ブログの文字数は何文字ぐらい書けば良いの?文字数を解説します!

ネット

店員Kです!

ブログを書いている方の中でも、
趣味でブログを書いている方、
自己満足のためにブログを書いている方、
人気のブログを目指してブログを書いている方。

色々な方が居るかと思います。

趣味のブログや自分用のブログである場合はともかく、
人気ブログを目指そう!という方は、
アクセスアップも視野に入れた更新をしなくてはなりません。

そこで大事になってくるのはブログの文字数です。

どんなに記事数を更新したところで、ブログの文字数が
少なければ、ブログのアクセスは増えないでしょう。

アクセスを増やすためにはまず、検索エンジン内での評価などを
あげることも重要となってきます。

そこでも、やはり大事な要素として
各記事ごとの文字数は絡んできます。

今回はブログの文字数について書いていきます!

ブログの文字数どのぐらいがいいの…?

これは、目的にもよります。
例えば、上でも書いた通り、人気ブログを目指すのであれば
ある程度の文字数は必要ですし、
特にそう言った目的ではなく、趣味のためのブログだったり、
知り合いのあいだで盛り上がることを目的としたブログだったり、
自己満足のためのブログであれば、文字数など気にする必要はありません。

極端な話「あ」一文字であっても、記事を投稿すれば
それはブログとして成立します。
(誰かが見てくれるかは別として、です)

ですが、人気ブログを目指すのであれば
1文字じゃ当然お話になりませんし、
数十文字や数百文字のレベルでもありません。

今回はブログの文字数についてそれぞれ説明していきます。

最適な文字数とは?

ブログの文字数に、明確な答えはありません。
ですが、一つ言えることは
「文字数が多ければ多いほど、良い」ということですね。

文字数が少ないブログだと、どんなに質が良くてもなかなか
サイト自体の評価としては上がりません。

やはり、ある程度の文字数は必要と言えるでしょう。

ですが、最低ラインはどのぐらいか?と言われると
これまた明確な答えはありません。

人によって言っていることも違いますし、
その人がどのようなジャンルでブログを書いているか、
文字数以外の条件(ブログの見易さや内容など)が
どうなっているか。

こういった部分でも全然変わってきます。

ですから具体的な答えはお伝えはできませんが、
私の感覚的なお話をしていきます。

もしも人気ブログを目指すのであれば
サイトの評価をあげて、検索サイトで
引っかかるようにしなくてはなりません。

私が考えるに、最低でも1000文字は必要だと考えます。

そして、欲を言えば2000~3000欲しいところです。

500文字、という説もみたことがありますが、
500文字ちょっとで記事を毎日大量更新していても、
あまり実際のところ、評価は上がらない気がします。

500文字の8記事よりも、
3000文字の1記事。そんな感じが、
私が実際にブログをやっていて伝わってきました。

私個人の考えとしては、
人気ブログを目指したいのであれば1記事あたり最低1000文字以上、
できれば2000、3000文字程度は書いておいたほうが
より、アクセスアップの近道になると思います。

1000文字以下の場合はなかなか厳しい印象です。
相当な記事数を書くか、よほどの内容の記事を書かないと
厳しいと思いますし、
1000記事、2000記事書いても、なかなか上手く行かない
可能性もあります。

と、いうことで、やはり、ある程度の文字数は
ブログのアクセスアップには必要になってくると思います。

文字数だけではダメ

ただし、ブログの文字数を意識するあまりに、
ブログの記事内の中身がスッカスカになってしまっては
意味がありません。
内容がスカスカだと「このブログつまらない」だとか、
そういうマイナスイメージがついてしまいますし、
閲覧者の滞在時間が短いのも、悪影響に繋がる場合があります。

そのため、質と量、その両方を維持する必要があります。

つまり、ブログで言うと「文字数」と「中身」
その両方を維持する、ということですね。。

例えば、ブログの文章が、全て「ああああ」だったら
誰も読まないでしょうし、
検索サイトの評価も逆に下がると思います。

もちろん、意味不明な文字の羅列になっていても同じです。

これらの場合は、
たとえ1万文字書いても、10万文字書いても
結果は変わらないでしょう。
あくまでも、中身のある文章が1000文字、2000文字、
3000文字レベルないと、厳しい、ということです。

立派な文章を書く必要まではないと思いますが、
きちんと読むことができて、
文章に意味のある内容を書かなくては、
いくら文字数が多くても意味がありませんし、
むしろ、それが逆効果になってしまうことすら考えられます。

どうやれば文字数は増やせるのか?

文字数を1000文字以上書く、だとか、
文字数をなるべく増やしたほうがいい!なんていわれても、
そんなに文字数書くにはどうすれば…と思う方もいると
思います。

確かに、何も考えずにブログの文字数を増やそうとしても、
なかなか上手くは行かないことも多いです。

書く内容がないのに文字数を増やそうとしても、そうそう
上手くいかないのが現実ですから…。

では、文字数の多い記事を書くにはどうしたら良いか。

最初は「自分の好きなこと」もしくは「自分の得意分野」などに
ついてのブログを始めることをおすすめします。

慣れてくると、興味の無い分野でブログをかけるように
なるかもしれませんが、
いきなり自分が全く興味の無いことに関するブログを
書いても、文字数を増やすことは無理でしょう。

やはり、自分の好きなことや、趣味に関することなどに
ついて書くのが、文章入力も捗ると思いますし、
ブログを続ける秘訣の一つだと思います。

いくら文字数を増やそうとしても、
ブログは続かなければ意味がありません。

趣味や自己満足のブログであれば、
文字数は全く気にする必要はありませんし、
ブログは止めたくなった時に止めてしまっても良いと思います。

ですが、人気ブログを目指すのであればそうはいきません。
ある程度の文字数がないと、やはりブログを成長させることは
難しいですし、見てもらうことも難しいかと思います。

なので、私個人としては
最初にブログを始めるときは「自分の趣味のもの」などに
ついて書くことをおすすめします。

好きなことに関して書くと、おそらくスラスラと
文章ができていき、自然と1000文字程度であれば
簡単に超えることができると思います。

ちなみにどのぐらい時間はかかる?

3000文字のブログ記事を書くためには、
どのぐらいの時間がかかるのかどうか。

当然、キーボードの入力スピードなどにもよりますから
一概にはいえませんが、
私の場合は3000文字の記事ではあれば、文章入力なら
25分~30分で完成します。

予め、記事のタイトルと大まかな流れを暇なときに
頭の中で考えてあるので、入力するだけ、という感じですね。

文章入力後、写真などの挿入作業をするので、
私の場合は3000文字程度の記事を作るのに、
大体30分~40分かかります。

まとめ

内容がしっかりと伴っている記事であることが前提ですが、
文字数は多ければ、多いほどより効果的になると思います。

ブログのアクセスアップを狙うのであれば
私個人の感覚としては1記事ごとに最低1000文字、
可能であれば、2000文字、3000文字と
文字数を増やしていけば行くほど、
より効果的になると思います。

数千文字、というと、最初は「え」と思うかもしれませんが
ブログの入力をしているうちにだんだん慣れてくると思いますよ!