ソニータイマーって本当にあるの?都市伝説は本当か、嘘か…。

店員Kです!

ソニータイマーという言葉を皆様は聞いたことがありますか?

これは、
大手のメーカーのソニーが、自社の製品に、
「一定期間でその電化製品が壊れるように設定している」という
都市伝説ですね。

通常、電化製品には「保証期間」というものがあり、
その期間の間にもし、故障が起きてしまった場合は、無料で修理を
行ってもらえる…というものです。

基本的にこの保証期間は1年なのですが、
その期間が過ぎた後だと、修理は基本的に有料になります。
すると、買い替える人なども出てくるわけです。

修理や、買い替えを狙い、保証期間が過ぎたあとすぐに壊れるように
設定している、という噂から「ソニータイマー」という言葉が
誕生したのです。

今回はこれが本当か嘘かを書いていきます!

スポンサーリンク

実際はどうなの?

実際のところ、ソニータイマーと言うのは現実には”存在しない”ようです。
意図的に壊れるように設定している、ということは無いみたいですね。

ですが、1年ちょっとで壊れるということも多いのも事実として
あるのでしょう。そのため、ソニータイマーというカタチで
”皮肉”として世の中に広がっているのだと思います。

もしもソニータイマーなるものが実際に設定されていれば
分解を趣味とする人たちや、詳しい人間たちによって、
とっくに、突き止められているはずですし、
実際にタイマーが搭載されている、ということは無いみたいです。

実際にソニー自体もこれは否定しています。

では、なぜそのような話があるの?

壊れやすい、ということは事実としてあったのでしょう。
偶然が重なり、1年ちょっとで壊れてしまったりだとか、
そういうこともあったのだと思います。

ですが、上でも書いた通り、もしもソニータイマーを本当に
搭載しているのであれば、
今頃、誰かしらがその情報をリークするなどして大変なことに
なっているでしょう。

それもされていないのですから、
ソニータイマーは実際に搭載されていない、
つまり存在しないと考えて間違えないと思います。

別にソニー好きではないのですが、
タイマーが搭載されていない、というのは事実だと思われます。

ただ、壊れやすい製品が存在していて、
1年ちょっとで壊れる事例も実際にあったため、
それが次第に不満と皮肉となって
「ソニータイマー」と呼ばれるようになった、
そういうことだと思います。

改善努力は必要?

ですが、ソニー側も「ソニータイマーは搭載されていない」ではなく、
イメージ改善の努力は必要だと思います。

他の家電メーカーが〇〇タイマーと言われていないのに、
ソニーさんだけが言われる、ということはやはり
壊れやすかった、ということではないででしょうか。

そうでなければ、最初にこのような言葉が生まれることも
なかったのではないかと思います。

ですが、ソニータイマーという言葉が今や広がりすぎているので
それを消し去ることは難しいでしょう。

ですから、安心できる製品を日々、作り上げて、
万全の体制で、やっていかないとならないのではないかとは
思います。

ほとんどの人は都市伝説的にネタとして
発言している人がほとんどだとは思いますが、
私もゲーム店で勤務している時代に、
ソニーの「プレイステーション」の取り扱いもしていましたが
中には「本気」でソニータイマーを信じている家族連れなども
いらっしゃいました。

まだ信じ切っている方がいると言うことは
改善の余地があるのかもしれませんね(汗)

実際に壊れるの?

参考までに、ソニーさんから出ているゲーム機、
プレイステーションの例で見てみましょう。
私の使っているプレイステーションが壊れたかどうか。
それを順番に見ていきます。

〇プレイステーション1
10年以上使っていますが壊れていません。
これは頑丈だと思います。

〇プレイステーション2
1台目は「2年」でディスクが読み取りできなくなり故障。
その後、修理に出しましたが
「1年」で再度故障しました。

その後、薄型に買い換え。
これは1年半で、電源がプレイ中に切れるようになり、故障しました。

さらに最新型に買い替え、
それは5年以上たちますが、故障はしていません。

〇プレイステーション3
1年半で故障しました。修理に出して復旧。
その後は5年間使ってますが、壊れていません。

〇プレイステーション4
1年と2か月程度で故障。こういう期間がタイマー疑惑に
繋がるのかもしれませんね(汗)
現在は2台目。1年半になりますが、果たしてどうでしょうか。

〇PSP
2年近く使っていますが、故障はしていません。

〇PSVita
こちらも2年近く使っていますが、故障はしていません。

・・・と、いうことで長持ちするものもあれば
本当にタイマーみたいな壊れ方をするものもあります。
まぁ、、運しだいということでしょうか。

結局、タイマーはついてるの?

ソニータイマーと呼ばれるものが実際に搭載されている、ということは
無いと思いますし、メーカーも否定しています。

ただ、上でも書いた通り1年半や1年と2か月で壊れたこともあるので、
タイマー関係なく”壊れることはある”ということですね。
本当に電化製品は急に壊れてしまいますから、いつ壊れるかなんて
分からないものです。

まぁ…プレイステーションを使っている個人的な(あくまでも個人的です)
感想は、店員Kの利用しているゲーム機では、
他社のゲーム機より故障率が高いので、こういう部分が
ソニータイマーという都心伝説を呼んだのかもしれません。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする