冷蔵庫が壊れた時はどうすれば?冷蔵庫故障時の対処&注意点

日常生活

店員Kです!

壊れてしまうと恐ろしい家電の一つが「冷蔵庫」ですね。

冷蔵庫が壊れてしまうと、食品類に大打撃を受けます。
普段、多くの方が何気なく使っている冷蔵庫ですが、壊れてみると
冷蔵庫の存在がどれだけありがたいものだったか、よく分かるかと思います。

それほどまでに、冷蔵庫の故障は、恐ろしいものです。

私も一度、冷蔵庫の故障を経験しているのですが、
冷蔵食品・冷凍食品はかなりの数、ダメになりましたね…。

今回は冷蔵庫が壊れた場合の対処法と注意点について
書いていきます。

冷蔵庫が壊れた場合…

冷蔵庫が壊れる時というのは、予兆がある場合もあれば、
本当に突然、ダメになってしまうこともあります。
予兆がある程度存在する場合はともかく、突然ダメになってしまうと
困ってしまいますよね^^

ですが、そんなことを言っても、冷蔵庫が生き返るわけではありませんから
壊れてしまった場合はただちに対処しなくてはなりません。

冷蔵庫が壊れてしまった場合、どのように対処すれば良いのでしょうか。
それぞれのポイントを見ていきましょう。

最後に確認しましょう

冷蔵庫が壊れた!と決めつけてしまうのは危険です。
判断する前に、最後に確認することをおすすめします。

確認とは、コンセントを一度抜いて、また挿しなおしてみる、という
確認です。家電製品はエラーなどが起きた場合など、
電源を一度完全に落として、数十分ほど待ち、
再度電源を入れ直すことで、案外復旧する可能性もあるのです。

「壊れてしまった!」と頭ごなしに決めつけて
「本当はまだ使える冷蔵庫」を処分してしまったら勿体無いですから
しっかりと確認しておくようにしましょう!

コンセントをつけなおしたら起動した!と言う場合は
とりあえずそのまま使ってみても良いと思います。
何の異変もなければそのまま、また何かあるまでは使えば
良いかと思います。

壊れている場合は…

もしもコンセントのつけなおしを確認してみて、
症状が改善しなかった場合は、残念ながら冷蔵庫は故障している
可能性が非常に高いです。

その場合は、ただちに次の冷蔵庫を用意するか、
もしくは修理を依頼するかしましょう。

混雑状況や状態によっては即日~翌日には修理、もしくは
買い替えが完了することもありますが場合によっては
時間がかかることもあります。

この際に注意したいことは
”急ぐあまり、適当な冷蔵庫を買ってしまわないように”ということですね。

確かに、その場しのぎの意味ではすぐに次の
冷蔵庫を用意したい!という気持ちは分かるのですが、
冷蔵庫はとても長い間使うものですから、くれぐれも
焦りすぎて、良くない冷蔵庫を選んでしまわないようにしましょう。

・修理する場合
修理する場合は、冷蔵庫の説明書などにメーカーへの連絡先が
書かれているはずですから、すぐにそこへ連絡しましょう。
メーカーの保証期間内であれば、無料で修理を行うことができる
場合もあります。
ただし、修理期間については、メーカーによって色々ですから、
必ず事前に確認してから、修理をお願いするようにしましょう。
修理の期間に納得できるのであれば、そのまま修理をお願いすれば
良いかと思います。

・買い替えする場合
買い替えの場合は、急ぐ気持ちも分かりますが、
上でも書いたとおり、冷蔵庫は長い間使うことになりますから
ある程度慎重に選ぶようにしましょう。
モノによっては、到着まで時間がかかることもありますから
そのあたりも考えて、購入する冷蔵庫を決めましょう。
ただし、急ぎすぎは厳禁です!

まぁ、いずれにせよ
「購入」もしくは「修理」になると思います。
冷蔵庫の無い生活は、流石に厳しいでしょうから…。

冷蔵庫の処分方法

壊れてしまった冷蔵庫の処分方法…。
色々とありますが、一番良いのは冷蔵庫を購入した際に、
古いやつを引き取りしてしまってもらうのがベストです。

一応方法としては、
・冷蔵庫を購入したお店に、引き取りをしてもらう。
・市区町村に問い合わせて、リサイクルしてもらう
・リサイクル業者に依頼する

壊れてしまって買い換える、と言う場合はこのあたりに
なりますね。

冷蔵庫の中に入っていたものは?

冷蔵庫が壊れてしまっても、いきなり常温になってしまう
わけではありません。
開け閉めを繰り返したり、開けっ放しにしていれば、
常温になってしまいますが、なるべく開け閉めしないように
しておけば、ある程度の時間、保冷効果はあります。

ただし、それも時間の限界がありますし、
冷凍庫にあった冷凍食品や、
刺身などの生もの、卵は時間が経てば経つほど危険です。

ある程度時間が経ってしまったものに関しては
処分もやむなしだと思います。
無理して食べておなかを壊してしまったら本末転倒ですから
気をつけましょう。

もし、冷蔵庫が壊れた時点で、食べることができるものや、
調理してしまえば保存が利くものであれば、
そういった方法で時間を稼ぐのも一つの手段です。

また、冬場であれば、ストーブのかかっていない部屋に
置いておくと、かなり気温の低い状態を維持することも
できると思います。
冬場で、冷える部屋がある場合は、そこに置いておくと
良いかと思います。
(夏場は無理ですが)

あとは、新しい冷蔵庫が届く、もしくは修理業者が
やってくるまで、耐えましょう。

まとめ

冷蔵庫が壊れてしまうと不便ですよね・・・。
もしも新しいものの手配、もしくは修理に時間がかかる場合は、、
冷蔵が必要なものの購入は控えて、冷蔵庫が到着、復旧するまで
寂しいとは思いますが、我慢したほうが良いと思います。

実際に冷蔵庫が壊れてしまうと、
普段いかに冷蔵庫に頼っているかが良く分かります(汗)