地震予知は不可能 地震予知のカラクリと本当の正体とは?

店員Kです!

地震。
毎日のように小さいものも含めれば日本のどこかしらで
起こっています。
もちろん、今日も既に地震は起きています。
それだけ頻繁に起きるなのです。

そんな恐ろしい地震。
よく言われているのが”地震の予知”
当たった、だとか何だとかたまに言われてますが
果たして本当なのでしょうか?

今回は私なりの意見と、地震予知の正体について
書いていきます。

スポンサーリンク

地震を予知する!

人類にとっては夢のようなことですよね。
地震が来るのが事前にわかれば先に避難しておくことだって
できますし、今に比べて大きくその被害を減らすことができるでしょう。

しかし、現代において”地震”を確実に予知することはできません。
”可能性が高くなった”と言えるぐらいが限界ですね。
地震予知を100パーセント成功させるような技術は今の人類にはありませんし、
天気予報のようなレベルにも達していません。
今の時代における地震予知はまだ赤ん坊のようなもの。
あってないようなものです。
とてもじゃないですが”予知”と言えるようなレベルではありません。

あくまでも予測しか出来ない…

月がどうこうとか、地震雲だとか、あくまでもその程度のことしかできないのが
今の人類の現状です。
地震の予知などできません。
本震や前震などについても、熊本の地震の礼を挙げれば分かる通り
最初は”前震”が”本震”だと思われていたなど、地震は自然の現象ですので、
今現在は人間ではとてもその発生確率などを正確に当てることはできません。

イルカなどが大量に浜辺に~!
みたいのも「毎回地震が起きる」わけではないので、
因果関係はなんとも言えませんが、確実な前触れではありません。

先日の太陽フレアに関してもそうですね。
こちらも地震に与える影響は解明されておらず、
先日の発生回数等を見ても特に特別変化している印象はありませんでした。

あくまでも「かもしれない」みたいな予想しか出来ないのが
現実です。

今現在できるのは「直前」に緊急地震速報を発信する。
それが限界です。
数日前の予知の類は全て「予想」にすぎません。

地震予知が「的中?」

ただ、中にはあの「地震予知」は的中してるよ?
という人も居ます。
しかし、これもうまく騙されているとしか私には思えません。

地震予知でお金をとったりしている事例などもあるようですが、
かなり胡散臭い商売であることは確かです。

で、世の中には「地震予知」が的中したと言ってる人も居ますよね。
これは一体なんなのか。その正体とカラクリを書いていきましょう。

地震は毎日起きている

まず、前提として地震は毎日起きています。
日本全国で1回も地震のない日など、1年の間でもほとんど
ありません。
で、地震予知をしている方の予知を見ると
「今後1週間以内に」とか
「今月下旬に」とかそういう不明瞭な言い方しかしません。

場所に関しても「北の方が」とか、そういうハッキリと言わない
スタイルの方が多いです
「この辺は気を付けた方がいいですね」とかそんな感じです。

すると、不思議なことにかなりの確率で予知って当たるんですよ…。

何故なら1日で数回(多い日は10回以上起きてます)
起きている地震。
その地震は各地で起きます。

すると
「数週間のうちに」ほぼ必ず「予知した周辺で地震は起こる」ことが
多いのです。

例えば「東海で今月下旬は怪しい動きがある」みたいな予知が
あったとしましょう。

で、海の地震って結構マグニチュードが高いものもあるのです
(陸地に揺れとしてはあまり届かないので震度はたいした数字にならない)

陸地から遠く離れた海でM5程度の地震
(このぐらいのレベルのは定期的にあります)が発生すると
こういう予知をしている方は言います

”ホラ、的中した” と。

なので、
”表現をぼかしている地震予知”は全てただ”の予想”だと
私は思います。

↑のような理由から地震がそこそこの回数、
毎日日本のどこかで起きているのですから
半分以上の「予想」は的中するでしょう。

地域を広い範囲で言っている予知(具体的な地域名は言わない)
発生時期をぼかしている予知(1週間以内 とか)

こういうのは全部、近くでたまたま地震が起きたら
「ほら、当たりましたよ!」と言おうとしているだけです…。

相応の回数の予知をしている

当たった!と言っている人も「たまたま」にすぎません。
どの地震予知の方も、結構な回数予知しています。
そして、必ず当たった予知より、外れた数の方が多いでしょう。
地震予知などできやしないのです。

それだけの回数、そして↑のような方法で予知と名乗り
情報を発信していれば誰でも数回ぐらいは的中するものです。

それに、方法はその方によって違いますが、
もし本当に合理的なデータを持ってして、予知を行っているのであれば
毎回のように当たるはずですし、
本当に予知ができるのであればネットでチマチマ情報など発進
していないはずですから。。

難しい言葉を並べて…

よく、地震予知をされている方は”難しい言葉”をならべて
専門的なことを言っている人も多いですが
これはほとんど全て科学的根拠のないものばかり。
もっともらしいデータを用いる人も居ますが、
それらも地震との関係性がはっきりと分かっているわけではなく、
実際に外している場合もあります。
このことから地震予知は現代では出来ない、というのが
現実的なところでしょうね。

後からなら何とでも言える

よく、後から「分かってた」だとか得意げに語る人も居ますが
後から何とでも言えますからね…
こういう方の言い分は特に気にしなくて良いと思います。
たまに、テレビに出ている方の中にも得意げに説明するような
方が居ますが、人間に地震の全てなんて分からないのですから…。

正に、後から何とでも言える!というやつです

根拠のない情報が出回る…

そして地震関係の話題はやたらと根拠のない情報が出回るものです。
わざと不安を煽ろうとしているんじゃないか?と思ってしまうほどに…
なので、日頃からの注意は怠るべきではありませんが
「〇〇が危ない!」みたいな話は気にしないことです。
特に、週刊誌系の地震関係の記事は全くアテになりません。
週刊誌通りに地震が来ていたら完全に終わりですよ^^
週刊誌は見出しと不安を煽ることで稼いでいるだけです。

また、都市伝説的な地震関係の話題も多いですね。
地震雲だとか、イルカが打ち上げられただとか、スーパームーンとか
太陽フレアとか…。
どれも基本的には100パーセント地震と関係があることが
証明されているわけではなく、
根拠のない情報です。

地震雲やイルカが発生しても地震が来てない時は来ていませんし、
来るときは雲やイルカが無くても来ています。
こういうふうに”来るとき”と”来ない時”がある!なんて事柄は
基本的には地震そのものとは関係のないお話だと私は思いますし、
事実、先日の太陽フレアの際にも
特に地震活動が増えているような傾向は見られませんでした。

地震の予知は現状では不可能!

と、いうことで地震の予知は現状ではできません。
”予知しているように見えるひと”は予知しているわけではなく
あくまでもここが危ないや・・程度。
確実な根拠などは一切ないのですし、実際には来ていないことも非常に多いです。

なので「ここが怪しいなぁ…」だとか個人の予想程度でしか無いのだと思います

まとめ

そのうち地震が予知できるのかどうか…と言われると
怪しいところですね。
天気予報ですらまだ100パーセントではないのですから
地震予知が今後出来るようになったとしても
やはり天気予報みたく外れることもあるでしょうし
(地震予報?)
出来るようになったとしても、まだ遠い未来のことだと思います。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする