絶食系男子は振り向かない!恋愛面で攻略するのは困難!

絶食系男子…
そんな言葉も聞きます。

これは単純に、
”恋愛に興味を持たない”人のことで、
結婚だとか、恋愛だとか、
そういったものに興味を示さない、というものです。

今の世の中には
色々な選択肢が増えましたから、
そういう考えになってしまうのも頷けますし、
絶食だろうと、人に迷惑をかけているわけではありませんから
最終的に本人の自由です。

では、絶食系男子をもしも好きになった場合は
どうすれば良いのか。
対処法を伝授していきます。

興味のないものは興味がない!

まず、絶食系男子の心理状態を言わせてもらえば、
「興味のないものに、興味はない」と言うことです。
どんなに好意を示されても、
興味がないものには振り返らない、
当たり前のことですね。

例えば、映画に興味のない人は
映画館に足を運ぶことはありません。
それと同じことで、恋愛に興味のない人は、
どんなにアプローチをかけられたって、
それに興味を示すことはまずないでしょう。

逆に、嫌われたり、鬱陶しいなぁと思われたりしてしまいます。
映画に興味がないのに、何度も何度も繰り返し
映画に誘われれば、うんざりしてしまうでしょう。

それと同じで、
恋愛に興味がないのに何度も何度も
アプローチをかけられればうんざりしてしまうものなのです。

興味のない男性なんているの?
と思うかもしれませんが、
これは”います”

どんなにアピールされても、
興味のないものは、興味がない。

ですので、絶食系男子を好きになってしまった場合には、
果てしない道を進むか、すっぱりと諦めるか
そのどちらかです。
滅多な事がなければ振り向きませんし、
滅多な事が無ければ、彼氏になってくれることもないでしょう。
仮に告白しても、申し訳なさそうに謝られたり
避けられるようになったり、「そういうのいいから」と
なったりしてしまうだけです。

では、どのような点がポイントなのか
それを見ていきたいと思います

どのタイプだかを知る

絶食系男子、とひとくくりにされてしまっても
その種類は様々です。
奥手、どころか興味が無さそう(あるいは本当にない)男子が
そう呼ばれますが、
必ずしも、絶食である理由は同じとは限りません。

大きく分けるのであれば、同じ絶食系でも3タイプの
絶食系男子が存在しています。

どのタイプだか知ることで、
脈ありにできるかどうかも変わってきますので
なかなか見分けるのは難しいかと思いますが、
可能な範囲で見分けるようにしてみると
良いかと思います。

3つのタイプとは、
①「本当に興味そのものがないタイプ」
②「異性に苦手意識を持っているタイプ」
③「縁が無いので強がっているタイプ」

この3つですね。
どのタイプも実際に存在していますし、
一番上と真ん中が合わさっているような人も居ます。

このうち、一番下のタイプに関しては
積極的に接していくことで
相手も素直になって、結果的にお付き合いできる可能性もあります。
ただ、「どうせ俺なんて」というマイナス思考に
陥ってしまっている人もいるために、
少しずつ信頼関係を築くしかありません。

が、このタイプはまだ絶食系男子の方では
優しい方です。
「本当は興味がある」わけですからね。
厳密に言えば「絶食のふりをしている」というだけのことです。
もちろん、容易ではありませんが
それでもゴールに辿り着ける可能性は十分にあるのです。

しかしながら、残りの2タイプ。
これは、強敵です。
何故なら、興味がなかったり、怖いと思っていたり、
嫌いと思っていたりするわけですから、
そもそも恋愛感情など抱きませんし、
そういうオーラを出されれば、逆に「やめてくれよ」と
なってしまうわけです。

では、どのようにしていけば良いのでしょうか。

諦めた方が良い場合も

まず最初に、↑で紹介した3つのタイプのうち①か②の場合に
関しては、基本的に「非常に困難な道」であることは確かです。
どんなに時間をかけても、結果的に
お付き合いにまではたどり着けない可能性もあります

”心底興味がない”①タイプの人であれば、
どんなに仲良くしても、それは異性としてではなく
人間として、友達になれるところまでが
限界である可能性も非常に高いのです。
②タイプの場合は、警戒心やトラウマに寄り添うことができて
長い時間をかけていけば、可能性は0ではありませんが、
やはり、最初に「敵意」や「警戒心」「苦手意識」などが
あるため、そこまでたどり着くのは非常に難しいです。

”物凄く長い時間をかけて、その結果が報われなくてもいい”
という覚悟がないのであれば、
大人しくその人に対する恋愛感情は捨てた方が良いです。
ずっと、アタックしていれば何とかなる、とは
思わない方が良いです。
私も基本的に冷めているほうですが、
どんなに仲良くしている人がいても、
それ以上に進むことはありません。

そんなヒトいるの?と思うかもしれませんが、います。
どんなに長い時間を一緒に過ごしたとしても、
それ以上は絶対に進まない。
友達以上には絶対に進まない、進む気もない。
近づいてきたら拒む。

ですので、どんなに仲良くして”絶食”を貫く人はいます。
そのことは、覚えておきましょう。

ゆっくりと時間をかけて

もしも絶食系男子と恋愛関係になりたいのであれば
じっくりと時間をかけることが大切です。
①、②どちらのタイプであったとしても
初めから恋愛モードで近づいてきたら確実に拒まれます。
興味がない人からしてみればただの迷惑でしかないですし、
怖い・苦手の感情を持つ人からすれば、
怖いだけです。
また、何か企んでいるんじゃないかという疑いも持ちますし
積極的にアピールされても、それを好きに
なるようなことはまずありません。

そのため”ゆっくりと時間をかける”ことが大切になります。
数週間、数か月程度の単位じゃなありません。
場合によっては1年近く、さらには数年間、
かかる可能性もあります。
本当に、ゆっくり、じっくりと時間をかけていくことが
大切になるのです。
少しでも焦ればその時点で相手から拒まれますし、
嫌われる可能性も高いです。

異性としてではなく同じ人間として、
友達または同僚として、長い時間をかけて、
そういった目で見てもらえるわずかな可能性を
信じるしかありません。

恋愛関係ではなく、”人として一緒にいる”
友達関係であれば、①の人は、普通に仲良く
してくれる可能性はあります。
相手からすれば、同性と同じような感じで、
特別意識することなく仲良くしている、そんな感じです。
もちろん、”ずっとそのまま”である可能性もありますし、
恋愛モードに進めようとした瞬間に、それまでの関係を
全て失う可能性もありますが、
絶食系男子を攻略する方法は、これしかありません。
②のタイプに関しても、最初は怖がられますし、
避けられると思いますが、
少しずつ、非常に長い時間をかけていくことで
警戒心を解くことができると思います。

警戒心を解けさえすれば、②の方が、
恋愛関係に持って行ける可能性はあります。

①、②両方の場合はさらに時間がかかることは
覚悟しておいてください。

まとめ

正直に言ってしまえば、③タイプ以外の
絶食系男子は、そっとしておいてあげた方が
相手にとっても良いですし、
最終的に恋愛関係になれるかと言われれば
微妙なので、その点は覚悟しておいた方が良いです。

絶食系男子攻略!みたいなサイトに
必ず思いは通じる~みたいな夢が書かれている場合もありますが
心底興味ない人は、何をしても振り返りませんし
心から苦手な人は絶対に心を開きません。

全員が全員、異性との付き合いを望んでいるか、と
言われれば答えはNoなのです。
そのことは、忘れないようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする