バイト時代に店長を思いっきり叩いた話。叩いた理由とその後…

アルバイト

店員Kです。

私はアルバイト時代に店長を叩きました。
思いっきりです。

その店長は”酷い”と言っていいぐらい、気分屋で
アルバイトスタッフさんに対する扱いは、
それはもう本当に酷いものでした。

「どうしてそこまでするのか?」と。

そんな店長を私は叩いたのです。

しかし、私は「暴力は絶対にいけない」と何度かこの
ブログで書いています。
そんな私が、何故店長を叩いてしまったのか。
そして、叩いた結果、店長はどのような反応をしたのか。
叩いた理由は何だったのか…

それらをお話していきたいと思います。

いやぁ…ホントウに
思いっきり叩いてしまったのですよ…(汗)

当時のことをお話していきます。

バイト先で店長に…

私がアルバイトとして働いていた時代のことです。
バイト先の店長を思いっきり叩きました。

幸い、私は御咎めなしで済みました。
とある事情による攻撃(?)だったからです。

何ともどうしようもない、私がアルバイト、雇われ店長、
自営業時代をひっくるめても、唯一と言っていい暴力。
それは何故起きてしまったのか…。

叩いた理由は…

店長に腹が立つことはよくありました。
私を含む、アルバイトスタッフへの横暴な態度の
数々は本当に酷いものがありました。

ですが、店長を叩いたのは
私がイラッとしたからでも、
「このやろう!いい加減にしろ!」ということでもありません。

”事故”でした(汗)
決して、事故に見せかけた攻撃でもありません^^

当時、夏でした。
前に別記事で書いたのですが、当時の店長は、
何故か夏場は自動ドア全開、冬場は自動ドア閉める、という
謎の方針(自分勝手?)を持っていました。

本人が極度の寒がりで
自動ドアを夏場に開けている理由を
「自動ドアが開いてる方がお客様が入ってきやすいから」と
言っておきながら冬場は自動ドアを閉めるという
分かりやすい自分勝手です。

確かに、冬場は寒いです。
ですが、夏場は暑いです。
お客さまから「ここ、暑くね?」なんて声が聞こえてきていました。

そして、開けっ放しなので、虫も入ってきます。

私が、店長を叩いた理由はこの「虫」にありました。

ある日、ハエが入ってきました。
結構大きめのやつです。

私は他のモノに付着したり、
咽たりするのがあまり好きではないので、
使わなくて済む場面では薬品類は使いません。

その日は、そのハエを叩き落とそうと、
ちょうど近くにあったダンボールで、ハエを攻撃していました。

商品入庫のために届くダンボールに、
1枚のシート状のダンボールが入っており、
それで虫を叩くと、ちょうどよく落とせるのです。

そして、いつものように私はハエを叩き落とそうとしていました。
上でも書いた通り、常に自動ドアがオープン状態なので、
昆虫が侵入してくる!なんて言うことは既に日常茶飯事状態です。

が、この日のハエはしぶとく、なかなか私からの攻撃が
当たりませんでした。

私の頭上を飛んでいくハエ。

振り向いてダンボールを振る私。

…!!

そうです。
振り向きざまにダンボールを思いっきり振って叩き落そうとしたら
ちょうど店長が…(笑)

結果、店長を思いっきり叩いてしまいました。
ダンボールで。。。

私の対応は…

普段の行いがどうであれ、叩く、なんてことは
してはいけないことです。
当然、すぐに謝りました。
平謝り状態…。

気分屋の方なので、機嫌が良い時は、私ともよく話しました。
別に私も気分屋な点さえ、無ければ全然良い店長だと思うのですが、
気分屋があまりにも酷すぎました…。

が、そんなことはこの時は関係ないので、
ひたすら謝りました。
悪い事をしたら、謝る…。
当然のことですよね。。

店長の反応は…

幸いにも…その日、店長は「機嫌の良い日」でした。
店長もハエと私が戦っている(?)のを知っていましたから
苦笑いしながら「大丈夫」と言ってすぐにお許しを頂けました。
この解きばかりは店長が太陽のように見えましたね(笑)

ただ、もしも機嫌の悪い日に同じことをしていたら、
私はその場で怒鳴られたでしょう…
間違えなく。。

叩いてしまったのは良くないことですが、
そういう意味では幸運だったとも言えます。

本当に、機嫌の悪い日だったらと思うと、
震えるぐらいに恐怖でした。

ちなみに、店長にけがはありませんでした。
怪我させてしまったら、どうお詫びして良いか…状態ですし、
怪我がなくてよかったです。

ちなみにハエは…

ハエはそのあと、自動ドアから外に出ていきました。
苦笑いしている店長と話をしている最中に
自動ドアからご退店するハエの姿を目視で確認しました。
冷やかし客です(笑)

まぁ、あのハエにとっても良かったかもしれませんね。
あのあと、良い虫生?を送れたのなら、それはそれで良い事です。

別に私も好きで虫を退治しているわけではありませんからね…
ただ、店に入ってきたら、お客様も嫌がりますから、
処理しないといけないのです。

教訓に…

当時、20になったばかりのころだったのですが、
まだまだ慎重さが足りませんでした(汗)
もっと周囲を見渡さないとああいう時、危ないですよね^^

これ以降は、周囲に気を付けるようにしました。

あの時、叩いてしまったのは店長でしたが、
お客様を叩いたりしてしまったら大変ですからね…。

失敗から慎重さを学べたので、
まぁ、あれはあれで良かった(?)のかもしれません。

まとめ

ちょっとした事故のお話でした…。
こういうこともあるので、周囲には気を配りましょう。
私の場合は店長相手でしたが、お客様相手だったらもっと大きな
問題になってしまったと思います。

何事も、周囲に気配りすることが大切ですね…
皆様も気を付けてください!

(私がドジなだけかもしれませんが…汗)

どんな理由でも暴力は振るってはいけませんよ!

コメント