今からVTuberで成功は厳しい!稼ぐ目的ならやらない方がいい!

VTuber(ブイチューバー)とは
キャラクターやアバターなどを用いて
動画配信などを行う人のことを示します。

2017年ごろから急速に広まり、
数多くの有名キャラクターが登場しましたが、
最近では、ブームも下火になり
だんだんと寂れて行っている、というのも
事実になるかと思います。

VTuberとして活動していきたい!と思っている人も
いるかと思いますが
今から新規参入するのは非常に
厳しいので、注意して下さい。

業界自体が衰退

VTuberの業界も、今ではだいぶ衰退してきており
今後がどうなるのかはともかく、
大ブームが起きているときと比べると
かなり寂しい状況になってきているのも事実です。

全盛期には大人気だった有名VTuberでも
現在は炎上騒動を起こしていたり
人気自体が衰退しているような人もいますし
個人レベルの配信者は、引退する人も
相次いでいます。

そのように、業界全体が今や
厳しい状態になっている、ということは
もしもこれから目指そうと考えているのであれば
理解しておかなくてはいけません。

成功するのはほんの一握り

まず、ブームが過ぎ去った云々はさておき、
VTuberでもユーチューバーでもブログでも芸能人でもなんでも
”成功する人はほんの一握り”であることは
理解しておかないといけません。

人気VTuberだとか、人気の俳優だとか
そういった人を見ていると
”自分もなりたい”だとか”自分もやってみたい”と思うかも
しれませんが、”ほとんどの人は失敗している”という
現実を知らなくてはいけません。

VTuberもそうです。
誰も知らないような存在のまま消えて行ったキャラは
かなりの数存在しますし
ユーチューバーでもこれは同じことです。
また、ネットの外に目を向けてみても
自営業も多くの人が失敗しているのが事実です。
”失敗した人のことなんて、誰も話題にしない”
”話題になるのは成功したキャラや人ばかり”
これが、現実です。

話にも上がらないようなキャラクターたちの
屍がそこら中に転がっている…
これがVTuberの世界の現実でもあり、
これから始めようとしている人も
”そうなる可能性の方が高い”ということは
理解しておかないといけません。

すでに飽和状態

VTuberブームが起きた当時、
あらゆるキャラクターが誕生しました。
個性的なものも居れば、個人レベルのものもいましたし
企業レベルのものもいました。
ですが、ブームに乗っかって、色々な人が
参入した結果、”飽和状態”になっているのも事実です。

一気にバーっ!と出てきて
今や業界自体が飽きられてしまっている、
そんな感じでしょう。
VTuberに限らず、どんな業界でもそうですが
急速に成長したものは、急速に飽きられていくものです。
今、この業界はそういう状態にあるために
今後は、細々と続いていく、というのが
現実的な未来図になるのではないでしょうか。

そのため、かつてのブームのようにはいきませんし
今、新たにデビューしたところで、
かつての人気VTuberのような存在になることの
できる可能性は非常に低いかと思います。
世間はもう、飽きている人も多いですからね。

このような厳しい世界であることを
理解した方が良いですし、
どんなに個性的なキャラクターを
作ったとしても
それで生活していけるほど、
収入を得られる可能性は
限りなく低い、というのが現実になります。

企業との契約も問題が多い

VTuberに限らず、動画配信者は
企業に所属したりする人もいます。

その一方で、よくトラブルになっている事例も
ネットなどでは見かけるかと思います。
これは、まだネット関連のそういう法律の部分が
しっかりしていなかったり
することも原因の一つなのでしょう。

VTuberだけに目をやってみても、
大物が、分裂騒動を引き起こしたり
挙句の果てに、問題発言をしてしまったりして
炎上を繰り返していたりと
事務所の都合でキャラクターが崩壊し、
それまでに積み上げてきたものが
崩れてしまう可能性も十分にあることです。

このあたりも非常に闇が深い部分であり
仮に今から成功したとしても
(現状、かなり難しいと思いますが)
そういった暗い一面もある、という
業界なのは事実です。

趣味レベル以外はおすすめしない

もしもVTuberを趣味で始めるのであれば
それは個人の自由ですし、問題はありません。
特に金銭的なものを絡めないのであれば
やりたければやれば良いと思います。
また、お小遣い程度なら稼ぐことも
不可能ではないでしょう。

ただ、本気で収入を稼ごうとする目的だったり
それで生活していこうと思っているのであれば
絶対にやめた方が良いです。
今の時代、
これから新規で参入しても
食べていけるレベルに収入を得ることは
できないでしょう。

冷たい現実に絶望することに
なるだけですから、
踏みとどまることをおすすめします。

まとめ

VTuberだけで食べて行く、ということは
現実的に考えて非常に
難しい事であり困難なことです。
事業としての新規参入は
諦めた方が良いですし、
もしもお金を稼ぐという点で考えるのであれば
何か他の道を模索した方が良いです。

ただ、趣味でやってみたい!というのであれば
それは別に構わないことだと思いますし
個人の自由です。
前ほど視聴者は増えないとは思いますし
小さな活動にはなるかと思いますが
好きでやる、というおとであれば
別にそれは悪い事ではありませんからね…。

ただ、お金を稼ぐ、ということは
諦めた方が良いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする