からにしてくださいね。
直に保冷剤を皮膚にあてると
低温やけどなどの可能性もありますし、皮膚に良くないので
絶対にやらないようにしてください。

保冷剤戦法(?)は便利なので、よく背中がかゆくなる方は
冷凍庫で保冷剤を冷やしておくと良いかもしれません。
この方法なら、誰も居なくても出来ますからね…。

⑦寝てしまう

寝れれば…の話ですが、寝てしまうと、
かゆみもその間は忘れることができます。

ただ、私の場合、背中が痒すぎてそもそも寝れないことも
多かったので、あくまでも寝れる人限定の方法です。
かゆみを我慢しながら寝る…個人的にはきつかったです^^

まとめ

痒い場所があるのに手が届かない。
本当に辛いですよね。
私も小さい頃はよく、もがき苦しんでいました(笑)
最近は↑のような知恵(たいした内容じゃないですが)も
ついたので、背中のかゆみに苦しむこともなくなりました。

もちろん、かかずに我慢できればそれが一番良いのですが、
日常的にかゆみに襲われている私からすれば、
それが出来れば苦労しないよ!という意見も良く分かります。

痒いと、本当に辛いですからね…。

コメント