バイトの給料が少ないと感じたら…?考えられる原因と対処法!

店員Kです!

普段、バイト先からの給料を何気なく貰っている
人もいるかと思います。

ですが、それは絶対にダメです。

何故なら、
アルバイトの給料って時々間違えられていることもありますし、
店長の仕事の経験者から言わせてもらうと、
「悪意を持って、いくらでも減額することができてしまう」のです。

なので、必ず給料明細を確認することをおすすめします!
給料明細も確認せず、自分の給料を何気なく受け取りしていると、
故意・事故に関わらず、あなたが損をする可能性があります!

バイト先からの給料が少ないと感じたことはありませんか?
思ったよりも少なかった場合の対処法・対策・原因について書いていきます!

スポンサーリンク

給料を必ず確認する!

店長経験者として、これは「忠告」します。
必ず、給料日に給料明細を受け取ったら、
自分の働いた時間と照らし合わせて
振り込まれた金額が「合っているか」確認してください。

で、ないとあなたが損をする可能性もあります。

給料の管理も人間が行っています。
その過程で、誰かがミスをするだけで、本来振り込まれるべきだった
金額とズレが生じて、あなたが損をする可能性があります。

また、”誰か”が悪意を持ってあなたの給料を微量に
減らすことだってできるのです。
必ず確認することをおすすめします。

給料がずれる可能性は十分にある!その原因は?

給料がずれる可能性…これは十分にあります。
色々な要因がありますが、
給料が支払われるまでには「複数」の人間がかかわるので
どこでずれるかなんて、正直なところ分かりません。
ずれる危険のあるタイミングはどこにでもあります。

何故、アルバイトスタッフの皆様に明細をしっかり確認して
計算することをおすすめするのか。
それを書いておきますネ。
参考にしてみてください。

店長がミスをする恐れあり!

変な話をしますが、
手書き式のタイムカードなどのバイト先ではどうやって
給料振込みまでの過程が行われるかご存じですか?

あくまでも、私が店長をしていた際のやり方なので、
職場によっては異なる可能性も十分にありますが、

まず、私の職場の場合は、店長が経理部に報告するために、
皆様が記入したタイムカードの情報をもとに、
勤務時間をまとめました。
エクセルへの入力でした。

この際が大きなポイント。
店長が手入力でフォーマットに入力していっていたので
ここで「間違える」可能性は十分にありました。
経理を行っている本社からすれば、アルバイトの皆様が
「本当はどのぐらい働いているのか?」なんてことを知るすべはありません。

なので、店長が入力を間違えた時点で、
それが「正式な勤務時間」になってしまい、
振り込まれる金額がズレます。

勿論、店長が間違えて多めに申請してしまう可能性もありますし、
多めに申請されればラッキーと言えばラッキーですが、
逆に少なめに申請されてしまうと
”損”をすることになってしまいます。

私はしっかり確認してから報告していましたが
自分で報告作業をやってみて思うことは
「これは間違えそうだな…」ということです。

手書きのタイムカードの場合、
極端な話、あなたが書き間違えしていてもズレますし、
店長は書いてある通りに入力しますから、
そのままずれてしまいます
(流石に勤務時間が大幅に増えたり減ったりすれば気づきます)

シフト表などとも照らし合わせて確認はしていましたが、
残業分などを、バイトさんが書き忘れていた場合は、
その分は消えてしまいます。

とにかく、店長が間違えたり、あなたが記入した時間がずれていたり…
色々な可能性で、給料が本来より少なく振込みされる可能性があります。

いくらでも騙せる…

正直な話をしてしまえば、自動で管理されてるようなシステムの場合を
除き、店長が悪意を持っていれば、いくらでもアルバイトスタッフさんの
給料を操作することなんて出来てしまいます。

「あいつ、気にいらないな」と思った場合、
こっそりと少しだけ時給を減らすことなんて簡単に
出来てしまう!ということです。
なので、確認していない場合、ずっと騙され続ける可能性もあります。

店長が経理部に報告する際に、
申請する時間をずらすだけで、簡単にアルバイトスタッフさんの
給料を少し減らしたり、増やしたりすることもできてしまう、
そういうわけです。
経理部からは、あなたがどのぐらい働いていたかなんて
知るすべはないですから、店長が”嘘の報告”をすれば、
経理部はその通りに給料を振込みします。

↑のような場合、あなたが確認して気づかなければ
永遠に騙され続けることになります。
特に”店長から良く思われていない”場合は要注意だと私は思いますよ。

たまに、店長から給料明細を受け取ってすぐに、シュレッダーにかける
バイトスタッフさんも居ますが、あれは絶対にやめた方がいいです!
私はしませんが、悪い店長だった場合、
「この子は明細を確認していないから多少ごまかしても平気だな」と
思われてしまう可能性も。
明細を捨てるのは自由ではありますが、
少なくとも、人前ではやめた方がいいです。

経理部が間違える可能性も…

そして、経理部が間違える可能性もあります。
経理部も人間ですからね…。

実際に、私の前の勤務先で、経理部が1日分反映を忘れていたことも
ありましたし、
対象外の学生さんから何故か雇用保険料を引いたりしていることも
ありました。

経理部とて人間ですから、万能ではありません。
絶対に間違えない!なんてことは絶対にありえませんから注意しましょう。

給料が減ったりする原因として考えられるのは
このあたりでしょうか。
とにかく、確認することは大切です!

給料の振込が少なかった場合

あなたが手元で計算した金額、もしくは予想していた金額よりも
実際に振込みされた金額が少なかった場合は、
まず、しっかりと計算して、自分の計算が間違っていないかを確認しましょう。

自分の計算ミスなのに「違ったんですけど」と言ってしまうのは
評判を落とす原因になります。

もしも計算してみて「これは絶対に間違ってる」と確信したら、
自分の記録を証明できるものを念のため用意してから、
まずはバイト先の責任者・店長に相談しましょう。

そうすれば、店長が経理部に確認をとってくれると思います。
場合によっては、自分で経理部とやり取りする必要が出てくる可能性もありますが、
いずれにせよ「?」と思ったら、すぐに店長に相談しましょう。

そのまま黙っていると、本来振り込まれるはずだった給料より
少ない金額の振込になってしまい、
損をすることになります。
必ず、間違えに気づいた時点で「すぐに」店長に確認することをおすすめします。

この確認は、早ければ早いほど良いです。

また、反対に「計算よりも多く振り込まれていた場合」
これは…ずる賢いことを言ってしまうと、
”わざわざ言わなくても大丈夫”です。

どうしても気になるなら伝えた方が良いかもですが、
少額の差なら、サービスか何かかもしれませんし、
ミスはミスした会社側の責任ですから、そのまま放っておいて大丈夫です。

ただし、大幅に増えていた場合は
後々トラブルになる可能性もありますから確認しましょう。

まとめ

振込みされた給料が思ったよりも少なかった場合
何らかの原因で「間違えられている」可能性も高いです。
なので、必ず給料明細と、自分の働いた時間を確認することをおすすめしますし、
何かあった場合はすぐに店長に伝えてください。

本当に、ミスは発生していましたし、十分に発生する可能性があります。
また、何度も書いている通り、店長が悪意を持って金額を減らすことも
「可能」なので、注意して下さい!

確認しないと、損をしてしまうかもしれないです!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする