殺虫剤の人体への気になる影響は?人体には基本的には無害!

店員Kです!

どこのご家庭でも夏場は活躍の機会が多そうな殺虫剤。
私もお店や家庭、両方で殺虫剤を活用しています。

もう秋になりましたが、まだまだ蚊も多いですし、
油断ならない状態が続いています。

で、先日、とある部屋に虫が居たので殺虫剤を
使ったのですが、
ちょっとその時に喉がやられました…

と、いうことで今回の記事では殺虫剤の人体に対する
影響を考えていきます!

殺虫剤は有害なのか、無害なのか…

スポンサーリンク

殺虫剤の人体への影響

殺虫剤の人体への影響…。
専門的な殺虫剤の場合は別ですがよくお店で見かけるような
一般的な殺虫剤、ピレスロイド系殺虫剤と呼ばれるものに関しては
人体が吸い込んだとしても、特に深刻な影響は出ないように
作られています。

殺虫剤を浴びてしまった、だとか、殺虫剤の充満している
部屋に居座ってしまっただとか、そういう心配をしている人も
居ますが、基本的には人間がそれで死んだり、後遺症が残ったり
ということはありません。

もしも”体調に異変”を感じたら医療機関の診察を受けた方が
良いですが、特に体調に異変が無ければあとから
急に倒れたりだとか、そういうことはありませんので安心してください。

そもそも考えてみてください。
少し人体が吸い込んでしまっただけで、死んでしまったりするような
薬品は、発売することなんかできません。
それに、もし殺虫剤がそういう薬品ならば、毎日のように
殺虫剤による死亡記事が出ているはずですよ…。

ピレスロイド系殺虫剤とは?

細かい部分は省いて、簡単に説明しますと、
市販されている殺虫剤の、大半がコレに当たりますね。
速攻性の強い神経毒になっており、虫に対して、
素早く効き目を発揮する成分になっています。
光や空気、熱に触れるとすぐに分解されるのも特徴で、
空気中に長く残らず、人体に影響の出ないように工夫されています。

基本的には人体に有害なものではなく、
無害(命にかかわるような問題は起きない)なように
作られています。

人間への影響は
目がしみったり、喉が少し痛くなったり、皮膚に付着した場合は
ヒリヒリしたり…そんな感じにとどまります。

また、他の生き物に対しても哺乳類であればほぼ影響はないとされるほか、
鳥類などにも影響はありません。
両生類や爬虫類、魚類もすぐに致死状態にはならないとされています。
…が、直接噴射するなどの行為はやめておきましょう。

ただし、油断は禁物

と、いうことで殺虫剤は基本的に無害なのですが、
それでも無茶な使い方は、厳禁です。
学生が殺虫剤を吸い込んで搬送されたりだとか、
そういう事例もありますし、
殺虫剤の種類によっては、人体に害を与える可能性はあります。

人に少し当たっただけだとか、
ちょっと吸い込んでしまったりだとか
そのレベルで死に至ることはありませんが
意図的に危険な使い方をすれば、
可能性は0ではないでしょう。
(それでも殺虫剤が原因で…なんてニュースは聞きませんけど)

わざと口に吸いこんだりだとか、
目に向けて発射したりだとか、
殺虫剤を狭い部屋で大量に使ってその部屋に居座ったりだとか
そういう、普通ではありえないような使い方をすれば
健康への影響が出る可能性もありますから気をつけましょう。

殺虫剤のトラブル対策

続けて、万が一、殺虫剤を使っていて、何かトラブルが
起きた場合の対策を書いておきますね。
基本的には商品パッケージにも似たようなことは書いてありますが
おさらいの意味も込めて書いておきます。

基本的には「死に至ることは無い」ので、
体調に異変が無ければ医療機関に行く必要もありません。
ただし、異変がある場合は、ただちに医療機関を受診しましょう。

①皮膚に付着した

殺虫剤が皮膚に付着した場合は、可能であればすぐにその部位を
洗い流しましょう。目に入った場合も同様ですね。
で、洗い流した後は特に気にする必要はありません。
多少、ヒリヒリしたりする可能性もありますが、それ以外に異常が
無ければ収まるのを待てばよいです。
ですが、腫れて来たり、その他の異常が出てくるようであれば
医療機関を受診しましょう。
何も影響が無ければ放置で大丈夫です。

皮膚を洗う際は石鹸で洗うことが推奨されています

②吸い込んだ

念のため、私はうがいをします。
喉などに付着していると、喉の痛みが出る可能性もあります。
この場合も他に症状が無ければ放置で大丈夫ですが、
何か異変がある場合は医療機関を受診しましょう。

閉めきった部屋で噴射して体調が悪くなった場合も、
医療機関に相談するか、換気してしばらく様子を見るかしましょう。
換気して落ち着いてくるようであれば問題はありません。

③食べ物に付着した

基本的には食べない方が良いです。
ただ、仮に間違って食べてしまったとしても
それが原因で病気になったり、体を壊す可能性はまずありません。
なので、万一食べてしまってもそこまでパニックになる必要は
無いかと思います。

ただし、体調に異変を感じた場合は、この場合もしっかり
医療機関を受診しましょう。

殺虫剤の体験談

ここからは私の殺虫剤使用上の体験談などを書いていきます。
やっぱり殺虫剤を毎年のように使っていると、色々と
ミスはするものなのです…
健康被害があったかどうかに関しても書いておきますね。

①噴射しすぎた…

自営業でやっているお店のトイレに虫がいたので
ワイドジェット系の殺虫剤を噴射しました。
噴射後、見失ったので再度部屋中に噴射。
それでトイレは閉めておきました。

で、問題は次にトイレに入った時。
殺虫剤のニオイが充満してしまっており、
目と喉が痛くなってしまいました。

念のため目を洗ってうがいをしておきました。
症状は30分程度で和らぎました。

閉めきった部屋での殺虫剤噴射はあまり良くないですね…

②自分に噴射してしまった その1

ある日の仕事中。
人間用の冷却スプレーを使おうと自分に向けて噴射したところ…
何か冷たくないなぁ?と思っていたら
冷却スプレーと容器のカタチが似ている
「コバエがいなくなるスプレー」でした(笑)

自分のシャツにコバエが居なくなるスプレーを
まいてしまいました(笑)※私はコバエではない!

この時はそのシャツは脱いで、噴射してしまった箇所を
少し洗っておきました。
皮膚にも少しつきましたが、この時は健康には何ら影響は
なかったですね。

③自分に噴射してしまった その2

これもコバエがいなくなるスプレー。いつものようにプッシュ
したところ、噴射口がザンネンなことに自分の方を向いていたため
そのまま自分に発射してしまいました(汗)
手にしっかりと全薬品がついてしまいましたので、
流し台で手を洗っておきました。
この時も別にヒリヒリしたりはありませんでした。

④バイトさんが…

私が雇われ店長をしているころ、バイトさんが閉店後のお店で
アースジェットを大量に噴射(虫に対して)しました。
この時、ちょうど閉店後でお店を閉めきっていたので、
喉が痛くなりました(笑)
喉の痛みは数時間続きましたね…
風邪とは少し違う痛み。
このように急性的な症状は出ることもあります。
うがいしたりもしましたが、すぐには治りませんでした。

まとめ

殺虫剤を吸い込んだり、浴びたりしてしまうと心配ですよね?
私もコバエが居なくなるスプレーを自分に噴射してしまったときは
心配でした…。
ですが、そこまで心配するものではないので、
正しい用法で使っていて、時々失敗するぐらいであれば
人体に影響は「ない」と考えて大丈夫でしょう。

ただ、殺虫剤をわざと充満させた部屋に居座ったりだとか
自分の口にふきかけたりだとか、
そういう”ありえない”使い方をしていれば
有害ではないとは言え、どうなるかは分かりません。

正しい用法で使うように心がけましょう!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする