自営業が羨ましい?自営業に抱かれがちな幻想とその真実!

店員Kです!

”自営業は羨ましい”
そう言われることもあります。

ただ、それは”幻想”です。
自営業の世界は大半の人が地獄を見ていますし、
幸せではない人間も多いです。

本当の意味で、幸せで成功している自営業者は
ごくわずか。
外から見ると気楽そうに見える自営業も実際に
やってみると分かりますが、
会社員時代とは違った意味での地獄が待ち構えています。

それを知らずに自営業を始めてしまうと、
恐らく「こんなはずではなかった…」と思ってしまう
ハズです。

と、いうことで今回は
自営業が羨ましい、と思っている方向けに、
自営業の現実をお伝えします!

スポンサーリンク

自営業が羨ましい…

確かに、サラリーマンなどをやっているとそう見えるかもしれませんね。
私もまだ独立などを考えておらず、ただ日々を過ごしていた時は
自営業って楽そうでいいな~などと思っていました。
人間関係のストレスもなさそうですし、儲けることができればとても
幸せそうだと。
しかし、実際に自営業を始めようと考えて、色々と調べていくうちに
その考えは変わって行きましたね。。

自営業に幸せなど、基本ありません。
小さな幸せはあっても苦しみの方が多いんですよね…。

自営業の現実!

ここからはよく、”羨ましい”と言われることの現実を
ポイントごとに見ていきましょう!
真実を知れば、案外自営業なんて羨ましくもないと思いますよ。
外から見ると、楽園のように見えるかもしれませんが、
その実態は楽園のような姿をした地獄なのですから…

時間に余裕がありそう!

これは…色々自由に仕事ができる、という点では確かに自由ですが、
逆に言えば、仕事をしなければ収入が入ってきません。
実際に独立してみると分かるのですが、仕事とプライベートの境目が
曖昧になってしまいます。

仕事がうまく行っていない時はプライベートでも多少の作業を
したりしなければなりませんし、
場合によっては休日も潰さなくてはなりません。

また、お店などの場合は土日に休むわけにはいきませんし、
休日であっても、自営業は自分とお客さんの直のやり取りですから、
場合によっては休日が潰れることも。

確かに、ブラック企業などに比べれば時間に余裕はできるかも
しれませんが、精神的な余裕は反対に、失っていきます…

加えて、「時間に自由がありそう」と言う人も
居るかもしれませんが、お店系の場合はそうはいきません。
ちゃんと営業時間の決まっていないお店なんて、信用されませんし
しっかりと営業時間を定めて仕事をしなければなりませんから…

お金に余裕がありそう!

これは間違えです。
余裕があるのはごく一部の自営業者だけ。
ほとんどの自営業者は高すぎる(?)税金にヒーヒー言ってます。
税金に潰されそうなぐらいとられますからね。

会社員時代は保険料など、会社が一部負担してくれているものも
ありましたが自営業になれば自己負担です。
なので、余計に税金が高くなりますし、利益を上げるようになれば
個人事業税だの消費税だの、なんだかんださらに税金をとられて
しまうので恐ろしい限りです。

「儲かってる?」と聞いて「儲かってるよ」みたいな返事が
返ってきてもそれは「強がり」かもしれません。
実際はほんの少ししか儲かってなかったり、実は赤字だったり…
自営業の人には変に見栄を張る人も多いですからね。

廃業している自営業者の数を考えてみてください。
ほとんどが数年以内に廃業しています。

この事から考えても、自営業でお金に余裕がある人なんて
ほとんどいない!というのが現実です

気楽そう!

これは半分正解、半分ハズレです。
会社員時代などと違って、上司や同僚などはいないのが
基本ですから、人間関係の面では気楽です。

ただし、違う面は、逆に苦しくなるのですよ…。

例えば、お客様とのやり取りは1VS1。
サラリーマン時代なら何かクレームになったとしても
上がどうにかしてくれる場合もありました。
ですが、自営業になるとそうはいかないので、
よりお客さんとのやり取りには神経を使う必要があります。

さらに、収入も全部自分次第です。
なので、売上があれば収入も入ってきますし、
無ければ収入もありません。
そうすると、気楽どこらか精神不安定になります。

いつまで経っても安定した、安泰な生活を送ることができない…
それも自営業の恐怖の一つだったりします。

ヒマそう!

確かにヒマな自営業者も居ると思います。
ですが、ヒマと言うことはどういうことか…。
「儲かっていない」ということですね…

その日1日は良いとしても、
ヒマな日が続いてしまえば自営業者に未来はありません。
ヒマそうに見えるお店は、恐らく苦しんでいるでしょう。

自営業は暇そうだからいいな、なんて思っている人は
間違えです…。

ヒマ、ということは未来が無く、絶望するしかない状況です。

ヒマしてて儲かる仕事なんてない!ってことですね。
ヒマそうにしていて本当に儲かってるのは
ごく一部の人間だけです。

税金 節税できてうらやましい!

よく領収書などを発行してもらって税金を節約している人を
見かけると思います。
自営業は「節税」できていいよな…と思うかも知れません。
しかし、そもそも自営業は税金が高いのです。

しかも、確定申告などを自分でやらなくてはなりませんし、
税務調査みたいなことにも対応しなくてはいけないのです。

確かに領収書による節税はメリットかもしれませんが
実際にはデメリットも多く、あまりプラスになることなんて
思い浮かばないですねぇ…。

リストラとかなくていいな?

確かにリストラされることはありません。
これからの時代は「自営業だ」なんて言ってる人も居ますからね。

ですが、リストラ以前の問題。
生き残ることがそもそもできない自営業者が過半数です。

まぁ、変な話、リストラはされても自分の全てを失うわけ
じゃありません。
難しいとは思いますが転職の道だってあります。

ですが、自営業はそうはいきません。
倒産してしまえば手元に残るのは借金のみ。

しかも自営業者の再就職はなかなか難しい…
何故なら会社勤めの”空白期間”ができるわけですし、
自営業をやっていた人は”使われる”ことを嫌う人間も多く
会社からするとなかなか採用したくないものなのです。

年齢的にもある程度行ってしまっている場合は
さらに辛いですよ。

ノルマなくていいねー!

これは大間違えです。
確かにノルマはありませんが、
今度は自分で収入を稼がなくてはなりません。

会社勤めにおけるノルマは達成できないと色々ガミガミと
言われますし、辛いものです。
ですが、自営業で、売上を稼ぐことができない!というのは
自分の生活もできない!ということなので、
ノルマ以上のプレッシャーになりますよ。。

今月の売上はこれだけか…もう駄目だ…みたいな感じです。

会社のノルマのプレッシャーに耐えきれなかった人は
自営業の利益に対するプレッシャーには絶対に耐えられないでしょう…

正直なところ、かなりプレッシャーになりますよ。。
売上が低いと、本当に悩みます。
精神的に弱い方には絶対におすすめできません。
実際に鬱になったりしている人もいるぐらいですから…。

まとめ

自営業が羨ましい…確かに
隣の芝生は…みたいな言葉があるように、自分が実際にやる前には
良いものに見えると思います。

ですが、実際にやってみると分かります。
私はかなり調査してから始めたので予想通りと言えば予想通りなのですが
相当厳しいです。

時間も、お金も、プライベートもなかなか充実できないこの現状。

確かに、華やかな生活を送っている自営業者も居ます。
ただ、それはごく一部です。
彼(彼女)らは、想像もつかない努力と、
類まれなる運を持っていたのでしょう。

普通の人はなかなかそこに辿り着けず、潰れていくのが現実なのです。。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする