ゴールデンウィークの人員確保!お店が人手不足にならないために…!

ゴールデンウィーク中の人員確保。
これは、しっかりと考えておかなくては
ならない課題です。

特に、お店にとって
人手不足は恐ろしい事態。
連休中は基本的に来客数が増えて
売上が伸びることも多いですから
しっかりと対応できるように、
事前に考えておかなくてはなりません。

ですが、ゴールデンウィーク中は
人手を確保するのに苦労することになってしまう場合も
あるのです。

GW中に人が足りなくて
現場は地獄状態。
そんなことになってしまわないためにも、
しっかりと対策を考えておく必要があります。

GW中に人手不足にならないための方法を
店長経験を元に伝授していきます。

GW中の人員確保のポイント

ゴールデンウィーク中の人員確保。
これは、もしもお店を普通に営業するのであれば
とても大切なことです。
くれぐれもいつもと同じような感覚で
そのままGWに突入してしまうと、
「あ、人が足りない!」なんてことになってしまうのです。

そういったことにならないためにも、
しっかりとポイントを抑えておき、
ゴールデンウィークに人員不足にならないように
対応していくようにしましょう。

そのためのポイントを解説していきます。

先にスタッフの予定を確認する

まず、大事なポイントとしては従業員の予定を
しっかりと確認しておく、ということになります。
直前で、〇〇さんはゴールデンウィーク中は
シフトに入れない、なんてことに気付いて
慌てふためいても遅いですし、
他のスタッフにも迷惑をかけることになってしまいます。

そのようなことにならないためにも
早め早めに、アルバイトスタッフさんを含む全ての
スタッフにゴールデンウィーク中にシフトに
入ることはできるのか、それとも入ることは
できないのかをしっかりと確認しておく、
ということがとても大切になります。

もちろん、あまりに早く聞けば
「まだ予定が分かりません」という人も
いるかと思いますが
GW中は”いつも通り出られそうか”それとも
”何か予定を入れるつもりなのか”大まかな予定を
確認しておくことができると良いかと思います。
(予定を入れるな!だとかそういう強要はしてはいけません)

早めにお願いしておく

いつも通りスタッフがシフトに入れるのであれば
特に何もする必要はありません。
もしも休日で多くの来客が予想される場合のみ
人員を追加しておくと、よりやりやすくなるぐらいで、
いつも通りスタッフさんがシフトに入れる場合は
ここでこのお話はお終いです。
GWだから何か予定があるだろう、と思っていても
案外、スタッフに予定がないこともあります
(私の店長時代には”むしろ稼ぎたい”みたいなスタッフもいました)

ですが、出られないスタッフがいるなどして、
人員が不足することが予想される場合は
早めにほかのスタッフに出られないかどうかを確認して
早めにお願いをしておくことが大切になります。

スタッフも人間であり、機械ではありませんから
直前になって急に言われても対応などできないのです。
ある程度事前に伝えておかなくては
「え?いきなり言われても」ということにもなってしまいますから
人員が足りないと判断した時点で
どのスタッフにお願いするのか、ということを
しっかりと決めておき、対応を行うことが
大切になります。

社員や店長が穴埋めをする

アルバイトスタッフに確認しても、
どうしてもスタッフを確保できない場合も
あるかと思います。
あくまでも”お願いする”立場なので、
無理矢理強引にシフトに入れたりだとか
そういうことをしないように注意して下さい。

もしもどうしてもアルバイトスタッフさんの
都合がつかないのであれば、次は
社員や店長で補うしかありません。
“無理をしない程度に”社員や店長が上手く
交代しながら、シフトに入っている
アルバイトスタッフさんと協力しあいつつ、
やっていくしかありません。

が、無理はしすぎないようにしてください。
社員や店長が倒れてしまっては
それこそ大問題ですし、
そこまでして働く必要があるかどうか、と
言われれば答えはNoです。

もしも社員や店長でも穴埋めができない場合に関しては、
次のステップに進む必要があります。

本社と相談し、応援をお願いする

本社と相談し、応援をお願いするのも一つの方法になります。
自営業の場合はどうにもなりませんが、
フランチャイズや、チェーン店などであれば、
本部が必ずあると思います。

その場合、なるべく早めに本社に相談し、
指示を仰ぐようにして下さい。
本社がどのように対応するかどうかは分かりませんが、
もしもちゃんとした本部であれば、
他の店舗から応援をまわしてもらえる可能性もありますし、
本社に人間がいれば、本社から応援を回してもらうことの
できる可能性もあります。
まずはしっかりと本社に相談してみることが大切になります。

が、本社によっては、「自分たちでなんとかしろ」みたいな
対応である可能性もあります。
自分たちでなんとかしろ、と言われてしまった場合は
もはやどうにもなりません。
その場合は、最後の手段を使う必要があります

営業時間の短縮や休業を検討する

人員確保が出来ない、社員や自分自身もこれ以上は
無理ができない、本部に相談しても対応すら
してもらえない。

なのに営業しろ、などと言われても、
それは無理な話だと思いますし、
物理的に不可能です。

人員確保が現場の責任、と言っても
アルバイトさんに予定がある場合、
それを強引にシフトに入れることはできませんし、
今のご時世、人員削減削減と上が五月蠅い環境であることは
確かだと思います(自営業の場合はまた別ですが)

そのため、現場だけではなく、上にも責任があるのは事実。
しかし、その上が、助けを求めても何の対策も示さないのあれば
ザンネンながら、最終手段に出るしかありません。

それが、営業時間の短縮や休業ですね。

まず、どうにもならない場合
”営業時間を短縮することでどうにかできないかどうか”を
検討してみてください。
もしも、営業時間を短縮すればなんとかなる、ということであれば
営業時間変更を検討し、変更が決まり次第、お店に貼り出しをしたり、
お店のSNSがあるのであれば、そこで告知をするなどするようにしましょう。

が、営業時間の短縮でもどうにもならない場合は、
ゴールデンウィーク休みを作ってしまうしかありません。

人手が足りず、営業に支障が出るような状態で
営業することは防犯上も良く無いですし、
お客様からしてみても困りますし、トラブルの原因にもなります。
そのため、無理な状況で営業するよりかは
どうしても無理ならしめてしまった方が良い事もあります。

本社にもその旨伝えておく必要はありますが、
どうしてもの場合、本社と相談し、営業時間短縮や
GW休みを検討するしかありません。

もしもそれで本社が文句を言うのであれば
「じゃあどうすればいいのか」ということで、
本社に何らかの対策を示してもらうしかありません。
「それでもやれ」と言われても
”無理なものは無理”とNoを示すしかありません。
本社が何を言おうが、できないものはできないのですから。

自営業の場合は自分で調整できると思いますから
人員不足でどうにもならない場合は
営業時間短縮・サービス職掌・臨時休業などで
対応していくようにしましょう。

まとめ

ゴールデンウィーク中の人員確保は
なるべく早くしておくようにしましょう。
ただ、予定がある人を強引に押し込んだり、
脅すようなことをしてシフトに居れたりは
してはいけません。

どうしても確保できない場合は
社員や店長が無理のない範囲で穴埋めしたり、
本社に助けを仰いだり、
営業時間を短縮したりするなどの対策が必要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする