会社や上司からあなたが辞めると困ると言われたらどうするべき?

会社を辞めようとした時に
「あなたが辞めると困る」みたいなことを
言われることもあるかと思います。

もしも、そのようなことを言われたら
どうすれば良いのか、
その対処法をまとめていきたいと思います。

こういったことを言われてついつい
踏みとどまってしまう人もいると思いますが
決して、惑わされないようにして下さい。

自分の人生は、会社のものではなく、
自分のものです。
そのことを決して忘れないようにして、
対応していく必要があるのです。

辞めるのは、個人の自由

まず、会社を退職するのは個人の自由です。
もちろん、当日いきなり退職する、というのは
問題ですが、ちゃんと事前に申し出ていて
その会社での手続きを終えているのであれば
何も問題はありませんし
法律上では、14日前までに申し出れば
問題ないことになっています
(円満に終えるためには1か月以上前、
できるだけ早く伝えておくことが
望ましいですが)

それさえ守っていれば
基本的に退職すること自体は自由です。

ただし、時々「あなたが辞めると困る」みたいな
ことを言いだす会社や上司がいるのも事実です。
「知らんがな」と言いたくなってしまうと思いますが
中にはそう言われてしまって引け目を感じて
退職できなくなってしまうような人も
世の中に存在しているのも事実です。

では、もしも困ると言われた場合はどうすれば良いのでしょうか。

あなたの責任ではありません

突然辞めるというのであればともかく
事前に申し出ているのであれば困ると言われても困る、と
言いかえしても良いぐらいです。

あなたは何も悪くありません。
あなたの人生は会社のものではなく
あなたのものですから、
ずっとその会社にいなくてはいけないなどと言う
ルールはありませんし
「明日、退職します」みたいなことを言ったり
意図的に責任ある立場や仕事を抱えて、
退職を(ダメージをあたえる目的で)申し出たり
そういった行為であれば話は別ですが、
そうでなければ、何も気にする必要なんてないのです。

あなたは何も悪くない。
このことは覚えておきましょう。

特に、自分に自信がないようなタイプだったり、
自分が悪いと感じてしまいやすい
タイプの人は要注意です。
相手の言葉に惑わされて
このまま辞めると迷惑をかけてしまうかも、
などと感じてしまうのは、相手の思うツボです。

騙されています。

きちんと会社を辞めることは
何も悪い事ではありませんし、
会社側がそういう台詞を口に
すること自体がそもそもおかしなことなので、
あなたは何も気にしなくても良い、ということを
しっかりと覚えておいた方が良いと思います。

本気で言っているのならアウト

「あなたがいないと仕事が回らない」「困る」
大抵の場合は冗談や
引きとめの脅し文句であると思いますが
もしも「あなたがいないと仕事が回らない」ということを
本気で言っているのであれば
その会社や職場に未来はないでしょう。

社員ひとり辞めてしまったぐらいで
回らなくなってしまうような職場は
もう既に回っていません。
一人の社員の力に依存する会社は
時折見かけますが、これは会社として
あってはならない光景です。

もしも仮に、本気で”仕事が回らない”のであれば
これはその会社にとって、非常に重大なことですし、
直ちに改めるようにしないと
その会社・職場はいずれ潰れるでしょう。

一人がいなくなってしまったぐらいで
回らなくなる、なんてことは
通常はあってはならないことなのです。

悪いのは会社

上でも書いたように、
ちゃんと自己管理が出来る会社・職場であれば
”一人がいなくなっただけで回らなくなってしまう”
などということは
あり得ないのです。

ですので、〇〇がいなくなると困る!と言われた場合、
悪いのは自分自身ではなく、
会社の方である、ということです。

仮に、もしも本当にあなたが辞めてしまったら
回らなくなってしまうのであれば、
悪いのはあなたではなく、
そういう状況のまま頼りきりに
なってしまっていた会社の方です。
あなた自身には何の責任もありません。

また、会社側が言葉巧みに
あなたを引き留めようとしている場合も、
悪いのは会社の方です。
嘘をついてまで辞めるのを
やめさせようとしているわけですからね。

どのみち、会社側が悪いのです。
変に、自分が悪いんだ、みたいな
罪悪感を感じてしまう必要は
全くありませんし、
むしろ、そういう罪悪感のようなものを
感じるようなことがあってはいけません。

それこそが、会社の狙いであり、
もしも会社や上司からそのようなことを
言われて考えを変えてしまうようでは
いけないのです。

周囲に悪い、という考えは捨てる

会社はともかく、
周囲の同僚や仕事仲間、部下などに悪い、
迷惑をかけてしまう、という風に
考える人もいると思います。

が、そんなこと言っていたら、
本当に仕事を辞めることもできなくなってしまいますし、
考えるべきではありません。
優しすぎたり、気にしすぎだったりする人は
特に要注意な部分で、
周囲に魅惑をかけたくないと感じたりしてしまう人も
いるかと思いますが
気にする必要はまったくありません。

あなたが心配している仕事仲間たちも
それぞれちゃんと自分で考えることが
できるはずです。

つまりは、気にする必要はない、と
いうことです。
会社の同僚は所詮は他人です。
自分の人生より大事なはずがないのです。
冷たい言い方ですが、
向こうだってそうです。
辞めた人間のことなんて、
どうでもいいと思っている人間だって
結構いるものです。

周囲に悪い、なんて気にする必要はありません。
一人が辞めたぐらいで崩壊する職場なら
所詮それまでの職場だったわけですし
案外、どうにでもなるものです。

それで負担が増えて不当な扱いを
受けるようであれば、
その時は、あなたの同僚自身が
自分でどうするかを考えることですし、
同僚だって子供じゃないのですから
自分の人生は自分で考えることができます。

周囲に迷惑をかけてしまう、
なんてことはありませんし、
そのようなこと、気にする必要もありません。
自分の人生のことをしっかりと考え
自分自身のために決断を下すようにして下さい。

ある程度強引に…?

会社側がどうにも譲らない場合、
最終的には”ある程度強引に”
話を進める必要も
出てくるのではないかと思います。

そんな場合、会社から「言われていない」と
言われると不利になりますから
必ず退職を申し出た記録を残しておき
(内容証明郵便など)、
相手が言い逃れを出来ないように、
しっかりと対処をしておくようにする、
ということが大事になります。

また、退職代行サービスなどもありますが
これらを利用する際には慎重に
判断をするようにして下さい。
退職代行サービスも慈善事業じゃありません。
冷たく言えば”金稼ぎ”のためのものです。
ですので、中には悪質な業者なども
いる、ということですから
もしもそういったサービスを利用する場合は
騙されたりすることのないように
慎重に判断をしていく必要がある、ということです。

くれぐれも、悪いものに引っかからないように
して下さい。

まとめ

辞められると困る、と言われても
ちゃんと退職を告げているのであれば
「辞められると困ると言われても困る」というのが
正直なところですし、
それが正しい答えであると思います。

辞められても困るのは会社の都合であり、
社員ひとり抜けた程度を対処
できないようでは会社として
非常に大きな問題アリ!と言わざるを得ないでしょう。

引け目を感じてしまったり、申し訳ないと
感じてしまったり、過剰に反応する必要は
全くありません。
自分自身の人生なのですから、
しっかりと自分で道を選らぶことが大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする