遅い!早く作って!バイトのシフトを決めてくれない場合の対処法5つ

店員Kです!

アルバイトの悩みの一つでありがちなのが、
”店長がなかなかシフトを決めてくれない”こと。

固定シフトであれば、別に良いかもしれませんが、
変動するシフトの場合、早く決定してくれないと
困ってしまいますよね?

私も以前、バイト時代、
店長が全然シフトを決めてくれず困っていたことがありました。

時には明日の分が出ていない!なんて事もあったぐらいです。

シフトを決めてくれないと、
プライベートの予定も立てられない
他のバイトとの掛け持ちもままならない
医者などの予約も取りにくい と、

デメリットだからです。

なので、今日の記事では少しでも早くシフトを決めてもらう方法、
というのを書いていきますね!

スポンサーリンク

原因を突き止める

まず、シフトがなかなか決まらない原因を考えてみましょう。
早くシフトを決めてもらうには、まず原因を突き止めて
それを潰さなくてはなりません。

原因は、いくつか考えられますが、
大方こんな感じだと思います。

①アルバイトスタッフさんのシフト希望が
提出されておらず、作りたくても作れない

②店長が忙しくて、そもそも作る時間がない

③店長がシフト自体を軽視している

④店長が忘れている。

⑤会社や職場上の都合で、作りたくても作れない。

こんなところですね。

では、それぞれの場合の対処方法を
見ていきましょう。

①シフト希望が提出されていない

大抵のアルバイト先では、定期的にアルバイトスタッフさんに
シフトの希望(出れない日などを)聞く、もしくは提出してもらい、
全員分揃ってからシフトを作るカタチになっていると思います。

私も雇われ店長時代、
一部のスタッフからシフト希望がなかなか提出されず
シフト作りが出来ない!ということがありました。

そうです。”作りたくても作れない”のです。

私の場合は、自分で提出が遅い人にお願いして
なるべく早く出してもらったり、もしくはその人を後回しにして
先にシフト表を作ってしまっていました。

…が、店長によっては希望が全員分揃わないと作らない!って
人もいるかと思います。

対処法

これはもう明らかですね。
”シフト希望の提出が遅い”人の提出を早める。
ーこの一言に尽きます。

その遅い人が
「学校や掛け持ち先の都合で出したくても出せない」のか、
「単に提出を忘れているだけ」なのか見極める必要がありますが、
後者であれば、しつこくシフト希望を早く出してほしい、と
伝えれば改善する可能性はあります。

私の旧勤務先で提出が遅いスタッフも、繰り返しメールや
口頭で連絡していたところ、提出が少しずる早くなっていきました。

同じアルバイトの立場でも「早く出してほしい」と頼むこと
ぐらいは良い事だと思いますよ。

ただ、前者の場合はどうしようもないですね。
その遅い人なりのやむを得ない事情があるのでしょうから、
「お願い」するだけにとどめておいて、
諦めざるを得ません。。

あまりしつこく「早く出せ出せ」言っていると、
2人の関係に亀裂が入りかねませんから・・・。

②店長が忙しくて、そもそも作る時間がない

店長が忙しすぎてシフトを作る作業が後回しになっている・・・
そんな可能性もあります。
いつも、暇なく動き回っている、、そんな感じではないですか?

まぁ、とは言え、店長経験者の私からすると、
シフトなど作る気になれば30分前後で出来るので
忙しすぎて~というのはある意味では言い訳だと思いますが。。

対処法

この場合は、店長がやっている仕事の一部を自分が変わってあげる
など(代わりにできる作業があれば、ですが)して、
その空いた時間にシフトを作ってもらうのが一番ですね

「○○は私がやっておくので、その間にシフトをお願いします」
みたいな感じで。。

このパターンの場合は
店長の負担を和らげてあげることで改善する可能性が高いですね。

③店長がシフト自体を軽視している

店長が「シフトの作成」を軽視している場合。
これが一番厄介です。

その店長にとって、シフトというものの優先順位がとても
低い、ということです。
なので、作るのがギリギリになっても何とも思わない。。
そういうことです。

対処法

これを改善してもらうには
とにかく「お願い」するしかありません。

聞く耳を持つタイプの店長であれば
少しシフトを決める時期を早めるなどの配慮を
してくれるかもしれません。

…が、聞く耳を持たない店長の場合は
シフト決め=優先順位の低い仕事 なので、
改善は望めないでしょうね。

諦めるか、
バイト先を変えるか。

ザンネンながらそれしかありません。

④店長が忘れている。

作業量の多い店長などにありがちです。
他の作業のことなどで頭がいっぱいで単純に
作るのを忘れているパターン。

対処はこのパターンの場合が一番簡単です。

対処法

忘れている店長に「思い出させて」あげればそれでOKです。
雑談などをしている最中に、「すみません、シフトはどうなりますか?」
みたいな感じで、さりげなく思い出させてあげましょう。

ただ、このパターンの場合は、
定期的にお願いしないとまた忘れられてしまうので
注意が必要です。

⑤会社や職場上の都合で、作りたくても作れない。

会社側が会議の日程などをなかなか決めず、
それが原因で作れないパターンもあります。

こればっかりはどうしようもありません。。
その会社の体制自体に問題があるのでしょう。。

ここまでのまとめ!

シフトを作るのをなるべく早くしてもらうためには、

・シフト希望をなるべく素早く提出する
・店長の負担をなるべく無くす!
・繰り返しお願いする

の3点です!

店長にも色々事情はあるのかもしれませんが、
アルバイトの皆様には
なるべく早くシフトを知る権利があります!

早めに教えてください、とお願いするのは
全然良いと思いますよ!
(それだけで不機嫌になる厄介な人もいますが)

シフトを作る側向け

ここからはシフトを作る立場の人間向け。

貴方はシフトをなるべく早く作ってあげていますか?
後回しにしている?

ならば、もう少し早めに作ってあげましょう。

バイトの皆様は機械じゃありません。人間です。
色々と予定もあるでしょうし、早くシフトを
知りたいものです。

自分がアルバイト時代のことを思い起こしてみてください
(経験が無い場合は想像してみてください)
シフト決まってないと困りませんか??

そこで、なるべく早くシフトを作るコツを
少しだけ書いておきますね。

まず希望を集める

まずシフト希望を集めましょう。
希望の用紙などをなるべく早めに配り、提出を
お願いしておくと良いです。
お願いしてから集まるまで1週間~10日ぐらいは
かかると思っていた方が良いです。

なので、希望の募りはじめは、
早めにすることが大切です。

なかなか提出してくれないヒトには根気よく
何度もお願いしましょう。
ただ、攻めるような口調で提出を求めるのは逆効果。
あくまで”お願いする”スタンスの方が効果的です

やむを得ない場合は…

どうしてもシフト希望を提出できないスタッフがいる場合は
先にその他のスタッフだけでシフトを組んでしまいましょう。
ギリギリまで待たされる側は不満を抱きがちなので、
早く組むに越したことはありません。

作れるようになったらすぐに!

シフトの希望が揃い、作れるようになったら”すぐに”作りましょう。
後回しにしているとズルズルと先延ばしになります。

シフトづくりは頭を使いますし面倒です。
それは、私も経験しているので分ります。

ただ、シフトづくりを後回しにするのは
”夏休みの宿題を8月31日までため込む”ことと同じです。

先に宿題終わらせて夏休み満喫できた方が気持ち良いですよね?

なので、自分の為にも、アルバイトスタッフさんの為にも
作れる状況になったらすぐに作りましょう!

実例を少しだけご紹介

私の今まで見てきた店長たちのシフト作成スタイルはどうだったか、
簡単に書き記しておきますね。。

参考までにどうぞ!

店長Aの場合

この方はとてもシフト作成が遅い方でした。

シフト希望を集めだすのも遅く、
集まってもシフトを作成しない。

アルバイトからしてみたら天敵のような存在です
(その方もバイト出身だったはずなのですが…)

シフト表がその日までしかなく、
次の日すら決まっていない!ということもよくありました。。

また、シフトを組むのがあまり上手ではなかったようで、
よく欠員などが出ており、
その尻拭いを私がさせられてました(泣

店長Bの場合

この方はシフトを組むのが早かったです。
店長Aの後任の方だったので
スケジュールがとても組みやすくなり、
只々感謝です。

いえ、、これが普通のことなのでしょうけど、
あまりにも前任の方がシフトを軽視
されていたので・・・。

私の場合

私(店員K)が店長になった後は
店長A時代の苦しい思いを覚えていたので
なるべく早くシフトを作るようにしていました。

希望が揃ったら即作成!
なるべく全員の要望に応えてシフトを作る…
そんな感じで作っていました。

まぁ、悪く言えば少しせっかちすぎた気も
しますけど…。

最後に・・・

シフトが決まらない、作ってくれない…
辛い事ですよね。

何もアルバイトが人生全てじゃなく、
他に色々やることがあるというのに…。

この記事を参考に、少しでもシフトを早く作ってもらえるように
なれば幸いです。。

まぁ、店長によっては
もうどうしようもなく、諦めざるを得ないことも多いとは思いますが。。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする