相手から年賀状が届いた場合の返事の方法はどうすれば?

店員Kです!

こちらから年賀状を出していないのに、
相手から年賀状が届いてしまった!

そんなこともあるかと思います。

特に、年賀状のやり取りを普段からしているような人だと、
「この人はもう出さなくても良いかな…」と思って
年賀状を出さなかった人から年賀状が届いてしまったり、
予期せぬ人物から年賀状が届いてしまったり、
色々なパターンが考えられます。

こちらから年賀状を出していない相手から
年賀状が届いてしまった場合は、どのように対応すれば
良いのかを書いていきます。

年賀状に対する返事はどうする?

こちらから年賀状を出していない相手からの年賀状。
急に来ると焦る人も居れば、嬉しい人も居るかと思います。

ですが、どうでも良い相手であれば、別に何もしなくても
良いかと思いますが(辛辣 笑)、
仲の良い相手だったり、今後も付き合いがありそうな相手の場合は、
しっかりと返事をすることをおすすめします。

流石にノーリアクションだとあまり良くないですからね…
(それでもいいよ!と言う人もいるかもしれませんが…)

ただ、年賀状には年賀状を!と、
無理して年賀状を返さなくても大丈夫です。

年賀状のやり取りをしていない人であれば
年賀状の用意がそもそもないでしょうし、
年賀状に印刷して、送っている人だと、
印刷した年賀状を切らしていて、再度印刷するのが
面倒くさいなぁ~なんてこともあると思います。

ですから、無理して年賀状で返事を返さなくても
自分なりの方法で返事を返せばそれで十分だと思います。

それでは、年賀状を含めた返事の方法を書いていきますね!

①年賀状

まぁ、手持ちに年賀状のあまりがあるのであれば
それで返事を書いてしまった方が一番手っ取り早いですし確実です。

相手の年賀状に対する返事、ということで、
相手の年賀状に書かれていることに対する応答のメッセージか何かを
適当に(失礼w)書いて、送り返せば良いのではないでしょうか。

また、裏面に印刷して送っている方の中には、
もう印刷されたハガキを使い尽くしてしまった!という人も
居るかと思います。

ですが、その場合は、無理して印刷せずに、
別に手書きの年賀状でも良いわけですから、
再度印刷したければしても良いですし、
手間だなぁ…と思うのであれば手書きの年賀状で送り返しても
大丈夫です。

相手はそこまで気にしません!

②普通のハガキで返事を書く

年賀状を切らしていたり、年賀状をそもそもやってない!という場合は
別に年賀はがきじゃないと、年賀状を出してはいけない!と
決まっているわけではないですし、返事であれば、郵送上も遅れるとか
そういうのも気にしなくて良いですから、
年賀はがきではなく、普通のはがきで返事を出してしまうのも
1つの方法です。

普通のはがきも無い!と言う場合はわざわざ買う必要はないと思いますが、
普通のはがきがご自宅に眠っているのであれば、
それを使って返事を書いてしまいましょう。

「年賀はがきじゃないと相手に失礼なのでは?」と
思う人も居るかもしれませんが、
そんなことを気にする人は、まずいませんから心配しなくても
大丈夫ですよ!

③電話でお礼を言う

年賀状やはがきでの返事が面倒な場合は、
電話で、お礼を言うのもOKだと思いますよ。
相手も、別に年賀状でなくても、お礼を言ってもらえれば、
それで十分なはずです。

まぁ、相手の電話番号を知らなければこの方法でお礼を
言うことはできませんが、
相手の電話番号を知っているのであれば、年賀状を貰ったら
電話を1本入れて、直接話をしてみるのも良いと思います。
(もちろん、電話をかける時間帯などには気をつけて下さいネ)

年賀状だと、正直に言ってしまえば
”定型文”的なお礼で終わってしまう可能性も高いです。
なので、案外、電話の方が気持ちは伝わるかもしれませんよ。

④メールやLINEでお礼を言う

今の時代らしいやり方。メールやLINEで
「年賀状ありがとう!今年もよろしく!」みたいな感じでお礼の
メッセージを送れば、それで十分だと思います。

年賀状を出してきた相手が目上の方だったりする場合は話は別ですが、
友達だとか、後輩だとか、そういうポジションの相手であれば、
そのほうが寧ろ、やりやすいかと思います。

もちろん、電話のときと同様に、相手の連絡先を
知っている必要はありますが、
知ってる場合は、メールやLINEで返事をすれば、
良いと思います。

ただ、注意したいのは年配の方が相手だったり、
上司の方が相手の場合は、年賀状には年賀状で返すべきと
思っている方も居ます。
その場合、LINEやメールで返事をすると変に反感を買う
可能性も0ではありませんから、
メールやLINEの世代ではない人間が相手の場合は
年賀状、もしくははがきでの返事の方が良いかもしれません。

⑤直接会ったときにお礼を言う

特に急いでいない場合は、次に直接あったときに
「年賀状ありがとう」だとか、
「年賀状ありがとうございました」だとか、
そんな感じでお礼を伝えれば十分かと思います。

何の声かけもしないよりは全然良いと思いますし、
その一言だけでも、十分、感謝は伝わるはずです。

ただ、普段直接会わない人だとか、
会うのが1ヶ月以上先だとか、そういう場合は
年賀状を返すか、メールかLINEでの返答の方が良いかと思います。

⑥SNSなどでも…

SNSで繋がっている相手ならば、気軽にSNSで返事を
返すのも良いと思います。
流石に会社の上司だとか、そういう目上の方とSNSなどで繋がっている!
というパターンは稀だと思いますから、
基本的に気軽に話せる相手だと思います。

なので、SNSで「年賀状ありがとう!」みたいな感じで
気楽に返答するだけでも十分ですよ^^

⑦業者などが相手の場合は…

時々、保険会社だとか、そういうところから挨拶&宣伝の
ような年賀状が届くことがあります。
私も何回かそういう系統の年賀状を貰ったことがあります。

しかし、これにはわざわざ返事を出す必要はありません!
相手も返事を求めていませんし、
会社系の年賀状にわざわざ返事を返したら、
むしろ相手側が「えっ!?」ってなってしまうと思います(笑)

お世話になった業者系からは、
年賀状が届くことが稀にありますが、
「ふ~ん」みたいな感じで良いです。
わざわざ返事を出す必要は全くありません。

予備を作っておくのもあり?

誰かから予期せぬ年賀状が来るかもしれないな…と
思うのであれば最初に年賀状を出す際に、予め年賀状を
数枚ほど多く用意しておくと良いと思います。

また、印刷する際にもある程度、余裕を持って印刷して
おくのも良いかもしれませんね。
後々、印刷するのが面倒!と言う方もいると思いますし…。

ちなみに、年賀状は余った場合、一応普通のはがきとしても
使えます。
(場合によっては追加で切手を貼る必要があります)

郵便局で普通のはがきに変えることもできますし、
懸賞などへの応募はがきとしてそのまま使うこともできますから
余らせても無駄になることはありません。

まとめ

予期せぬ相手からの年賀状…
もしも送られてきた際にも、必ず年賀はがきで返事を
返す必要はないと思いますが、
上で書いたような、方法で、なんらかの反応はしたほうが良いと思います。

もちろん、年賀状を送ってリアクションが無くても「気にしない!」
という人も居るとは思いますが、
何の反応もないと、内心では面白くない!という人もいるかと思います、

変なところで、機嫌を損ねたりしても面倒ですから、
何でも良いので、簡単に返事はしておいたほうが良いと思います。

年賀状なんて面倒くさい!という人もいるかとは思いますが、
良い人間関係を築いていくには、相手からの年賀状を無視することは
避けたほうが良いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする