都合が悪くなると体調不良に。大迷惑をかけていることを知るべき

世の中には、
恥ずかしい事に都合が悪くなると
体調不良になってしまって
入院してしまったり、会見をキャンセルしたり、
本来出てくる場所に出てこなくなってしまったり
する人もいます。

よくお偉いさんなどが使う手段の一つですね。

ですが、これはとても恥ずかしいことであり、
大迷惑の行為です。
こういった恥ずかしい行為をしないように、
よ~く考えて行動するべきです。

体調不良で逃げるのは愚策

体調不良を言い訳にして逃げる…
世の中にはそういうザンネンな人が多く存在するのも事実です。
特に、何らかの失言をしたり、
責任を追及されたりしている人が
こういった、”仮病”を使って
(仮病とまではいかなくても大して調子も悪くないのに)、
逃げようとする人たちが居ます。

が、その行為がどんなに恥ずかしくて、愚かな行為であるのかは
しっかりと知っておく必要はあるかと思います。

みんな分かっている

まず、体調不良で逃げる、というのは
みんな分かっていることです。
もはや、世間の目を欺くことはできませんし
会社などの小さな集まりにおいても、
都合の悪くなった上司が体調不良で休んで
逃げはじめれば、周囲はほぼ全員が
「あぁ、あの人は逃げたんだな」となるわけです。

仮病で誤魔化せるか、と言われれば
答えはNoです。
誰もが、都合が悪くなったから逃げたんだ、と
心の中で蔑むでしょうし、
実際に恥ずかしい行為です。

仮に周囲は何も言わなかったしても、
周囲もみんな分かっているでしょうし、
”本当に恥ずかしいことである”ということは
理解しておいた方が良いでしょう。

病院に迷惑がかかる

都合が悪くなって、体調不良になって入院
してしまうような人が世の中にはいます。
特に、有名人や、社会的に名の知れている人間が
良く使う手段です。

が、これは病院、特に他に病院の一室を必要と
している人からしてみれば、大迷惑でしょう。

本当に体調の悪い人は除きますが
自分の立場が悪くなった途端体調不良になって
入院してしまう、なんて都合がよすぎです。
笑わせないで欲しい、といったところでしょうか。

病院側は結局のところ、
お金が入ってきますからどちらでも良いかもしれませんが
現場で働くスタッフからすれば
「この人体調不良でもないのに何でここに来てるの?」と
言うことになってしまいますし、
他の患者さんからしてみれば、不愉快極まりないでしょうし、
もし、病室が足りていない場合、
体調ではなく、都合が悪くて入院している人は
迷惑以外の何物でもありません。

都合が悪くなったら入院してしまう、なんて
考えの持ち主ですから、
自分が迷惑をかけている!ということにも
なかなか気づくことができないのだとは思いますが
冷静になって、よ~く考えてみることをおすすめします。

病院は、都合が悪くなったら身を隠す場所ではありませんし、
お金を払っていれば良い、という問題でもありません。

あらゆる部分に迷惑がかかる、ということを知るべきです

実際に病気で苦しんでいる人への風評被害を生む

例えば、適応障害だとか、
そういった病名がついたとしましょう。
もしも本当にそうであればともかく、
これがこじつけであったり、
自分自身が不適切な行為をし、
いざとなったら精神的に追い詰められて
適応障害になってしまった、などというのは完全に自業自得です。

それなのに、”自分は病気です”と宣言する。

これは非常に悪質な行為であり、
本当にその病気で苦しんでいる人に大変失礼かつ、
風評被害を生むきっかけになります。

例えば、不適切な発言や行動をした人が
「〇〇」という何らかの病気で公の場に
姿を現さなくなったとしましょう。

そうなればどうなるか。

都合が悪くなったら「〇〇」の病気だと言うことに
して逃げられるのか、だとか
〇〇って便利な病気だよな、
だとかそういう風評被害に繋がるわけです。

そして、本当に苦しんでいる人に対しても、
そういう目で見られるようになってしまったりだとか、
そういう風評被害が広がります。

勝手に病名を名乗ること…
例え診断書が出たとしても、
逃げ道のための診断書は、
本当にその病気で苦しんでいる人に対して
大きな迷惑がかかることになるのです

あらゆる方面に迷惑がかかる

そして、何らかの対応をせずに体調不良で逃げる、
ということは当然、色々な部分に迷惑をかけるわけです。

会社であれば関係者
政治関係者であればその関係者。
必ず、あなたが体調不良で逃げた分、
誰かがその分苦労することになりますし、
家族がいる場合は家族にも迷惑がかかるでしょう。

逃げていては何も変わりませんし
一度やってしまったこと
一度発言してしまったことは、
もう消し去ることもできません。

大人しく諦めて、
素直に謝罪、説明をすることが
最低限の行動であると思いますし
”何か問題が起きたら体調不良を起こして逃げる”という
悪質な手口は、もう時代遅れです。
周囲はみんな、「あ、こいつ逃げたな」と思っていますよ。

仮病であれば論外ですし、
もしも大したことないのに大げさに言ってるのであれば
自分がどれだけ迷惑をかけているか考えること。
そして、もしも本当に重病だとしても、そうなるきっかけを
作ったのは、この場合自分自身であることをしっかりと
自覚するべきです。

まとめ

何らかの不祥事を起こして、
体調不良で入院したりする…

古臭く、みっともない手口は、もうやめましょう。

何のためにもなりませんし、
結局逃げたところで、今の世の中では
何も変わりません。

何か問題を起こしたなら素直に謝る。
子供のころから、そう教わっているはずです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする