要注意!探し物を探している時に嫌われる言動&行動7つ!

店員Kです!

皆様は、何か探し物をしたことがありますか?
誰でも1回以上はありますよね?

久しぶりに「アレ」を使おうかなぁ…と思って
探してみたけれど見つからなかったり、
この前、あそこに置いたはずのものが見つからなかったり、
色々なケースがあると思います。

探しているのに目的のものが見つからない…!
っていうのは本当に辛い事ですよね。

しかし、この探し物をしている最中に、
周りの人から嫌われてしまうことも…!

今回は「探し物の最中に嫌われる行動・言動」について
まとめていきます!

スポンサーリンク

探し物が見つからない…

探し物が見つからない…
誰でも一度は経験があると思います。
早くアレを見つけて〇〇に使いたいのに…なんてこともあるでしょう。

ですが、不思議とこういう時って焦れば焦るほど、モノは見つからなく
なるものですし、
見つからないとだんだんイライラもしてくるでしょう。

その気持ちは分かります。

私も探し物が見つからないで焦ったことは一度や2度ではありませんから。

しかし…

探し物の仕方によっては嫌われる!

探し物をしている最中、無意識に周りから嫌われる行動を
とってしまう人も居ます。
周囲から見れば、迷惑でしょうし「嫌なヤツ」に写ってしまっているかも
しれません。

恐らく探している本人は”無自覚”なのだとは思いますが
無自覚でも、周囲に居る人間が「嫌だ」と感じてしまったら、
それはもう「嫌なヤツ」なのです。

では、探し物の最中に嫌われてしまう人間のパターンを紹介していきますよ。

①イライラする…

探し物が見つからないとイライラする気持ちは分かります。
思うように作業が進まない!というのはつらいですからね…。

ですが、たとえイライラしていても、その雰囲気を周囲に
見せつけるのはダメです。

私もバイト時代に、当時の店長が探し物を見つけられずに
もの凄くイライラした様子で、一人でモノを放り投げたり、していました。
もちろん、探すのを手伝うのは良いのですが
店長本人がどこかに置いたもので勝手にイライラされても本当に
困るんですよね。

探し物の最中にイライラした様子を周囲に見せる人。

これは嫌われますし、絶対に止めた方がいいです。
イライラして探し物が見つかるのですか?
変わらないですよね。

ならば冷静に探していた方が良いです。絶対に。

②八つ当たりする

これは①以上にやってはいけないパターンです。相手からすれば
「なんだこの野郎は!?」と思われても仕方がありません。

よく、探しモノをしている最中に、
なかなか見つからないと、
「お前に預けたよな?」だとか
「ここに置いておいてって言ったよね?」だとか、八つ当たりを
始める人が居ます。

これは一緒に探してくれている人に対して大変失礼ですし、
仮に一緒に探してくれてなかったとしても失礼。
絶対にこういうセリフを言ってはいけません。

もしも周囲に居る人に確認するのであれば
「決めつけるような口調」ではなく、穏やかに、尋ねるようにして
聞くのが最低限の礼儀です。

これも出来ないようであれば一人で永遠と探し続けるのが
良いでしょう。
「八つ当たりは絶対にダメ」

私も前の勤務先の店長にされたことがあります

「ここ置いたんだけど無いよ?どうすんの?」と
怒りっぽい口調で。

いやいやいやいや、
あなたがそこに勝手に置いたのでしょうが!

笑わせないでください!

こういうこと言う人は本当に嫌われます。
自分が反対の立場だったらどう思うか。
よく考えてから発言等されることをおすすめしますよ!

③いつまでも諦めない

時々、探し物をいつまでも諦めない「しつこい」人が居ます。
ここにあったはずだ、とか消えるなんてありえない!だとか。
ですが、人間諦めも肝心です。

本当になくなってしまったものは見つかりませんし、
一旦諦めてみると意外と後日、簡単に見つかったりする!なんてことも
ありますからね…

1時間も2時間も同じ場所をぐるぐると探しているのは
「みっともない」「あきらめが悪い」と思われても仕方がありません。

あなたは粘着テープですか!?と。

すぐに買い換えられるものなのであれば、
安いものなら買い替えてしまいましょう。

1時間探してるぐらいならその方が絶対に良いです。
時は金なりと言いますしね。

ちなみに、前の勤務先で、当時の店長が1円玉を無くしたとき、
1時間もずっと探していましたが
流石に病気かと私は思いましたね…。

④見つかっても謝らない

一緒に探してくれた人に対する礼儀ですね。
時々、一緒に探していたモノが見つかっても、
何もお礼の一つも言えない人も居ます。

それどころか②のように、人を疑っておきながら、
いざ見つかった場合は手のひらを返したように
「はは…あった」みたくご機嫌になる人。

特に、直前まで人のことを疑っていたわけですから
失礼極まりない…

とにかく「人を疑う」のはやめましょう。

⑤繰り返し探し物を始める

これは単なる管理不足ですよね。
何度何度も、毎週のように、繰り返しモノを探し始める人。
こういう人も嫌われます。

1回、モノを無くして「探す」という大変なことを味わったのですから
普通であれば「学習」しなくてはなりません。
しかし「学習」もせずに、何度もなんども同じことを繰り返す人。

こういう人は嫌われますし、仕事上の信頼だとか、
そういうものも失っていきます。

日頃の管理不足です。
しっかりと自分の管理体制を見直すことをおすすめしますよ。

⑥感謝の言葉を述べることができない

一緒に探してくれた人に対して、感謝の気持ちを述べることが
できない人。
これは人として問題ですね。
何かをして貰ったら普通は「ありがとう」の一言ぐらい言うべきですよね。
しかし、それを言うことができない人。

これは嫌われますし、それ以降、周りはだんだんと手伝って
くれなくなるでしょう。

何かをしてもらったら、
何かを手伝ってもらったら感謝の気持ちを口にする。

人として最低限の礼儀です。
それが出来ないのであれば、やはり一人で探すべきでしょう。

何度も例に上がっていますが、これも私のバイト時代の店長ですね。
私が手伝って見つけたのに、お礼の言葉一つも無し。
別にお礼が欲しいわけじゃないのですが、
神経を疑います。
「お前に礼儀はないのか?」と言いたくなるレベル。

⑦人の話を聞かない

探し物をしている最中に、周囲の方が助言をくれることもあると思います。
しかし、それにも耳を貸さずに一人で狂ったようにモノを探し続ける人。
これは、ただの暴君です。

ちゃんと、人の話には耳を傾けましょう。
もしかしたらその中に正解があるかもしれません。

イライラした様子で一人探し回っている上に、
周囲の言葉にも全く耳を傾けない…
こんな人は嫌われますし、
内心では「見つかるな!」なんて思われちゃってるかも
しれません。

実際にバイト時代の店長がモノ探しをしている際に
「〇〇にあるんじゃないですか?」と言ったところ
「そこはもう見た!」とキレ気味に言われましたが、
私が確認したところ「そこにあった」ことがあります。

完全に周囲の人を馬鹿にしていますね。
嫌われるのでやめましょう。

まとめ

探し物を探している最中は要注意です。
行動・言動によっては嫌われてしまう要因にもなります。

せっかく周りが手伝ってくれたりしているのであれば、
例えイライラしていてもそれを周囲に見せてはいけません。

と、いうよりも探し物をしている最中にイライラしている様子を
見せたり、八つ当たりしたりするのは厳禁です!

周りに不快感を与えますし、あなた自身が嫌われてしまう
一因になりますから、たとえイライラしていても、
我慢して、八つ当たりしないようにしましょう。

”人間”には理性がありますから
イライラも抑えられるはずです。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする