遺伝子組み換え大豆とは?何が危険なの?見分け方は?

店員Kです!

遺伝子組み換え大豆、という言葉を
聞いたことはありますか?
豆製品などのパッケージ裏面を見ると
”大豆(遺伝子組み換えでない)”などの表示が
されているのを見たことがある人もいるかと思います。

ですが、この”遺伝子組み換え大豆”というものが
何なのか、ということまではあまりご存知では
ない方も多いのではないかと思います。

”遺伝子組み換え大豆”とは何か。
それを、見て行きましょう。

遺伝子組み換え大豆とは?

人間の手により、人工的に遺伝子を組み替えることによって
生まれた作物ですね。
つまり、自然のまま育てられたわけではなく、
人間によって遺伝子操作が行われた大豆、と覚えておくと
良いかと思います。

大豆以外にも、色々な遺伝子組み換え作物が存在しており、
日本でも、世界でも、色々な場所で出回っているのが実情です。

遺伝子組み換えを行う目的としては
様々な目的が存在しており、
除草剤への耐性、害虫への耐性、貯蔵性の拡大などの
目的が存在しています。

食べても大丈夫なの?

一番気になる部分はここだと思います。
遺伝子組み換え大豆を食べても大丈夫なのかどうか。

結論から言えば、これは”問題ありません”

遺伝子組み換え大豆を危険視する人も居れば、
容認する人も居ますが、
いずれにせよ、食べたら即座に有害になるだとか
そういう食べ物ではないので、
そこのところは心配しなくても良いのではないかと思います。

遺伝子組み換え大豆を長期間摂取すると
健康被害が出る、などの情報もありますが、
これらも”科学的に解明されているわけではない”と
いうことは覚えておきましょう。

ただし、逆に言えば
“人間の体に対して無害”と証明されているわけでもありません。

よく、過剰に反応する人が、
遺伝子組み換え大豆は毒のようなものだとか
大げさな表現をすることもありますし、
逆に、推進する人が、大げさに安全性を広めようと
するようなケースも見受けられますが、
実際のところは”長期的に摂取した際にどうなるかは分からない”
というのが答えになりますね。

知らぬうちに食べている、だとか
少し食べた、だとか
そのぐらいで健康被害が出ることを心配する必要は
“全くない”とは思いますが、
意識的にあえて、遺伝子組み換え大豆を食べ続けたりすれば
どうなるか分かりませんが
そういう極端なことをしなければ問題はないはずです。

あまり過敏になりすぎる必要はないですが、
一応、体への影響に関しては不明、ということだけは
覚えておくと良いかもしれません。

見分け方は?

食品に使われている大豆が、遺伝子組み換え大豆かどうかを
判別する方法に関しては、一つです。

商品パッケージの裏面などに記載されている原材料のところに
大豆(遺伝子組み換えでない)などと表示されていれば
基本的には、遺伝子組み換え大豆は使われてないことになります。
また、遺伝子組み換え不分別と書かれているものもあり
これは、遺伝子組み換え大豆が混じっている可能性が示唆されています。

ただ、実際のところは基準に抜け目があり、
遺伝子組み換え大豆を知らぬうちに食べている人が
ほとんどであると言われています。
例えば5パーセント未満の混入であれば
<遺伝子組み換えでない>と表示することが許されており、
少しずつ遺伝子組み換え大豆を含んでいくことも可能なのです。

また、外食など、そういった場所でも遺伝子組み換え大豆が
使われている可能性はあり、
商品パッケージなどである程度見分けることできますが、
遺伝子組み換え大豆を絶対に食べないようにする、
ということは実際のところは
非常に難しい、というのが答えになります。

あまり、遺伝子組み換え大豆というモノに対して、過敏に
ならない方が良いのではないかと思います。

誰もが知らないうちに、遺伝子組み換え大豆を
口にしている、
そう思っておいた方が確実であるかと思います。

日本では生産されていない

遺伝子組み換え大豆は、日本では生産されておらず、
輸入されているかたちになります。
毎年、かなりの量の遺伝子組み換え大豆が輸入されており、
これを、知らずに消費している人も多い、というのが
実情になりますね。

現時点では、遺伝子組み換え作物の商業栽培は
行われておらず、大豆も当然のことながら
遺伝子組み換え大豆の生産は日本では
行われていません。

ただし、法律で禁止されているわけではないため、
いずれ、遺伝子組み換えの作物の栽培が
日本でも開始となる可能性は十分に残されています。

反対運動なども存在しますが、
健康に与える影響についてはっきりと解明
されているわけではなく、全てがデメリットと
いうわけでもありませんから、遺伝子組み換え大豆の
今後については、非常に難しい所であるのも事実です。

まとめ

遺伝子組み換え大豆は、知らぬうちに
誰もが少しずつ摂取しているものです。
<含まれていない>とされているものに関しても、
上でも書いた通り、わずかながら含まれている可能性もあります。

ただ、意識的に遺伝子組み換え大豆を食べ続けたりしない限りは
基本的には健康被害は無いものと思います。
気にして居たら、何も、食べられなくなってしまいます。

ある程度は回避することはできますが、
全く食べないようにする!
というのは難しいでしょう。

”健康への影響については不明”というのが現状ではありますが、
日常生活を普通に送っていて、普通に大豆を
食べている分に関しては、特に大げさに
気にする必要はないかと思います。
普通に暮らしているだけで、健康被害が出てしまうのであれば、
今頃大変なことになっているはずですからね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする