プレミアムフライデー見直し!今度は月初に?企画者は世間知らず?

店員Kです!

プレミアムフライデー。
このブログでも何回か取り上げた話題ですが、
皆様ご存じですか?

月末の金曜日にいつもより少し早く(15時を推奨)
仕事を終えることで、ちょっとだけ早めに週末に突入して
消費を拡大していこう、と言う取り組みです。

まぁ、知ってのとおり、ほとんど浸透していません。
今後も浸透することはないでしょう。

しかし、今度はこのプレミアムフライデーに”見直し”の
動きが出てきたようです。
今更見直しとは(笑)

ニュースを見て、あまりにも世間知らずで
呆れてしまうと共に笑ってしまいました(笑)

これを考えている人たちは
一般社会で働いたことがないのでしょうか?

今回はプレミアムフライデーの見直しについて
書いていきます!

スポンサーリンク

プレミアムフライデーの概要

政府と経団連などが提唱したもので、2017年の2月より導入されたものです。
月末の金曜日に早期退社を促し、それにより消費を喚起、
経済を回していこう、というものです。

しかしながら月末の金曜日であることや、そもそも早期退社ということ
自体が困難な人も多く、ほとんどの企業で導入されておらず、
実際にその効果も出ていないものと思われます。

一部でプレミアムフライデーセールみたいなものをやっているお店も
あるみたいですが。そもそも一般人に対しては”関係の無い”企画であり
”身近に存在しない”ものなので、全く浸透する気配がありません

そんな中…

プレミアフライデーの見直し?

先日、経団連の会長により記者会見が行われました。
それによればプレミアムフライデーの見直しを検討しており、
月初にして欲しいとの声が非常に強い、とのこと。

「始まってから半年たつので見直しというか総括をしてみたい」
と会長は語っており、今後、政府と協議して見直していくそうです…

私は笑いました(笑)
世間知らずにも程がある(笑)
これじゃあ、プレミアムフライデーなんて永遠に成功しませんよ。

問題点を見ていきましょう

そういう問題じゃない

プレミアムフライデーの問題点は確かに、月末金曜日、という点にも
ありました。月末金曜日は会社の仕事上、非常に忙しい時期でも
あります。また、接客業などにとっても、給料日後である場合が
多く、非常に忙しい時期です。
…まぁ、そもそも接客業にプレミアムフライデーなど無縁ですが。

ですが、月初の金曜日に移動すれば解決か?と言われるとそうでは
ありません。
問題はそこじゃないんですよ…。

問題は「早期退社」と言う点。
それが無理だとみなさん言ってるんです。
現実を見てください!大手企業のごく一部しか導入しておらず、
現実的に早期退社なんて不可能なのです。

また、前の記事でも書きましたが、
仮に早期退社が出来たところで、大半の人はそのまま帰宅
するだけですよ?
お金も無いのに、誰が消費するんですか!?

お金に困ってない人が考えているのでしょうけれど、
消費されたいなら時間よりも前に金ですよ。

嫌な言い方ですが「金」です。
金が無ければいつまで経っても経済なんか回転しません!

そもそも、月初にしようが、導入できる企業は増えませんよ。
皆さん、こういうことを考えている方々と違って
机に座っているだけじゃないんですから…。
ちゃんと仕事があるんです。
仕事が無い人とは違うのです^^

月初にして欲しいとの声が多い?

「月初(の金曜日)にしてほしいという声は非常に強い」と
経団連の会長は述べていたとのこと。

違うでしょうが!

一番多い声は「プレミアムフライデー何て意味がない!」でしょう?

誰が月初にして欲しいと言ってるのやら(笑)
国内の数パーセントの中の声ですよね?

そんな限られた部分に耳を傾けていてどうするのですか?

早く現実に耳を傾けてほしいところです。
「プレミアムフライデーなんか導入できない」
「プレミアムフライデーなんか意味が無い」
これが世間一般の声だと思いますよ。

月初にする云々以前に、
システムそのものを見直す必要、
もしくはプレミアムフライデー自体を廃止する必要があると思います

それにしても、企画されている方々は
どこに耳を傾けているのか。
いつまでも殻に閉じこもってたら永遠に
経済なんか回りませんよ?

始まってすらいない!(笑)

「始まってから半年たつので見直しというか総括をしてみたい」と
コメントしているようですが、
数パーセントしか導入されてないのですから
「始まったと思い込んでいるだけ」でしょう。

一般社会において、会社が何か企画して
利用している割合が数パーセントだったらすぐに企画終了ですよ?

上司からは企画者は「お前は仕事していない」と言われるでしょう。

それと同じです。
プレミアムフライデーはそもそも始まってすらいません。

誰がどうして決定しているのか分かりませんが
企画している方々はちゃんと世間に目を向けた方が良いですよ?

見直しも統括も何もないんですよ。
そもそも存在していないのと同じなのですから。

世間知らず?

私は、プレミアムフライデーを考えている方は世間知らずだと思います。
一度でも一般の会社で働いたことがある人間であれば
月末金曜日だろうが月初金曜日だろうが、”早く帰る”ということが
どれだけハードルの高いことか良く分かるはずです。

それにすら気づけず、こんな的外れの”見直し”をしているようでは
恥ずかしいですね。

1か月だけでも良いので一般社会に出て働いてみてはどうでしょうか?
プレミアムフライデーがいかに”きれいごと”を言っているか
よく分かると思いますから。

後はちゃんと、周囲の意見に耳を傾けるということですね
「月初に」という声ではなく「無意味」という声が一番多いんです!

正直、こんなプレミアムフライデーなどと言うくだらないものにも
税金の一部が流れているのかと思うと、
払いたくなくなりますね。ただでさえ苦しいのに。

もう、無理…。

プレミアムフライデーはもう無理です。
諦めて廃止するしかないでしょう。
初めて半年でこんな迷走した挙句、まったく広がってないような企画、
会社だったら上司から叱責されて速攻で廃止です。

何をズルズル続けているのだか…。

もう、何をしてもプレミアムフライデーなど浸透することはないでしょう。
そもそも最初の発送自体が間違えなのですから。

世の中土日休み!と考えていそうな雰囲気も謎ですね。
社会のこと、何も知らないのではないでしょうか。

経済を回すには…

プレミアムフライデーは続けていても効果は出ないでしょうし、
もう残された道は「廃止」しかないと思います。

こんな企画、いつまでも続けていても全く意味がないでしょう。

ですが、経済はまわさないといけない、というのは分かります。
しかし…今の時代それが難しいのも現実です。

特に若者の世代は年金だのなんだの、搾り取られるだけ搾り取られて
全然お金が増えませんからね。
私も最近、節約のため昼食すら削ってくるぐらいです(笑)
仕事中に昼食を食べなくてもなんとかなるものですね!

まず、やはり解決するべき問題は「金」でしょうね。

金が無ければ、経済なんて100パーセント回りませんから。

具体案を出せ!
と言われると「うーん」となってしまうのですが
少なくとも言えることは「プレミアムフライデー」など何にも
意味がない!ということですね^^

まとめ

プレミアムフライデー…
もちろん経済を回そうとすることは良い事だと思いますし、
それに挑戦するのも良い事だと思います。

ですが、このプレミアムフライデーは申し訳ないですが
一般の社会を知らない世間知らずが作ったとしか思えないほど
お粗末な仕組みだと思います。

現実を見てください。
プレミアムフライデーで経済が回りましたか?
全然回ってませんよ。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする