悪い評価を0に!オークション出品~発送までの悪い評価対策!

店員Kです!

以前の記事で「オークションにありがちなトラブル」という記事を
作りましたが、
(記事はコチラ)

今回の記事では”非常に悪い(評価)”がつく可能性を少しでも減らすために
4年以上オークション発送を毎日のようにしている店員Kが、
どうすればより安全かを書いていきますね!

出来ることなら、なるべく悪い評価がついていない方が
出品したものが売れやすいですからね!

スポンサーリンク

出品時に気を付けること

まず、出品時に気を付けることから。
意外と出品時のあれこれが原因となって、悪い評価をつけられてしまう
可能性もあるので、まずはこの部分から気を付けていきましょう。
なるべく、不安材料は潰しておく…というのが大事なところです。

説明文

まず説明文。ここを気を付けましょう。
結構なんだかんだで「説明文に書いてなかった~」というクレームは多いです。

例えば中古商品であれば傷が見えなくても
「中古となりますので多少の傷や使用感があります」などの文章を
書いておかないと
”細かい傷があった 説明と違う 非常に悪い”などと書かれてしまいます。

なので、あらかじめ中古なので~~ということを明記しておくことで
これらの悪い評価は防ぐことができますね。

あとは、送料関係の説明。これをしっかりと書いておきましょう。
”送料を多くとられた 詐欺だ”みたいなことを言ってくる人もいるので、
予め送料は説明文に明記しておくことをおすすめします。

他にも、怪しい部分や注意事項がある場合は、全て予め文章中に
明記しておくことをおすすめします!

例えば”他の商品と一緒には発送できない”や
”この商品はダンボールに入れず、プチプチで包んで そのまま発送します”など、
多少、説明文が長くなってしまっても仕方がないので、
しっかりと全部書いておきましょう。

書いてないと、すぐに突っ込まれますから…。

写真…

写真も大事な部分(傷)などが写ってないと
突っ込まれることも。
ただ、使っているカメラ次第では細かい部分まで写らない場合もあるので
ある程度、諦めは必要ですが…。

数年間オークションをやっていて、思う事ですが
大半の人は平気です。が、ごくまれに写真で突っ込んでくる人も
居るので確実性を求めたければ、写真も正確にした方がよさそうです。

連絡関係で気を付けること!

お客様とのやり取りの部分でクレームになってしまうこともあります。
まぁ、、言いがかりみたいなのが多いのも事実ではありますが、
連絡関係で注意する点についても見ていきましょう。

連絡はなるべく早めに…

お客様への連絡はなるべく早めにしましょう。
落札された後の送料連絡や発送連絡など、
素早くすることが大切です。
忙しくて1日お待たせしてしまうと、非常に悪いがつくことも。
(実際に旧勤務先でつけられたこともあります)

なので、出来るだけ早い方が良いです。

あとは発送の際の連絡。
配送の問い合わせ番号などを間違ってお伝えしないように
二重三重の確認しておきましょう。

”伝えられた問い合わせ番号が違っていた
 いい加減な会社だと思う”

みたいな感じで非常に悪い がつく可能性も否定は
できませんから。。

質問

オークション出品中に見ている人から質問が来ることも。
説明文に書いてあることを質問してきたり、オークションの終了直前に質問してきたり、
そもそも英語だったり、、
色々なパターンがあります。

が…質問に答えないと
”質問への答えがなかった 非常に悪い”なんて評価をつけられことも。

ただ、全ての質問に回答していると時間の無駄になりますし、
質問で非常に悪い評価をつけられた経験はあるにはありますが、
数えるほどなので、この辺はある程度妥協して、
「ちゃんとした質問」にだけ答えるようにしておけば良いかと思います。

もちろん、死んでも悪い評価を貰いたくない!という人は
全ての質問に答えた方が良いとは思うのですが…
かなり神経を使いますし、個人的には労力の無駄だと思います。

評価

オークションの取引終了後の評価。
これを入れないと、
”評価を頂けなかったので悪い評価にします”と言われてしまうことも。

大量にオークションの出品をしていると、正直に言ってしまえば、
評価を返すことすら大変ですが、
最低限”落札者側から評価を貰った”ら、必ず評価をお返ししておきましょう。

評価してこない人は、
こちらが評価しなくても特に何も言ってこないはずです
(評価してこない=評価に興味がない 人がほとんどです)

まぁ、確実さを求めるのであれば、評価も全員に返した方が
良いのですけれども。。

ちなみに「評価不要です」って人が厄介。
数多く取引しているとうっかり評価してしまうこともあります。
そして、評価してしまうと
”評価不要と言ったはずです 非常に悪い”とされてしまうのです。

個人的にこれが一番怖いですね。
数十件単位で取引していると、いちいち覚えてられない…というのが
本音です
(取引関連なら、ヤフオク上に表示されるので忘れませんが・・)

発送関係で気を付けること!

連絡と出品時の注意点が分かったところで、次は発送関係。
発送の際のトラブルが原因で非常に悪い評価などをつけられてしまうことも
あります。せっかく送るのですから、できればトラブルには
したくありませんよね?

と、いうことで発送時に気を付けることも書いていきますよ!

発送時のミス

例えば送る商品を間違えた、発送先を間違えた、など発送時に
ミスをしてしまえば、非常に悪い評価がついてしまう可能性は
飛躍的に上がります。
発送前に宛先を間違えていないか、送るものを間違えていないかは
しっかりと確認しておきましょう!

特に、一日に10件単位で送るような出品者だと、
送り先を間違えてAに送るべきものをBに、Bに送るべきものをAに
送ってしまった!なんてケースもあるので、
これはとにかく気を付けたいところです。

一度に2件非常に悪いがつくかもしれませんし、
送料も2件分、2倍になってしまいますから…。

梱包

梱包は人並みにしていれば大丈夫ですが、
紙袋にそのまま本をシュート!などだと悪い評価が付きやすいです
(実際に大手古本屋のオークションはこれで結構 悪い評価がついてます)

プチプチ付きの封筒か、ダンボールに入れるのがベストですね。

プチプチ付きの封筒に、直に送るものを入れて送っても
とりあえず問題はなさそうです。
今までに1000件近く送ってますが、一度もクレームにはなってません。

あとはキツキツに詰めすぎたりだとか、そういうのは避けた方が
良いかと思います。

これは大丈夫!

店員Kの経験上、これはやっても大丈夫!ということを書いておきますね。

・ダンボールの再利用
これは大丈夫です。数百件送ってますが、何かを言われたことはありません。
自分がアマゾンで商品を注文した時に届いたダンボールや、
別の業者から届いたダンボールなどを使いまわしてますが、
あまりにもボロボロのものでなければ大丈夫なはずです。

ただ、念のため「アマゾン」の部分をガムテープ隠したりは
していますけどね…。

・緩衝剤…
緩衝剤(ダンボール内の隙間を埋めるためのもの)に新聞紙や広告を
使っても大丈夫かどうか?
答えは大丈夫(大半の人は) です。
店員Kは数百件、新聞紙で発送してますが、問題ありません。

ダンボールの隙間をプチプチで埋めるのは費用的にも
勿体無いですし、
受け取る側のお客様も基本的には緩衝剤などすぐに廃棄するでしょうから、
新聞紙で大丈夫だと思いますよ。

ただ、成人向けの内容とかのはやめておきましょう。
あくまでも普通の新聞紙を。

まとめ

非常に悪いをなるべく貰わないようにする方法はこんな感じですね。
後は運に身を任せるしかありません。

上では書いていませんが、
いつまで経っても連絡のない落札者を”削除”すると報復評価されることも。

こればっかりはどうしようもないですね…。

まぁ、少しでも可能性を減らしたければ
・削除する日を予告する
・削除。
と、いう手順を踏むことですかね。

削除しないって手もありますが、それはこちらが色々と面倒なので…。

基本的には上のことを気を付ければ非常に悪いはまず
つかないとは思いますが、
それでも時々、変な人に当たってしまうこともあります。

真面目に取引していれば、非常に悪いがついたとしても1つや2つ。
そのぐらいなら買う側も気にしません。
なので、あまり気にしすぎるのも良くないとは思いますが、
極力、貰わないで済むようにはしていきましょうね!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする