ツイッターのアカウント凍結!凍結される可能性の高い行為7つ

ネット

店員Kです!

今回はツイッターの話題。
皆様ツイッターは使っていますか?
使っている方も多いと思います。

私もプライベート用のツイッターから仕事用のツイッターまで
色々な種類のツイッターを持っています。

しかし、ツイッターで恐ろしいのが
”アカウントの凍結”

通常、凍結までには警告など、何段階かのステップが
あるのですが、最悪の場合、凍結されてしまうと
復活できなくなってしまう可能性があります。

私は旧勤務先時代から、色々とツイッターのアカウントを
作っており、凍結についても色々と勉強・確認してみたので、
今回は凍結される危険性の高い行為を説明していきます。

凍結されるとどうなるの?

凍結されるとフォロー数やフォロワー数が0になり、
更にはツイートすることもできなくなってしまいます。
まぁ、事実上、利用不可になるわけですね。
で、この凍結、簡単に解除できる場合とそうでない場合があるようです。
この基準は分かりませんが、
電話番号の入力や規約を読んでチェックを入れるだけで復活
できる場合もあれば、
凍結解除依頼を出して、解除を待たなければいけない場合などもあり、
こちらの場合だと非常に面倒になっています。

基本的に1回目であれば、簡単に解除できる場合が多いようですが、
私の知り合いに「一発で」厳しい凍結をかけられたこともある方もいるので
その基準については明確には分かりません。

とにかく、変なことをするな!ということでしょうね。

ちなみに、復活しても、規約違反を繰り返していると
ツイッター側から「永久凍結」と呼ばれる処理をされてしまい、
二度と復活できなくなるケースもあるようです。

凍結される危険のある行為

それでは、ここからは凍結される恐れのある行為について
順番に書いていきます。

これらに気をつければツイッターが凍結されることはまずないとは
思います。しっかりと確認して、危険行為をしないように
気をつけましょう!

①アカウント大量作成

これは良くないですね。
規約上、現在のところ制限はないのですが、明らかにフォロワーを
稼ぐ目的など、邪な動機でツイッターを作っていると凍結される
危険性が上がります。
しないほうが良い行為として

・1日に何個もアカウントを作る
(複数作りたいなら数日空けたほうが安全)

・似ているアカウント名は危険
似ているアカウント名での大量作成は危険です。
全部凍結された!なんて例もあるみたいですから気をつけましょう。

・あまりにも大量に…
度を越した数ツイッターアカウントを持てば凍結される
危険性は当然まして行きます。
個人的には5前後が安全ラインだと思いますね。
10とか超えてくると危険です
(9で凍結された方を知っています)

まぁ、アカウントの作成はほどほどにって
ことですね^^

②フォロー関係

1日に大量のアカウントをフォローする行為。これも危険です。
前の勤務先で大量に相互フォローアカウントをフォローしている
店舗があったので、私が説明して止めたぐらいです。

また、フォロワしているアカウントを解除する行為
”アンフォロー”も危険なので、一度に大量に行うのはやめましょう。

50ぐらいなら大丈夫、という意見もありますが、
せっかく運用しているツイッターアカウントが凍結されてしまうのは
悲しいことですよね?

私の場合は1日「20以下」に必ず抑えています。
20であれば、数年間ずっと運用していますが
凍結されたことはありません。

③宣伝目的

例えばツイッターのツイート内容が宣伝ばかり
(他ホームページへのリンクやアフィリエイトと呼ばれる広告収入など)
だと、凍結の危険性が上がります。
オートツイート系の多用もあまりよくありません。
程よく、自分の言葉でツイートを織り交ぜたほうが良いですね^^

また、ダイレクトメッセージを過剰に送信する行為は
スパム扱いされる危険が高く、凍結の恐れも。
実際に旧勤務先でとあるキャンペーンで大量にDMを
送った際に凍結された事例があります。

Bot系も凍結されやすいですね
同じツイートを毎日繰り返しているだけだったり、
同じ宣伝を繰り返していたり…
機械的なものは凍結されやすい傾向にありますし
最近はこの傾向が強まっています。

④ツイート内容に問題がある場合

犯罪行為の予告など、そういった内容のツイートや
成人向け系統の画像を大量に貼り付けしてあったり、
同じ内容のツイートを連続で投稿したり、
コピペのツイートをしたり、
そういう内容のツイートは凍結のターゲットになる可能性があります。

また、複数アカウントを持っている場合に、
それぞれのアカウントで同じ内容のツイートを行ったりする行為、
ハッシュタグ「#」を尋常じゃない量、一つのツイートに使ったり・・・
これらも危険行為です。
個人的にハッシュタグは一つのツイートに対して3つを限度に
運用していくと良いかと思っています
(あまり多いとツイート自体の見栄えも良くなくなります)

⑤フォロワー数のバランス

これは旧勤務先の別店舗で凍結されたことがあるので注意です。

「フォロワーを増やせ」という指示が本社からあったので、
とあるお店が大量に他のアカウントをフォローしてフォロワーを
増やそうとしていたところ、凍結されました。
多少の差(1000フォロー 500フォロワー)ぐらいなら
個人的には平気、という印象ですが、
あまりにも差が開いてくると、上のような事例もあり、
危険ですから、差が開いてきてしまった場合、
フォローを一時やめるのが良いかと思いますよ。

⑥放置

ツイッターにログインせず、ツイートもせず、何もしないで放置
していれば凍結される可能性は十分にあります
(もう使っていない、と思われるわけですね)
ただ、これも時期は具体的には明かされておらず、
1ヶ月で凍結される人も居れば、ずっと残ってるアカウントもあります
(私の旧勤務先時代に破棄したアカウントは
 1年以上ログインしてませんでしたが残ってました)

まぁ、基準は全く分かりませんが
残しておきたいアカウントであるのであれば
定期的に簡単なツイートでも良いのでしておくことは大事かと
思いますよ!

⑦スパム報告…

他のユーザーなどからスパム報告された場合。
これは当然凍結の可能性が高くなっていきます。
ただ、普通に利用しているだけではスパム報告される可能性は
少ないかと思います。
挑発的な言動をツイートで繰り返していたり、
宣伝ばかりしていたり、
リツイートばかりしていたり、、そう言った行為は多少の危険があるので
出来れば回避したほうが良いかと思います。

こんなところですかね…。
この7項目を気をつけてさえ居れば、
凍結されることは少ないのではないかと思います。
実際に、私はツイッターをいくつも持っていますが、
現時点では、どのアカウントも凍結未経験です^^

余談

過去に私が1回だけ凍結を受けたケース。
旧勤務先時代に別アカウントをとあるPRのために
作ろうとしたときのこと。

アカウントを作成した直後に何故か凍結されました(笑)
なので諦めてそのアカウントは破棄しました…

これは、同じIPアドレス(つまり、同じ場所から)
いくつもアカウントを作っている場合に起こりやすいとのことですね。
起こらないときもあるので、基準は謎ですけれど、
同じパソコンやスマホでたくさんアカウントを作っている場合に
起きやすいのだとか。

また、最近ではツイッターの基準が
厳しくなっており、何の問題もないのに凍結されるという
事例なども報告されています。
人間以下の扱いをすると、などなど、色々と変化が
続いているので、注意しましょう。

まとめ

ツイッターのアカウント凍結。
具体的な基準ははっきりしておらず、
あの時は平気だったのに、今回はダメなのか、とかそういうレベルで
イマイチあいまいだったりします。

しかしながら、ツイッターの運営が嫌うようなことを
なるべくしないように心がけて、
上に書いたような7つの項目に注意しながら運用すれば
ツイッターが凍結されることはまずないかと思います。

ただ、具体的な基準がない以上、
上のようにやっていても凍結される可能性は0ではないので、
その辺はご了承下さい。

私のアカウントだって、急に凍結されるかもしれませんし…