虫歯治療の痛み 虫歯を治療する時の痛みってどのぐらい?

店員Kです!

虫歯の治療。
したことがない人には怖いイメージしかないですよね?
なかなかどんな感じだか分からないと思います。

それで、虫歯の治療を躊躇し、歯医者になかなか行けずに
結果的に虫歯を進行させてしまう原因になることもあるかと思います。

歯並びの都合上、私は結構虫歯になりやすく、
何本も虫歯の治療経験があります。

そこで、今回の記事では虫歯治療の経験談を語ろうと思います。

治療はどのぐらいいたいのか。
そしてどんな感じなのか。
参考にしていただければと思います。

ただし、先にお断りしておきますが、
”個人差”もありますし、
治療する先生のやり方や、自分の虫歯の症状などによっても
違うと思うのであくまで一例として参考にしてみてください。

スポンサーリンク

虫歯治療の痛み…

虫歯治療…今の時代、”麻酔”などがあり、全く痛くない!なんて
言う人も居ますが…
正直なところ「痛い」ときもあります(笑)

全く痛みや恐怖なしで治療することは残念ながら不可能です
(こんなこと書くと治療したくない!って思われそうですが
事実なので仕方がありません)

では…経験談ごとに、色々と書いていきます。

軽い虫歯だった場合

このケースぐらいですかね。痛くないのは。
軽い虫歯の場合は、麻酔の注射もせずに、簡単に
歯を削るだけで治療終了する場合があります。

ただ「歯が痛いな~」と思ってから歯医者に行った場合は
ほぼあり得ません。
このパターンの場合は、虫歯がまだ何の痛みも発していない
段階であることがほとんどです。

痛みがあるから歯医者に行く!という人の場合は
このタイプの治療では済まないことがほとんどですね…。

私も、たまたま別件で歯医者に行ったときに初期状態で
虫歯が見つかったので、このように痛みのない治療を
してもらうことができましたが、
普通であれば、なかなかこういうことはありません。

進行した虫歯の場合

これは…治療に痛みを伴います。
そこそこの痛みですね…

まず、大半の場合は最初に麻酔をします。
歯の付近に麻酔の注射をする感じですね。

注射をするときは、予防接種と同じようにチクッとします。

ただ、これは
”いつ痛みが来るか”分るので、個人的にはそれほど
怖くも苦しくもありませんでした。

問題はそのあと。

虫歯の部分を削っていくのですが、
”最初のほう”は良いのです。

しかし、虫歯を削っていくと、どんどん神経に
近づいていきます。
すると、どうなるか。
突然ズキッという痛みが走ることがあります。

それも、唐突にです。
今、あの痛みを思い出しながらこの文章を書いていますが、
寒気がしますね…

特に神経ギリギリまで虫歯が進行している歯の場合は最悪
ですね。
ギリギリのところを削る=急にチクチク来る ってことです。

神経に近いところを治療していると、
麻酔をしているはずなのに、痛みが来ることも多いので、
急にキーンときて「ぐふっ!」みたいな感じになります。。

歯医者の先生も、痛みがあることを伝えると、
麻酔を追加したりしてくれますが、
それでも痛みが消えないこともあるので、なかなか
厳しいですね…

神経を抜く必要がある場合

虫歯が神経にまで到達している場合、
残念ながら歯の神経を抜くことになります。
この場合は、麻酔を追加して抜くのですが、
個人的には「神経スレスレ」の場所を神経を残して治療するときよりは
痛くないような印象です
(それでも急にキーンと痛みが来ることも)

ただ、これの場合は神経を抜いたあとが大変でした。

何回かに渡って根の治療をするため、歯医者に通わなくてはならないのです。

歯に、銀歯をかぶせる前に、色々治療が必要だということです。

しかも、根の治療の際にも、回復していないと、
激痛が走ることもあるので、
(治療が上手く進んでいれば痛みはないのですが)
これもなかなかドキドキです。

何回か、消毒などを終えると歯の型をとって、
銀歯(プラスチックの歯の場合もあると思います)を
入れて治療終了というカタチになりますね。。。

様子見の場合…

ギリギリ神経を残せるかもしれない、という場合は
歯科医院の先生の判断によりますが、神経を抜いてしまうと
どうしても、その歯が弱ってしまったりするそうなので、
極力神経を残そうとしてくれる場合が多いです。

ただ、ギリギリのラインで神経を残すので、
場合によっては治療後に痛みが発生することも。

私の場合、数時間に1度、恐ろしいぐらいのズキ!という
痛みに襲われるようになってしまい、痛み止めを飲んで
それを我慢して、次の歯科治療の際にお話して処置して
貰いました。

また、私の感覚上、神経をギリギリで残しても
結局後々痛みが出てきて、神経を抜くことになる
ケースがなんだか多いような気がします。

もちろん、神経を残してくれるのはありがたいことでは
あるのですけれどね…

虫歯治療後…

虫歯を削って詰め物をしたあと…
当日、歯科医院から出た直後はまだ、麻酔が効いている場合が
多いので痛みがないことが多いですが、
麻酔の効果が切れてくると、ずきずきと痛みが出てくることが
多いですね…

歯医者側でもそれを予測して痛み止めをくれる場合が
多いですが、
一度だけ、食欲がうせるぐらいの痛みに襲われたことも
ありました…

その日の深夜まで痛かった感じですね・・・
深夜になったらスーッと痛みは消えましたが
頬を押さえるぐらいにはずっと痛かったですね…

虫歯治療完了後…

最後まで虫歯の治療を終えれば、晴れて治療完了です。
詰め物、もしくは神経を抜いたりしている場合は銀歯などを
詰めて、治療が終わる感じですね。

ただ、最初は詰め物に違和感を感じることもあるかと思います。
私もよく噛み心地に違和感を感じたりすることはあります。

ですが、次第に慣れていくと思います。

一度だけ、数日間、噛むと痛みが走ることもあったのですが、
それは次第に直っていきました。

まぁ、完全に定着するまでに少し時間はかかりますけれど…

なるべく早く行ったほうがいい!

個人的な感想ですが、やはり虫歯の治療はなるべく早く
行った方がいいです!
放置しておけばしておくほど、治療に時間がかかる印象ですし、
治療内容もより痛いものになっていくと思います。。

痛みのない治療は…本当に初期段階のとき以外は
なかなか難しいみたいですが、
多少の痛みを我慢すれば、本当にラクになるので、
日々歯の痛みと戦うぐらいであれば、
私は歯医者に行ってしまったほうが良いと思います。

噛む位置に気をつけて、食事をとったり、
日々ずきずきしたり、そういうのに耐えているぐらいなら
本当に、早めに虫歯治療に行ってしまったほうが
絶対にラクです…。

ちなみに、虫歯は自然治癒することはありません。
残念ながら虫歯になってしまえば、進行を遅らせることは
できるかもしれませんが、
放置しておけば、次第に広がっていくことは間違えありませんし、
避けることのできない事実です。

しかし…虫歯って厄介ですよね…
治せる塗り薬みたいのが開発されれば
相当売れると思うのですけれど、
なかなか難しいのでしょうね…。

まぁ、開発されたらされたで、全国の歯科医院さんが困って
しまうのでしょうけれど…

まとめ

と、いうことで虫歯治療の実体験をまとめてみました。
基本的に、痛みのない虫歯治療なんて、存在しません…。

なんて、書くと余計に虫歯治療に行きたくなくなるかもしれませんが
それが事実なので仕方がないです…。

ただ、虫歯治療を終えたときは、本当にラクになりますし、
これで済むのならもっと早く来ればよかった!
と思うことの方が私の場合は多かったので、早めに虫歯の治療を
することを、個人的にはおすすめします!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする