結婚はリスクでしかない?一体何がリスクだと言うのか!

店員Kです!

”結婚はリスク”
そう考える人も、最近では増えてきました。

確かに、結婚にはリスクが伴います。
もちろん、良い事もありますが、
悪いところもある、
それが事実でしょう。

不景気な今の時代、
結婚に対してリスクを感じてしまうのは
仕方のない事です。
確かに、考えてみれば色々なリスクがあります。

今後もこれらの”リスク”が解消されない限り、
さらに結婚しない人間が増えていくと思いますし、
もう、そういう状況に歯止めが効かない
状態にまで来ていると思います。

では、”結婚のリスク”とは何か。

それを見ていきましょう。

リスクだらけの結婚

結婚は、悪いものではありません。
良いものでも、悪いものでもない。
結婚自体は、どちらでもありません。

大事なのは、結婚したあとの当人たちの生活と、
その周囲を取り巻く環境になりますね。
それによって、
結婚して良かった!幸せ!と思える人も当然いれば、
”結婚なんてするんじゃなかった”と
地獄のような苦しみを味わうことになってしまう人も
存在するのです。

が、良い・悪いは別として
結婚には色々なリスクがつきまといます。
結婚したい人も、興味ない人も
結婚のリスクについては、しっかりと知っておいた方が
良いのではないでしょうか。

一人の時間を失う

まず、結婚すれば、一人の時間を失います。
家に帰ればパートナーがいるわけですし、
子供が出来れば子供も居ます。
欲も、悪くも賑やかになるでしょう。

そして、それが良いかどうか考えるのはあなた自身です。

一人だと寂しい!という人にとっては
これはプラスの要素ですが、
一人の時間が大切!という場合、
結婚することで、その時間を失うことになります。

家族として一緒に暮らす以上、
全て自分の好きにようにすることはできなくなります。
”他人”との協力関係が大事になってくるので
そのあたりは覚えておかなくてはなりません。

金銭的なリスク

当然のことながら、結婚するのにはお金がかかりますし
結婚したあとも、お金はかかるようになるでしょう。

結婚前には結婚式などをする場合はお金が
かかると思いますし、
そういった形式手的なものを全てカットしたとしても、
やはり、両親に挨拶しないといけませんし、
お金の消費が0で済むことはないかと思います。

もちろん、結婚後もそうです。
2人で共同生活を送る、ということは
少なからずお金が減って行くことになりますし、
子供が出来れば、さらにお金は減って行くことになります。

そういった面もリスクの一つになるでしょう。
もちろん、共働きであればそれを補うことも
可能ですが、必ずしも共働きとは限りませんし、
収入も、自分ひとりのために全て使えるわけではありません。
お金に関しての自由は確実になくなっていきますし、
自分の使いたいようにお金を使う!
ということに関しては、どんどんできなくなっていくのです。

離婚のリスク

結婚する前に「本当にその相手で大丈夫なのか」ということは
考えておいた方が良いかと思います。
結婚前から喧嘩が多いだとか、性格があまり一致しないだとか
そういうことがあるのであれば、よく考えましょう。

何故なら”離婚”のリスクがあるからです。
結婚して、何かあれば離婚すればいいや、なんて
軽い考えをしている人は特に要注意です。
離婚はそんなに軽々しく出来るものではありません。

もちろん、双方が納得した上で離婚するのであれば、
書類などを提出するだけでスムーズにいきますが、
離婚とはそんなに簡単なものではありません。

例えば、一方が離婚を拒否している場合に関しては
離婚調停などが行われることになり、
時間も労力もかかることになります。

また、どちらかの親族が離婚に反対し始めた場合に
関しても、話はこじれることでしょう。

さらには、子供が出来ていた場合、親権はどちらが
持つのか、という問題も生じますし、
場合によっては男女問わず、相手に養育費を
払うことになる場合もあります。

そういった”離婚”に関するリスクも
しっかりと考えておきましょう。
結婚して、何かあったらはい離婚、
というわけにはいかないのですから…。

趣味に関するリスク

自分の趣味に対する影響もありますね。
結婚をすれば、当然、相手と共同生活をするわけですし、
相手との時間や、子供が出来れば子供との時間も
大切にしなくてはいけません。

そのため、自分の趣味を場合によっては
犠牲にしなくてはいけないような状況に
なってしまう可能性もあります。

大げさな例では、趣味に関するものを
全て家族に売却ばされてしまったりだとか
そういうような家庭もありますし、
少なからず趣味が制限、もしくはできなくなる
可能性もある、ということは覚えておきましょう。

もちろん、すべての家庭がそうとは限りませんし
同じ趣味で出会った人間同士ならそういった
心配も要らないかもしれませんが、
いずれにせよ、注意は必要です。

面倒事は増える

結婚すれば、面倒事は増えます。
人と一緒に居るわけですから、
それは、仕方のないことです。

その面倒事を一緒に乗り越えて行けるかどうか、
それともそんなことはごめんなのかどうか。
それによっても、結婚するべきかどうか、
色々と考える部分はあるかと思います。

子供が出来れば、子供は可愛いとは思いますが
色々な苦労も出てきますし、
子供に関係するトラブルなども発生してしまう可能性は充分にあります。

親戚づきあいも広がります。
相手方の親戚とも付き合いをする必要が出てきますし、
もしもその中に厄介な性格の人間などが居た場合に関しては、
これまた余計なトラブルに巻き込まれる可能性もあります。
親戚に相性の悪い人が居れば、そのことに関して
悩むようなことも出てくるかもしれません。
結婚相手がどんなに良い性格の人間だったとしても、
その人の親戚まで良い人とは限りません。

そのため、この点もリスクになりますし、
慎重に考える必要があります。

慎重に生きることを求められる時代

現代は、慎重に生きることを求められる時代です。
便利になった反面、昔のような自由は
無くなったのかもしれません。
ブラック企業化やネット世界の拡大などなど、
色々な部分でリスクを負うことになる世の中。

”1回失敗すれば立ち直れない”
そんなダメージを人生の中で受けてしまうことも
あるでしょう。

本当に、今の世の中はリスクだらけです。
特に、若い世代(私も20代ですが…)にとっては
リスクはなるべく避けたいモノ。
ただでさえ生活が苦しいのに、
それ以上のリスクを負えるか、と言えば、
そこまで余裕のない人も多いでしょう。

結婚には、リスクが伴います。
これは、まぎれもない事実です。
その先に、リスクをはるかに超える幸せが待っているかもしれませんし、
更なるリスクが待っているかもしれません。

ですが、一つ言えることは、
人々が慎重になったのは、時代の流れであると思います。
何事も慎重に判断しないといけない時代。
結婚に対して慎重になるのは当たり前のことでしょう。

一体何がリスクだと言うのか。
それは、これまでに説明してきたとおりです。
どんなに結婚が良いものでも、
そこにはリスクがありますし、
リスクをとってまで、その先の幸せを求めるか、
と言われればそんな余裕がない人はとても多いのです。

まとめ

結婚が悪いもの、とは言っていませんが、
色々なリスクを背負うことになるのは事実だと思います。
そのリスクを乗り越えて行けるかどうか、
そのリスクを幸せに変えられるかどうか。
それは、結婚後の当人同士と周囲の環境次第ですが、
そんな”リスク”を取ってまで結婚しよう!と思えるほど
余裕がなくなってきている人が増えているのも事実ですし、
リスクを取ってまで結婚したい!と思う人が
減ってきているのも事実です!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする