10連休は困る!?異常な連休に苦しむ人々とその対策方法!

今年(2019年)のゴールデンウィークは、
10連休となっています。
が、それはあくまでもカレンダー上のことであり、
実際に、そっくりそのまま10連休できる人、
というのは少ないのではないかと思います。

が、何故だが、10連休前提で物事を
言っている人もいますし、
ニュースなどでも10連休前提の報道が
されていたりすることもあります。

実際には、ちゃんと10連休を取れる人は
少ないと思いますし、”過剰な祝日続きのカレンダー”は
色々と困ってしまう人がいるのも事実です。

どんな人が困ってしまうのか、
どのように対策をしていけば良いのか。
それをまとめていきたいと思います。

過剰な連休で苦しむ人々!対処法は?

10連休…
というのは年末年始の仕事納めから仕事始めの
期間よりも長い期間です。
そのため、前代未聞の連休、ということになります。
これは、今年限定で退位と即位が関係するものなので、
来年以降は普通に戻るのですが
例え1年だけとは言え、苦しむことになる人がいるのは事実です。
過剰な連休にすれば以前書いたように
役所・銀行・病院がストップするなどの問題点も起きますし、
手放しに喜べない事態になる、というのが現状です。

そして、一般市民の生活にも影響が出る人は、出ます。
どのような人に影響が出るのか。
そして、どのように対策をしていけば良いのかをまとめていきます。

接客業への影響

まず、大きく影響を受けるのは接客業。
接客業の本社からしてみれば、稼ぎ時に
なるでしょうから、恐らくGWの10連休、一度も休まなかったり、
いつも通りの営業であることがほとんどでしょう。

場合によっては、10連休どころか、逆に
出勤日数が増え、さらには忙しい仕事をすることに
なる可能性もあります。
防犯面や仕入れ、金銭の管理など、そういった問題点も多く浮上するので、
接客業にとって、ある程度の売上UPは見込めますが
それ以上に不安点が大きくなるのも事実であるかと思います。

対処法としては、
”無理をし過ぎずに休むべき部分はしっかり休む”ことですね。
お店を閉めることができないのであれば、
ちゃんスタッフを交代で休ませるなどして、
くれぐれも人手不足だから店長が10連勤だとか、
そう言う状況になってしまわないように配慮を行っていく
必要があります。

防犯対策やつり銭の準備、本社との連絡などなど
やるべき対策もしっかりとやっておかなくてはいけません。
10連休のお店の対策の詳細は別記事にさらに詳しくまとめてあるので
そちらの方も参考にしてみてください)

非正規雇用の一部への影響

非正規雇用で働く人の一部には
収入面での影響が出ます。
時給で働いている人にとって、
仮に10連休になってしまえば、1か月の3分の1が、
休みになるわけです。
そうなってしまうと、収入は激減。
ギリギリで暮らしている人にとっては、相当な打撃に
なってしまうことは容易に想像が
出来るかと思います。

対処法としては短期アルバイトなどをして
収入を調整するか、
貯金などがあるのであればそれでしのぐか、ということに
なりますが、いずれにしてもかなり苦しい状況に
なることは間違いありません。
短期アルバイトもそう簡単にホイホイと見つかるような
ものではありませんからね…。

また、アルバイトなどの非正規雇用でも
逆のパターンもあります。
10連休など全く関係のないパターンですね。
接客業などでも、そうなると思いますが
場合によっては、いつも以上のシフトを
組み込まれる可能性があります。
もしも、GWに10連休したい場合や
どこかに遊びに行きたい場合に関しては、
しっかりと早めにそれを伝えておくようにしましょう

休みになることで困る人々

取引先が休みになってしまったり、
医療機関が休みになってしまったり。
異常に長い休日によって、普段、プライベートで
利用しているものが長い休みに入ってしまう…

これによって困ってしまうパターンです。

とは言え、カレンダー上、10連休になってしまっている以上、
その通りに休むところに対して文句を言うのは間違いです。
確かに役所だとか、銀行だとか、病院だとか
ずっと閉まってしまっては困る!という気持ちは
分かりますし、何で10連休になんかしてしまったのか、とも
思いますが、そうなってしまった以上は
自分の身は自分で守るしかありません。

対策としては「用件は事前に済ませておく」ということですね。
ゴールデンウィークの10連休に突入して、
休みに入ってしまう前に、しっかりと連絡を取り合い、
必要な用件は済ませておく、ということが大切になります。

また、連休中に何らかの障害が生じる可能性がある場合に
関しては、連休に突入してしまう前に、
しっかりと相手と相談しておき、対応を行うようにしましょう。

例えば、10連休中に常備薬が切れてしまう場合は
病院と相談しておいたりだとか
お店の場合、取引先からの仕入れを10連休中どうするべきか、
などそういったことは事前に必ず相手と
話し合っておくようにすることがポイントになります

子供がいる場合

子供がいるご家庭にとっても、ゴールデンウィークの
10連休はとても困ってしまうことであると思います。
GWが祝日・土曜日日曜日続きになっていますから
当然通常の学校であれば休みになります。

ただ、上でも書いたように、親が仕事をしている場合、
そこが必ず休みになるとは限らない、ということですね。
子供たちが自分のことは自分で出来る年齢になっていれば
問題はないかと思いますが、必ずしもそうではありませんし、
自分自身で色々なことができないようなケースも
充分に考えられるわけです。

困ってしまうのはそのような場合ですね。
とは言え、両親とも休めないような仕事の場合は
どうすることもできません。
その場合の対処法としては
両親のどちらかの親などに預けたり、
面倒を見てもらえるのであれば、その方法を検討したり
なんとか仕事をいつもより早めに切り上げたりすることを
お願いしてみたりするしかありませんが、
中にはどうにもならなくなってしまうような
場合もあるかと思います。

そんな場合は、できる限り子供たちが親が
いなくても対応できるように
準備しておくぐらいしか、方法はありません。

過剰な連休は考え物?

既にいろいろな問題や負担が挙げられており、
あまりにも過剰な連休は
考え物なのではないかと思います。
わざわざゴールデンウィークを巨大化させてしまうのではなく、
(既に何日かは分散してますが)別の日に分散させるように
することこそが望ましかったのではないかと思います。

実際、既に色々な問題が生じています。
普段の年から、ゴールデンウィークの連休の
”間の数少ない平日”は貴重なものでした。
祝日続きの中、そのタイミングで平日でしか出来ないことを
やる人も多かったと思います。
しかしながら、今年はそれがない。
”ゴールデンウィークの中休み”は案外貴重なモノですが
それが無い、ということで
打撃を受ける人も実際にいるのです。

連休は悪いものではありませんが
過剰に祝日や休日続きにすることは、
防犯面なども含めて、色々な面で
問題があるのではないかと思います

まとめ

ゴールデンウィークの10連休は避けることはできません。
自分自身には関係ない(休みがない)としても
周囲には必ず何らかの影響が出てしまうことでしょう。

場合によっては色々と困ってしまうような部分も
あるかとは思いますが、
じたばたしても、中間に平日が出来るわけではないので、
10連休に突入してしまう前に、しっかりと対策を
練っておくことが大切になります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする