ネットでの出会いはおすすめできない!その理由7つを紹介!

店員Kです!

今の世の中、ネットで出会ってそのまま恋人関係に
なる人も多いですよね^^

しかし、個人的にはネットから恋人関係は
あまりおすすめできません。

と、いうのも別にネットで出会うことに否定的なわけではなくて、
ネットで出会った相手とは色々上手く行かないことも多いでしょうし、
色々な苦難が待ち受けているからです。

今回の記事では、ネットで出会った相手と結ばれるのが
どれだけ大変か、、ということを書いていきます!

スポンサーリンク

ネットで出会う!

SNSとか、ブログとか、今ではネットをきっかけに出会う人も
昔に比べると多くなっていますよね。
中にはそのまま結婚にまでたどり着く人も居るのだとか。

しかしながら、それらはごく一部です。
基本的にはネットでの出会いはなかなかうまくいかないものですし、
色々な苦難や困難が待ち構えています。

今回はそれらをご紹介していきますね。
ネットからの付き合いはよ~く考えた方が良いと
個人的には思いますよ!

(これから書く苦難を全部乗り越えられるなら別に構わないとも
思いますけど…)

①遠距離である可能性

SNSなど、ネット上の相手がどこに住んでいる人間なのか、
なんてなかなか分からないですよね。
もしもお互いに好意を抱いたとしても、とんでもない遠距離恋愛に
なる可能性だってあるわけです。

日本だけじゃなくて、海外に在住している方の可能性も否定できませんし、
仮に住所などが書かれていたとしても、それが本当に正しい情報なのかも
分かりません。
なかなか難しいところなのです。

相手が海外在住だったり、遠く離れた地方在住の方だったりする場合は
実際に会うことは非常に困難だと思います。

②嘘をついている可能性

SNSやブログなど、ネット上のプロフィールはあてになりません。
キャラクターを作っている可能性もあります。
実際に会ってみたら本当は危ない人だった!なんて可能性も。
SNSなどのネット上では実際に会うわけではないですから、
自分を偽っている可能性は十分にあるのですよね^^

職業や年齢を偽っている場合もありますし、
顔写真が載ったりしている場合でも、その顔写真が本当に本人かは
分かりませんし、もしくは角度などを上手く調整して別人のように
見せつけている写真の可能性もあります。

チャットなどで話をしたことがあれば別ですが、
そうでなければ性別ですら怪しいと思いますよ。

③性格が違う可能性

実際に会ってみるとネット上のイメージとは性格が違う可能性も
当然あります。
ネット上で話している時は優しそうな雰囲気だったのに
いざ会ってみたら全然違って不真面目な感じだった!とか、
そういう事例も結構あります。

みんながみんな、自分をさらけ出しているわけではないですし、
実際に会うとイメージが大幅に違う!なんてこともありますからね。

私は職業上のネット関係を通じて、知り合った方何人かと
会ったことはありますが、
やはり実際に会ってみるとイメージは結構違うモノです。

そして会ってみてイメージが違うと途端に冷めてしまう人なども
この世には一定数存在します。

実際会ってみた瞬間に
”やっぱりこの人は受け入れられない”となって
切り捨てられる可能性があります。
会った瞬間、幻滅する…ってことはよくあることみたいですから…

④悪戯目的である可能性

ネットでの出会いを装った悪戯や事件もよく起きています。
実際に会ってみたら恐ろしい目にあった…だとかそんな感じですね。
なので、もしもネットで出会った人物と直接会うのであれば
よく考えてから、慎重に行動するようにしましょう。

もしも不安であれば一人では会いに行かない方が良いですね。

あとは
少しでも”怪しい”と感じた人とは会わないことです。
もしも一度会ってしまえば最後ですからね…。

そして、悪戯目的だけであればまだマシなのですが
犯罪が絡むような目的だったり、
何かを売りつけるのが目的だったりする人も居ます。

そういうことに巻き込まれてしまうと、相当大変なことになってしまいますから
しっかりと注意しておいた方が良いです。
”警戒しすぎるぐらい”が良いかと思いますよ。

⑤悪いイメージを抱く人も居る

”ネットで出会った”というと悪いイメージを抱く人も当然
世の中には居ます。

特に恋人同士になったあとで、そのまま順調に二人の仲が
進んだとしても、両親などへの挨拶時などが問題です。

この世の中には「ネットでの出会い」をよく思わない人も
一定数存在します。
どちらかの両親が「ネットでの出会い」に嫌悪を抱いている場合、
二人の仲を認めてくれない可能性も高いです。
それどころか、猛烈に反対され、下手をすれば2人の仲を裂こうと
してくる可能性だってあります。

で、ネットでの出会いに対して悪いイメージを持つ人に
それを認めてもらうのは非常に難しいです。
仮に、お互いの両親が納得したとしても、どちらかの周囲に、
必ず「悪いイメージ」を持っている人間は存在すると思います。

なかなか理解してもらうのは困難だと思います。
相当苦しい道になると思いますが「それを乗り越えてやる!」ぐらいの
意気込みがないと、ネットでの出会いは難しいのではないでしょうか。

⑥急に連絡がつかなくなる

ネットでの出会いの場合だと多いみたいですね。
例えば実際に会ってみて「ちょっと違うなぁ…」と思ってしまったりした場合、
そのまま音信不通にされる可能性もあります。

住所まで教える人は少ないと思いますから、音信不通になった時点で
基本的には打つ手がありません。

また、一度も直接会っていない場合は、
仲良くなっている!と思っても実際には仲良くなれていない
(つまり、自分だけ仲良くなったつもりでいる)場合もあります。
そんな場合だと、ある日突然、ネット上での関係を絶たれて
必要以上にへこむことになる可能性もあります。

ネットでやりとりしているだけの段階で、
相手と仲良くなった!と思いこむのは危険です。

⑦相手のことを良く知らない

どんなにネット上でやりとりして仲良くなったとしても
言い方は悪いですが所詮、ネット上のやり取りです。
文章だけ、良くても声だけのやり取りですよね。

なので、会うことになったとしても
お互いに、お互いのことを良く知らない状況なわけです。

そんな状況ですから、上で書いたことと少しだぶりますが、
やっぱり実際に会ってみると「こんなはずじゃなかった」という
点が色々出てくると思いますし、
これも上で書いたことですが、思っていたのと違う部分、というのは
たくさん出てくると思います。

顔も、ネット上で見るのとイメージが違うでしょうし、
性格も声と文章、せいぜい顔ぐらいしか知らないでしょうから
実際にあってみると案外、あんまり良い性格じゃなかったり…
そんなことも十分に考えられますし、
性格が合わない、なんてこともあるかもしれません。

そもそも年齢や職業などのプロフィールもあってるかどうか
分かりませんし…。

また、お互いの人間関係を知りませんから本当のことを
知るのが難しいのも難点の一つです
(共通の友人が居ないので)

まとめ

ネットでの出会いも別に良いとは思いますが、
個人的には深すぎずなポジションですね。
知り合うのは別に構いませんが、
そこを恋愛につなげようとは思わないです^^
(ただ、やり取りするだけなら良いのですけどね)

上であげたような注意点や気をつけるべきことを
覚悟した上で、ネット上での出会いを、恋愛などに
つなげていくのは良いとは思いますが、
色々と大変な部分があるのも事実なので、そこのところは
しっかりと把握して、失敗しないように気をつけたほうが
良いとは思います。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする