小説を書いて公開する際の大切なこと!小説投稿の基本と注意点!

店員Kです!

私の趣味の一つが「小説を書くこと」

お世辞にも大した出来栄えではないのですが、
書くことが好きなので、小説を書いて、無料の投稿サイトで公開したり
別のブログで公開したりなんかもしていました。

今の世の中、
昔とは違い、自分で書いた小説を投稿することも簡単になりました。
昔は本当に自分で書いても、自分の中だけで終わってしまうことも
多かったと思いますが、
読んでもらえるかは別として、今の世の中は簡単に小説を世の中に
公開することができますから、良い世の中になりました!

今回の記事では、小説を投稿する上で色々と気づいたことに
ついてまとめていきます!

個人で無料小説を書くのは良いですが
公開する以上は、下記のようなことには気を付けましょう!

スポンサーリンク

小説を投稿する!

今現在、小説を投稿する方法は色々とあります。
無料ブログなどを作って、そこで自分の書いた小説を投稿していくのも
良いと思いますし、
「小説家になろう」や「ハーメルン」などの無料投稿サイトもありますから
そういったものを使うのも良いと思います。
noteなどのSNS形式のものも使えると思います。

登録も、どれもメールアドレスと一部必要事項の入力さえ行えば簡単ですし、
無料ですぐに利用開始できますからおすすめですよ!

ですが、小説を「投稿」する以上、
無料とはいえ、その小説はあなただけのモノではなくなります。
それについていくつか注意点や気づいたことがあるのでまとめておきます!
小説投稿の際には注意しましょう!

①内容に注意する

まずは小説の内容。
自分だけが読むものなら良いのですが、投稿して、不特定多数の人が
見るかもしれないわけですから、ある程度内容に注意する必要はあると思います。

と、いうのも小説が「面白い」とかそういう部分ではありません。
私は、投稿する小説が「つまらなくても」別に良いと思います。
無料なのですし、それも一つの個性です。
最初から面白い小説が書ける人なんてめったにいないでしょう。

私が言う気を付けたいこととは、
「盗作」だとか「個人を誹謗中傷」だとかそういうことです。

過激な描写は、各小説サイトで年齢設定などが出来るので、
それを利用すれば全然良いと思うのですが、
現実に存在する人物を誹謗中傷するような内容は避けたいところです。

例えば、友人が腹立つから友人が酷い目に遭う小説を作ろう!
だとか、そういうことは止めておきましょう。
そういうのは、公開しない内輪の小説で済ませましょう!

また、個人情報を載せてしまっているような内容も避けましょう。
前に一度、自分の住所っぽいものが載ってる小説を読んだことがあります。
投稿する=誰でも見れる、わけですから、このあたりのことは注意すると共に
ネットの利用についても理解しておいた方が良いと思います。

そして盗作。
無料小説で、利益を上げているわけじゃないから!という人も
居るかもしれませんがダメです。
原作が一般向け作品でも、他の方の無料小説でも盗作はしてはいけません。
無料であっても問題になりますから、必ず自分で考えた小説を載せるようにしましょう。

②まずは書いてみる

小説に興味があるのでしたら、まずは書いてみましょう。
上のようなことに気をつけさえすれば、どんな内容でも構わないと思います。
最初は誰だってうまい文章が書けるわけじゃありませんし、
内容や面白さ、文章の構成などは気にせず、
書き終えたら思いきって投稿してみましょう。

別に誰かからお金をとるわけじゃないのですから
気楽に書きましょう。

上達云々は、まずは小説は書けるようになってから考えれば良いと思います。
小説を書いて投稿したいのであれば
まずは書いてみることです。

③きちんと完結させる

よく小説を書き始めてみて「やっぱり飽きた」となって途中で放り出してしまう方を
見かけます。無料で、気軽に書けますし、そうなってしまう気持ちは
よく分かります。

なので、最初の関門は「小説をきちんと完結させる」ことですね。

連載小説だと、もしも「やっぱり自分には小説を書くのは楽しめないな」と
なった時に、途中で放り出したり、苦行状態で小説を書きつづけることに
なってしまいますから、それは避けたいところです。

最初は「短編小説」(1話で完結させるイメージ)から書き始めると良いかも
しれません。
連載小説とは違い、もしも飽きてしまったらそれで終わりにすれば良いのですから
負担は少ないと思います。

まずは短編でも連載でも「完結させること」これを目指していきましょう!

どんな小説でも
1人や2人は読んでいる場合も多いです。
ブログはともかく、無料小説サイトを使う場合はなおさら。。。

それが途中で終わってしまったらやっぱり悲しいと思いますから
小説を投稿する以上は最低限「完結させること」を目指したいものです。

…が、もちろん無料なので
どうしても飽きてしまったり、忙しくなってしまったりしたい場合は
無理はしすぎないようにしましょう。
”仕事”にしているわけではないのですから、そのあたりは自己判断で、です。

④他の人からの評価は…?

小説を書いていると、時々、評価やコメントを頂ける場合もあります。
最初のうちはあまりコメントがついたりすることも少ないとは思いますが
場合によっては最初からコメントがついたりすることも。
そんな場合どうすれば良いか。

コメントは主に
「感想」「指摘」「誹謗中傷」のどれかだと思います。

このうち、誹謗中傷は相手にする必要はありません。
ネットの世界であれば、どこにも誹謗中傷は居ます。
中には「そこまで言うか?」みたいな事を書く人も居ますが
「いきなりタメ口」だったり「いきなり誹謗中傷」の人を相手に
する必要はありません。
最低限の常識を身に着けていない人を相手にするのは止めましょう。
また、書かれている内容についても気にする必要はありません。

そして「指摘」。
時々、無料小説には「ここが不自然」とか「文章の構成が」だとか
アドバイスを送ってくれる方もいらっしゃいます。
これに、どう反応するかは自分次第ですね。
例えば、自分がプロを目指したり、小説の上達を目指しているのであれば
その指摘を受け入れて、自分の今後の小説に生かしていくと良いと思います。
勿論、ネット上なので間違った指摘もあるかもしれませんが、
上手く見極めつつ、自分に活かしていきましょう。

が、あくまでも「楽しむため」趣味の一環で書いているのであれば
無理にその指摘を受け入れる必要はありません
コメントなどを返すのであれば、お礼だけ言っておくと良いと思います。

指摘をどう受け止めるかは、自分が何を目指しているか、によると思います。
自分が上達を目指すならそれを受け入れて
特にそういうつもりでないなら、流せばよいと思います。

最後の「感想」については読んでもらった証ですから
素直に喜んでよいと思います。

また、他の方に小説を読んで、感想をほしい!とお願いする方も良く居ます。
その場合は、どのような感想が戻ってきた場合でも、それを受け入れましょう。
(お願いしておいて感想が気に入らないから〇〇、みたいな行動はやめましょう…)

まとめ

無料小説を個人で書く際に気を付けた方が良いかな・・・と感じたことは
このあたりです。
自分だけで楽しむ小説とは違うので、無料と言えど、小説投稿サイトに
投稿する際には、上のようなことは覚えておきましょう!

上の事柄にさえ気をつければあとは自分の思うように小説の更新を
楽しめば良いと思います!

小説を書く際に大事なことは
まず、「書いている自分自身が楽しく書く」ということでしょうね。
プロなら話は別(評価とかも気にしないといけない)ですが、
アマチュアはそれが一番大事だと思います。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする