要注意な出品者を見破る!オークションで危険な出品者8パターン!

店員Kです!

ネットでのオークション。
気軽に個人での売買が出来る場として、
最近では利用している方も多いと思います。

気を付けて使えば便利なオークションですが、
中には悪質な出品者が居るのも事実。

オークショントラブルに巻き込まれている人も居ます。

今回は、そんなオークションのトラブルに巻き込まれないために
「危険な出品者」の事例をまとめていきます。

これらの特徴がある出品者が出品している商品に
関してはできれば落札しない方が良いです。

スポンサーリンク

怪しい出品者の特徴

オークション出品者は、実際にやり取りしてみないとどんな人かは
分かりません。
ですが、事前に評価をみたり、過去の取引の記録をみたりできるので、
その部分から「この人は怪しい」と判断することができます。

もちろん、評価が良い相手から購入してもトラブルになってしまう
可能性は0ではありませんし、
逆に評価の悪そう、怪しい出品者から購入しても必ずトラブルに
なるとは限りません。

ただし、やはり「怪しい」出品者から購入すればトラブルになる
可能性は上がります。

なるべくトラブルを避けたいのであれば
以下のような特徴のある出品者からの購入はできるだけ
避けた方が良いです。

オークション取引の経験をもとに「危険な出品者」を書いていきます。

①評価が低い出品者

これは言うまでもないとは思うのですが、
オークション評価の低い出品者からの購入はできる限り避けた方が良いです。
報復評価だとか、言いがかりで評価をつけられてしまう場合ももちろんあります。

ですが、そう頻繁に報復評価などをされることはありません。
やはり、ある程度「非常に悪い」が多く、オークション評価が低い人に関しては
何らかの問題点がある、と考えるのがふつうです。

目安として「95%」は評価が欲しいところです。

90パーセントだとか、80パーセントでも
数字としては高く感じるかもしれませんが、
例えば80%だと、10人に2人とはトラブルになっている、と
いうことになってしまいます。
結構危ない感じだとは思いませんか?

ですから、出来るだけ、評価の良い人から購入するようにしましょう。

②新規の出品者

まだ評価のついていない新規の出品者。
純粋に初めてオークションに出品しました!って人も多いとは思いますが
何らかの悪さをする出品者も「新規」として出品していることは
非常に多いです。

ですが、純粋な新人さんなのか、それとも、何らかの目的を持った
捨てアカウントなのか、見分けをつけるのは非常に難しいです。

純粋なご新規さんの場合でも出品販売時のやり方に
手間取るなどのトラブルも考えられますから
冷たいようですが、新規の出品者からの購入は控えた方が確実ではあります。

③最近の取引がない出品者

評価自体は良くても、最近、取引をしていない出品者は
少し怪しいです。
例えば、最後の取引が1年以上前だったり、半年以上前だったり…。
もちろん、ただ単に、久しぶりにオークションで売ってみるか!という感じで
ある可能性もあるのですが、
アカウントが「乗っ取り」された場合など、以前とは別の人間が
アカウントを使っている可能性も否定できないのです。

半年以上取引が無いアカウントに関しては注意した方が
良いかと思います。

特にその出品者が異常なまでに安い価格で商品を出品したり
している場合は、かなり怪しいです。

④言葉遣いが悪い

評価の欄などのコメントで、汚い言葉づかいをしている出品者は
注意した方が良いです。
例え評価が良くても、です。

相手から煽られているのだとしても、それに乗っかって
同じ土俵に立っている出品者や、
意味もなく落札者に酷い言葉を投げかけたりする出品者に
関してはたとえ評価が良くても、
もし、自分がその人とトラブルになれば、
”そういう態度”をされるわけです。

ですから、これは注意しなくてはなりません。
評価欄で、コメントのやり取りに、乱暴な言葉や
汚しい言葉を使っている出品者は
「普段は温厚だとしても、何かあれば凶暴になる」ことを示しています。

こちらが悪い事をしていなくても
トラブルになる可能性は0パーセントではありませんから、
出来れば落札しないことをおすすめします。

⑤写真が無い

オークションで出品されている商品に写真が1枚もついていない場合。
これもイマイチ信用できません。
単純に写真を載せていないだけかもしれませんが、
写真ナシということは「手持ちにその商品が無い」可能性もあると
いうことですし、落札前に詳細な商品の状態も見ることが
できない、ということです。

実際に写真が無いと、出品者がそもそも商品名などを
(悪気がなくても)勘違いして出品している可能性もありますし、
実際に思っていたものと全く違うものが届く可能性も。

また、状態に関しても想像以上に酷い!なんてことも
あり得ますから注意が必要です。

細かい部分まで全て見ることが不可能ではありますが、
やはり写真の掲載は大事な事です。

⑥説明文が適当

オークション商品の説明文がとても適当だったり、
いい加減な感じ、文章が崩壊しているような感じだったりする場合も
入札は控えた方が良いかと思います。
特に細かい条件が書かれていないような文章だったり、
適当な印象を受ける感じの文章だったり、
もしくは「どうとでも解釈できるような曖昧な感じの文章」だったり
する場合は、入札を控えた方が良いかと思います。

説明文と異なるカタチで送られてくる可能性も否定できませんし、
説明文がいい加減=対応がいい加減である可能性もあります
(もちろん、そうではない人も居ますが)

⑦質問などへの対応に違和感

出品者に質問をすることもできます。
この時に、少しでも”違和感”を感じたら、その出品者からの
購入は控えた方が良いかと思います。

そう言う時の違和感ってあたるものです。

聞いたことに対してはぐらかすような感じだったり、
高圧的な感じの解答が戻ってきたり…。
そういう場合は、入札はやめた方が良いと思います。

ただ、質問が返ってこない場合は例外です。
特に、直前に質問した場合はなおさらです。、
四六時中オークションを確認していられる人なんていませんから
単に確認できなかっただけかもしれません。

⑧落札しかしていない人

別に悪い人では無いのですが、
評価欄の評価は落札・出品ごとに確認することができます。
出品者の評価が良くても今まで「落札」しかしていなかった人に
関しては少しだけ注意した方が良いかもしれません。

理由としては、今まで落札しかしていなかった=
出品には不慣れであることが考えられるためです。

出品の方に不慣れな出品者から購入すると
発送が思ったよりも遅かったり、
落札者とのやり取りが上手くいかなかったりする場合もあります。

これも「必ずしもそう」とは限らないのですが、
少しでもトラブルになる可能性をさげたい!と言うのであれば、
評価の大半が落札のほうの評価の人からは
入札・落札を避けた方が、より安全になるとは思います。

まとめ

オークションで入札する際に、気を付けた方が良い出品者は
だいたい上のような感じでしょうか。
特に「評価の低い人」「新規」「最近の取引が無い人」などに
ついては警戒した方が良いと思います。

オークションで商品を出品している人なんて、
それこそ、星の数ほどいます。
その中には良い出品者も居れば、悪い出品者も居ます。
が、それだけ大量の出品者が居るのですから、
わざわざ「怪しい」出品者から商品を購入する必要などないのです。

少しでも「怪しい」だとか、違和感のようなものを
覚える相手からはわざわざ商品を購入する必要はありません。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする