契約社員は結婚できない?その理由を徹底的に解説!

契約社員が
結婚するのは、とても難しいことです。

今の世の中は、そもそも結婚すること自体の
ハードルが上がりつづけており、
結婚したくてもできない人も増えましたし
逆にそもそも結婚するつもりがない人も増えました。

結婚する、しないは個人の自由ですから
そこのところは別に何も問題はありません。

ですが、結婚したいと思う人にとって
覚えておかなくてはいけないことは
”契約社員が結婚するのは難しい”ということですね。

全く不可能とは言いませんが
ハードルが上がるのは事実です。

では、どうして契約社員は結婚できないのか、
その理由を見て行きましょう!

結婚できない理由は?

もちろん、どんな立場であれ
100パーセント結婚できない、というわけではありません。
契約社員でも結婚する人は結婚しますし
無職であっても結婚する人はいます。
もっと言えば、犯罪者であっても結婚
している人はいますからね…。

ですが、それでもやはり
結婚できる確率としては低くなってしまう、
ということもまた一つの事実です。

結婚なんてどうでもいいや!という人であれば
別に全然気にしなくて良い部分ではありますが
どうしても結婚したい!と考えている場合は
このあたり、しっかりと注意を
していかなくてはいけません。

収入が少ない

まず、最初の理由としては
正社員と比べると、契約社員の方が収入が少ない、
というのが一つの理由になりますね。

結婚するにも夫婦生活をするにも
子育てをするにも
何かとお金がかかりますし、
そもそも結婚するまでに辿り着くためにも
お金が必要です。
婚活をするにしてもお金がかかりますし
恋愛結婚するにしてもそれに至るまでに
お金がかかります。

となれば、当然、収入が少ない契約社員は
不利になって当たり前ですし、
中には相手がいたとしても
収入面の懸念から結婚することを
諦めたりするような人もいるのではないでしょうか。

また、収入が少ないと
自分の気持ちにもなかなか余裕が
できないものですから、結婚、という方向に
気持ちが向かない可能性も十分にあります。

契約社員自体がいけない、というわけではありませんが
結婚も、要するは”お金”ですから
収入が少ない(ことが多い)契約社員の場合は
なかなか結婚が難しい、というのは
現実問題としてあることです。
そのことは、よく覚えておかなくてはいけませんね。

世間体の問題

”契約社員”というだけで
実際の収入や人間性関係なく
敬遠されてしまう可能性もあります。
婚活などをするにしても
”契約社員”という肩書だけで
避けられてしまったり、
そういうことは実際にあることですし、
相手がなかなか結婚に踏み切れない、
ということも実際にあることです。

また、仮に結婚を決めた相手が
いたとして、相手がその気だったとしても
契約社員であることを理由に
相手の両親や自分の両親が
反対する可能性も十分にあります。

そうなってしまうと
場合によっては結婚どころではなくなってしまい、
結婚の話自体が消滅してしまう
可能性も十分にあります。

相手の両親が”契約社員なんて絶対に駄目だ”という
場合、まずは説得しなくてはいけませんが
どんなに説得しても、受け入れてくれない場合は
実際にあります。
そのようなこともありますから
仮に中身がどうであったとしても
”契約社員”という肩書だけで
不利になってしまう部分というものは
そこら中に転がっている、というのが
現実になります。
なかなか厳しい部分ですよね…。

将来が安定しない

正社員であっても、ずっと安定した
生活をしていくことは、とても難しい時代です。
しかし、契約社員の場合は
正社員以上に、ずっと安定した状態で
働いていく、ということは非常に難しく、
常に将来への不安、というものが
付き纏うことになります。

そういった点でも結婚というのは
難しい部分になってしまいます。

やはり、将来どうなるかが分からないと
自分自身でも不安な部分は出てくると思いますし、
結婚する相手からしてみても、
やはり不安な部分は出てきてしまうでしょう。

もちろん、ある程度安定している
契約社員もあるとは思いますが
それでも絶対と言い切ることはできませんし、
いつ、どんな風に職を失ってしまっても
おかしくありません。

結婚する上では、やはり”安定”も一つの
大事な要素になりますから、その安定を
手にすることのできない契約社員は、
風あたりがある程度強くなってしまう、
ということは仕方のないことです。

自分に自信もなくなる

なんとなく、自分に自信がなくなってしまう、
という人も多いかと思います。
自身がないと、やはり結婚は遠のきますし、
相手を見つけるのも難しくなります。

自分が契約社員であっても
そのことに自信を持っていれば良いですが
なんとなく引け目を感じてしまったりだとか
そのようなことがあれば、
やはりそれはマイナスになりますし
相手からしてみても”大丈夫かなぁ”という
気持ちになってしまうことは事実です。

ボーナスや老後の心配

契約社員の場合、ボーナスや退職金が
存在しないようなケースもあります。
そのため、収入面では、
月々の給料以外にも、より不安な面が
出てきてしまうのも事実です。

そうなってしまうと、
やはり収入面とは別の部分でも
金銭的に相手が気にするようなことも
あると思いますし
自分自身の生活にもゆとりが
無くなって来るのは事実です。

もちろん、フリーターや契約社員であっても
自分ひとりであれば生活していくことは
全然不可能ではありませんし
退職金はともかく、ボーナスはなくても
充分にやっていくことはできるかとは思います。

ただ、”結婚”までするとなると
やはり話は別になってきます。
結婚するとどうしても費用が掛かりますし
共働きであっても子供まで生まれたりすれば
さらに苦しくなりますから、
ボーナスや退職金のない環境では
非常に苦しい、というのも
否定できない現実になってしまうのです。

恋愛も難しい

そもそもの話ですが、
結婚するとなれば、相手を
見つけなくてはなりません。
自分と結婚するわけにはいきませんし
架空のキャラクターとの結婚も
法律上は認められていません。

と、なると相手を見つけなくてはいけませんが、
方法としては「恋愛結婚」するか「婚活(紹介なども含む)」するか
どちらかになるかと思います。

婚活に関しては上でも書いた通り
契約社員という肩書が不利になったり
そもそも婚活にかけるお金がなかったりと
非常に厳しい状況になってしまいます。

が、恋愛に関しても
やはりお金が大事になりますから、
なかなか金銭的な余裕を十分に作ることのできない
契約社員では上手く行かないようなこともあります。
愛があればどうこう、なんて言う人もいますが
結局のところ、その愛を繋ぎとめておくためには
お金が必要になってしまうことも多いですし、
なかなかそう綺麗ごとだけでは
済まないことも多いのです。

恋愛にしても、婚活にしても
契約社員という立場は
残念なことに、なかなかそう上手くは
行かない、ということは
覚えておかなくてはいけないかと思います。

まとめ

契約社員のままだと
結婚できる確率はザンネンながら
下がってしまうかと思います。
確実に下がる、ということは
言い切れませんが、
それでも”下がる”ということは
断言しても良いでしょう。

残念ながらそう簡単にはいかないのです。

もちろん結婚はできなかったらできなかったでいいや、
というぐらいの考えであれば
無理して結婚する必要など、全く持ってないのですが、
「どうしても結婚したい!」という場合は、
婚活云々よりもまず、正社員を目指して
基盤を固める方が、先決であるかと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする